いつものように著作権はここに
2200_sdma
それから比較のために春ノ雪の方も置いておきますね

先に謝っておきますが、体験版があまりに巨大で一記事にするとパンクしかねないということと、
(なにしろ画像だけで100枚超えてる・・・)
一章は春ノ雪と同じ流れで比較すべきだと思ったので分割(ぺこぺこ)
ちなみにキャラ紹介はメインがこっち側、サブは二章側に持ってきました( ・・)/

容量はなんと2.07G(解凍すると2.3G)、エロゲ史上でも屈指の最大容量の体験版です
画面は1280×720のHDサイズ、システムはこの1ページで
4ccsr1sak01776
ひまなつに近いシンプルな構成になっています。ボイス割り当てはオンオフのみ。
※:なお、日付表示はなくなりました(重要)

それが虚無ならば虚無自身がこのとほりで、ある程度まではみんなに共通いたします
すべてがわたくしの中のみんなであるやうに、みんなおのおののなかのすべてですから
『春と修羅』序

Im Tale Bluht der Fruhling auf!
OP O wende wende deinen Lauf
棺が運ばれる中、ただ、舞い散る桜を見ていた草薙直哉(主人公)
桜の美しさの中にいる親父(健一郎)の死骸は、ただ醜いだけ。そんな木箱から見つめる世界はどんなだろう?
彼の世界の終わり。彼の信じた世界の消失点。桜の森。風が吹く。桜が舞う。その姿は美しい

桜の森で立つ直哉には涙も悲しみも見当たらない。でも周りの人たちはどうなんだろう?
ただ、舞い散る桜の下の死骸を見つめていると、あの男が描いたただ一枚の桜の絵。『横たわる櫻』を思い出す。
批評家の言う事はよくわからないが、直哉にもわかることがある
美しき桜と醜い死骸。非凡な桜の姿を描いた、平凡な葬式で送られる男の死という対比が。

「終わったな、直哉・・・」
悲しそうな表情で直哉を覗き込む圭。そんな顔で俺を見ないでくれ・・・キモイから(ぁ
4ccsr1sak01788
おかげですね毛の生えてない圭に馬乗りされてコロスコロス言われます(ぁ

しばらくして馬乗りから2人してごろり横になって空と桜を見ていましたが
圭への容赦ない突っ込みはともかく、「桜が綺麗だな」「今年の桜は最高にきれいだな・・・」と。
そして『横たわる櫻』を描いた男、つまり草薙健一郎のことも思い出すのです。
様々な言われようだった彼だが、『横たわる櫻』を前にすると全員が絶賛していた。

そんな親父が直哉に遺したものすごいお金。これあったら一生楽できる。
高等遊民!毎日が日曜日!素晴らしき日々!(ぁ
しかし今はそんな感情もない、フラットだ、平べったい、独特のシルエット(殴)
なぜかというと遺産相続を放棄したから、管財人についついカッコつけて
4ccsr1sak01937
こんなこと言ったら管財人のデイビス・フリッドマンさん(※:ボイス有り)にはいはいそうすですかと財産みんな持っていれた模様
男は耐えなきゃいけない時もあるとついカッコつけた挙句自爆したことを悔いる直哉ですが、
そこに姉貴、もとい「草薙・・・今回は大変だったな」と藍先生が。
遺産放棄をお前らしいなというか、カッコつけた自爆だとあっさり見抜きましたよ直哉さん!(笑)
しかも放棄をキャンセルできるのなら全裸になるとか言い出すしもうひどいこの主人公(ぁ
*ちなみに遺産額は15億円だそうな(ぁ

そんなわけで金が大事だ魂より命より重いとかすっかり現実逃避状態の亡者直哉
でもそんな惨状でも藍は「とても草薙らしくて」と母親のような目線してくれますけど
「私は今回も何も出来なかったのだからな・・・」と自分の無力を憂う彼女だったりもするのです
さらに自分の知らなさを痛感しつつ「あのときからずっと同じだ・・・私は・・・」
・・・でもここで圭が謎の幼女発言言い出すから面倒ですが、話が全然進まない圭に代わって本題をば
4ccsr1sak01792
単刀直入でした( ・・)/

お前の事を実の弟と思ってきたという藍先生。
健一郎が死んで天涯孤独+金もねーな直哉には魅力ではありますが
「いや、それとこれとは話が別でな・・・」
ずっと1人で住んできた、父親が死んだからといって生活ほ変えたくないと思う直哉。すると藍先生は
4ccsr1sak01794
お前のお父さんをあまり恨まないでほしい・・・
母親も同じ事を言っていた。どうして女とはとまた不機嫌になる直哉。
しかし藍先生はやっぱりウチに来いと。母親が亡くなってからずっと守ってくれた彼女が。

とはいえ「でも、今日は終わったんだ、休みたい」というわけで
まあ、新しくはじめるのはもう少し後でもいいだろうと藍先生は去ろうとしますが
「あいつの葬式に、出てくれてありがとう・・・」と直哉。素直じゃないのです(笑)

そんな素直じゃない直哉に藍先生は笑った後、「お前と私・・・最初に会った時も桜が咲いていた」とつぶやくと。

仮象のはるいろそらいちめん、ただやみくもの因果的交流電燈、明るく明るく明るく灯ります
Wateremelonの電気石、音と言語の交差地点、ますます色彩過多の世界にて
七つの櫻が追い越した わたしめがけて追い越した
ふうけいより先にわたしはなく、わたしより先にふうけいはなく、追いかけ追いつきいなくなる
ふわふわとつつまれ世界は消えていく、ふわふわの櫻の森で世界が鳴った美しい音色で世界が鳴った(ここまで藍)

それが虚無ならば虚無自身がこのとほりで、ある程度まではみんなに共通いたします
すべてがわたくしの中のみんなであるやうに、みんなおのおののなかのすべてですから
(ここは直哉)
宮澤賢治の春と修羅・序の部分を引用しているという「櫻ノ詩」
直哉は上記の詩を聞くと父親の口癖
4ccsr1sak01795
※:こうではなく、「心ってなんだよ?どうでもいいんだよ。物ってなんだよ?気にすんなよ」という意味らしい
そして父親を健一郎歯ぁ食いしばれ!したかったということも・・・

夕方。直哉は1人学園へ続く坂道(夢浮坂)を登っていきます
途中小さな社が追加されたことを紹介しつつ、しばらく坂を上がると弓張学院。
そこで何者かとすれ違う、というか制服弓張と違わね?

彼女はともかく、歴史のある弓張学院の校内に入り廊下を歩いていくと美術室。
圭のイーゼルの下にあった古いイーゼル。昔、親父から貰ったイーゼル。
葬式の時に美術館から貸してくれないかと言われたので持ち出すためにここまでやってきたわけです。
*ただし入手時に他のイーゼルをバタバタ倒したけど(ぁ

イーゼル担いでの帰り道。夢浮坂まで戻ってきた時・・風。そして
4ccsr1sak01796
誰・・・だ?

彼女の名前を口にしそうになる直哉。
しかし次の瞬間、再び風と共に彼女は消えてしまいます。
まるで、桜の見る夢に攫われた様な・・・

#次の日
部屋を一通り片付けて、イーゼルを居間に置いた直哉。
なぜか冷凍物が届いていますがとりあえず放置(フラグ)
昨日の謎の少女のことを考えていたらおなかへったので今日は豪勢に牛丼だ!(涙

※:この色の部分のテキストはBugBugシナリオプレビューに載っていた部分です

外食で済ませるかと喫茶「キマイラ」へ。
H2Oの頃の背景使い回しの奇妙な店だが安い・美味い・メニュー多いとありがたいことではあります。
メイド装備の真琴が迎えてくれますが「なーんだ草薙か」とか扱い悪いとか言ってはいけません
なにしろこの草薙直哉とかいうヤツは注文もせずパンの耳をねだってたとかいうレベルですから(ぁ

でも本日はちゃんと客として来たのでこの真琴さんは営業スマイルぐらいはしてくれるとか
どんなサービスを受けてみたい?やらスカートたくし上げサービスしてあげようかとか言われるわ、そのうち
「いらないのなら、やらないけど?」と言われてつい「いややって!やてれください!(※:誤字ではない)」、エロゲ主人公の悲しい性です(ぉ

これはエロイベントやと期待する直哉さんですが。真琴の方はスカートの裾だけつかんで
「いらっしゃいませ、草薙直哉様」

違う、そうじゃない、それはたくし上げじゃないカーテシーだろと抗議しますが、別に「ぱんつ見えるまでたくし上げ」しなくてもいいわけで
エロイベントやと思って期待していたエロゲ主人公はおもっきり空振りだわ真琴に笑われるはで散々です(ぁ
4ccsr1sak01799
挙句、ねえねえどんな気持ちどんな気持ちと見事に見抜かれてます、ダメですこの直哉(笑)

「私としてはその想像力を、そんなくだらない妄想なんかよりもっと創作的なものに使ってほしいわね」と見事な正論を喰らいますが、直哉が真っ赤な顔して自分にそんな期待をしてくれてるんだとも言ってくれる真琴。まんざらでもないようです。
さらに慣れない事するとお互い恥ずかしくなっちゃうからねと真琴、なんとなく彼女も照れてないか?と気づいたり。
でもまあどうにか牛丼並(真琴謹製)を注文できました。めでたしめでたし( ・・)/(ぁ
*ただし後から美術部で社蓄するフラグつき(ぉ

キマイラからマンションに戻ってみると圭が待ってました。
何食ったのかと聞いてきたのでキマイラで牛丼だと言うと「だったら真琴いたか?」
*なんでも真琴は昨日美術部の棚卸しやってたらしい(そして備品が合わないと困ってた)

でもまあ、その備品が合わなかった理由という前部長の明石も卒業したから・・・
・・・「え?卒業してないよあの人」と圭。まだいるのかとため息ですが、それより圭が生姜焼き食わせてやるとか言い出すから大変。
俺は牛丼食ったからといくら説明してもこの圭は生姜焼き食えと撤回してくれません(^_^;;;

結局圭のごり押しで料理対決という展開になっての夜。トンカツ作っていると圭惨状( ・・)/
生姜焼きを作ると豪語していたのですが、こいつぶた肉買ってきてなかったという・・・(ぁ
しかしなぜか生姜焼きが届いていたという妙な展開(フラグ消化)ですが、この自慢の生姜焼きというのが・・・(ぁ

あのなこんなの食えるかと文句言う直哉ですが、これで終わる夜ではありません。明石前部長のお成りです(ぁ
なんか勝手に採点者言い出すわ勝手に料理食い出す(しかもなぜか手づかみ)わで好き放題(笑)
収拾どうするんだ状態ですが、ここに真琴がやってきたからさらに大変なことに(ぁ

この真琴当人は明石前部長をとっ捕まえるために来たそうで、直哉と圭を使って包囲しますが
なんでもこの前部長、(卒業したのに)勝手に部費を使い込んだらしくて問い詰めモードへ。
この明石とかいうヤツ、駅前にあるあの建物に部費を貯金したとかってそれパチンコ屋です(笑)

しかもせっかく真琴が銭湯のバイトを紹介してくれたのに男の裸なんて見たくねぇとか言い出す明石前部長。
*単に女湯に入ろうとしたから男湯専任にされただけですが(ぁ
挙句、文学的な言い訳こいて逃げ出そうとするわけで、ここは主人公たる直哉が明石前部長を確保( ・・)/

それでもこの前部長は文字通り煙に巻いて逃げようとしますが、圭がホースで水を・・・
・・・ってこれでこの日終わりかい!(ぁ


#次の日
結局、夏目家に居候することになったわけですが
*圭に水浸しにされてアパートしばらく使用不能になったため(ぁ
修理するまでの短期間と思ってる直哉に比べてやたら喜びまくる圭はともかく、まずはお世話になる事になると藍に。これでまた家族が増えて嬉しいという藍。でもだったら藍が孕めばと言ったら見事に殴られました(ぁ
4ccsr1sak01806
・・・もちつけ24歳独身処女教師(ぁ
それはともかく、弟が増えたみたいということだなと藍。弟は孕めないよな
となると夏目三姉妹(ぁの残る一人(雫)はと聞いてみるのですが、なんでも芸能人で仕事中とか。
だったら俺が一緒にいたらと思いますが、そんな疑問なんぞ無意味です、えろげですから(ぇ

さて、直哉は自分に宛がわれた部屋で荷物整理開始。とはいえどうせしばらくしかいないから大したことはありませんが。
邪魔しに手伝いに来たという圭は荷物からアルバムを発掘、さっそく評価に入ります。
直哉が子供の頃から目つき悪いとかアルバムの構成下手とかいうのはともかく、
4ccsr1sak01808
圭は夢浮坂をバックに立っている女の子の写真を発見したのです( ・・)/
この子の写真を見て知らないふりをする直哉、でも圭には表情でバレたので
昔近所(マンションの隣の家)に住んでいたという御桜稟。
でも6、7年前に引っ越したというこの可愛い子。直哉といえば手紙の返事すらしなかったという有様ですが(^_^;;

圭がさらにアルバムをめくると桜の花びら発見。稟の写真からしばらく挟まっていたようです。
預かり物というこのアルバムを開いたのが桜の木の下では?と思いますが、これ以上追求されたくないとアルバム奪回(ぁ

そこに藍がやってきて、歓迎会は7時からだぞと2人に。
ただし料理は専門店ではなく藍謹製。そしてこの藍は「マヨラー」というキュ○ピーの回し者だったり(ぁ
よって圭は大変だどうしよう何しろ姉貴の料理は核戦争と変わらないというΣ( ̄0 ̄;)
だったらもう1人の雫は?「あいつは・・・もっとすごい・・・」( ̄▽ ̄;)

だいたいわかった直哉は教え子の料理もいいものだぞ?と藍先生を説得し、直哉謹製料理を作ることに
するとそこにちょうど雫が帰って来たのですが・・・当然夢浮坂の出会いがフラッシュバック。
対して「誰?」というボケはともかく、少しだけなら直哉のことを知ってるという雫
4ccsr1sak01811
・・・いやそれ知りすぎやん!( ̄▽ ̄;)
ボケ連発はともかく、改めて自己紹介をして今後ともよろしくお願いしますと雫となった後、
直哉歓迎会と相成ったわけです(料理は直哉謹製)( ・・)/

鳥の半身の素揚げと漁師風リゾットとか主人公料理スキルを存分に発揮する直哉。
ていうか藍は料理教えてだし、雫なんて感動しながら食べてるし(ぁ
4ccsr1sak01812
そしてメシ当番を承った直哉は、「ならば、当分やっかいになる」となるわけです。

歓迎会も終わっての深夜
今日からこの部屋が生活の中心となる、「環境の変化」を感じる直哉
今まではずっとマンションだったからと思いつつ昼間見た稟の写真、その裏にあった封筒
「今、どうしていますか。何を、していますか。」と手紙を送った稟。
しかし何も返事をしなかった直哉。そんな稟に再会したらどんな顔をすればいいのか
彼女を笑顔で迎えてやらねばならない。俺に出来るだろうか?

#次の日(多分)
朝。四人分の料理を作る直哉。
藍などはホテルの朝食だなと褒めてくれますが、雫は天然になってます、というか立ったまま寝るな(ぁ
さらに圭が「学校がはじまるぞ!」。というかお前だけパジャマかい(ぁ

夏目家から出てきた直哉。デカい屋敷です。直哉からしたらすべて終わったんだからこんな屋敷なんてと思いますが、
藍の方は「私が生きている限りこの屋敷は守り続ける・・・」と。対してあの男(健一郎)も同じこと言うだろうなと返す直哉。それを聞いて夏目のおばあさま(三姉妹(ぁの祖母?)が苦手だったんだなと笑う藍ですが、それより藍が持ち出したのは
4ccsr1sak01813
マッハⅢというレトロだけど問題多いという2スト500ccバイクを駆る藍
大して直哉はトボトボと駅に向かうわけです(ぁ

満開の桜が咲く夢浮坂を通り、教室へ。
また同じクラスになったなと圭がやってきましたが、ウザいですやっぱり(ぁ
さらに「転校生とか来ないかなぁ」とか「あの娘(アルバムの子)とか転校してこないかな?」、どうみてもフラグです(ぉ

そこに朝から2人とも元気だねぇと真琴
直哉にダルそうな顔してると言いますが、美術部の新入生勧誘してこいと命令が
俺美術部員じゃないぞ絵描いてないしと反論しているとHRの時間に。

藍先生がやってきてHRですけど、人気すごぎます(笑)
落ち着いてくれないので藍先生は大東流合気道の当て身でモブを沈めます。
なんでも「地獄から天国にような気分」だという藍先生の当て身ですが、残念なことに喰らえるのは年1回、1人のみだそうです
もはや福男レベルですがどうせ喰らうのはモブなんで気にしない(ぁ

そんな藍先生が紹介したい子がいると転校生を呼びます
御桜、入れ」出てきたのは
4ccsr1sak01814
稟。あまりに馬鹿馬鹿しいとか直哉に言われてもこれは二次元ですから( ・・)/
少し遅れて圭が気づきますが、直哉はそれどころではない心境。
なにしろ「み、右も左もわからないふつつかものですが、よろしくお願いします」とか突っ込みネタセリフ言っても上の空・・・
・・・素直に彼女を見つめる事など出来ないほどに・・・
*結局HR終わるまで稟をまともに見れなかった(・・;)

さて放課後(本日はHRだけ)。当然稟の周りにはモブ連中わらわら。
しかし直哉は相変わらず「・・・」のままで圭にすら心配される始末、圭は「いいのか?」と心配しますが
直哉は「もう少し落ち着いてからでいいだろ、あいつに話しかけるのは」と稟を放置して脱出する有様(^_^;;;
でもって廊下に出るとさまざまな部が勧誘していました。これはやばいフラグ!裏口から逃げねば!

「ちょっと、そこの美形!」
ちいっと振り返ると真琴。はいHR前で言ってた勧誘してきなさい命令です(笑)
チラシの束を押し付けられるわ、元気よく!気持ちよく!がんっがん勧誘なさいだのとまあ元気です真琴さん。
対してやる気のない直哉ですが、ここは元気を搾り出し・・・
4ccsr1sak01815
せっかくだから俺はこっちの赤い扉を選ぶぜ
※:直後、元 気 に 殴 ら れ た (ぁ

部室を好き勝手に使ってることはバレてるし、イーゼルぶっ倒したこともバレてる直哉さん。
さすがに美術部がなくなると困るし、火種を増やすのはめんどいのでチラシ配布に励むことになりますた( ・・)/
*なお、圭は特別ミッションとか言われて真琴に連れて行かれた(ぁ


アンフィテアトルムという名前の中央広場。
リア充たちを尻目に黙々とチラシを配る社蓄直哉さんですが、心ではいろいろ思い出してしまうわけで、やっぱり稟のことが頭を支配します。
なぜこの街に戻ってきたのか、なぜ目をそらしてしまったのか。

と、風が吹き、チラシを飛ばしてしまいます、追いかける直哉。
地面に落ちたチラシを拾おうとするとチラシは別の人間の手に・・・
そのチラシを拾った人は、こちらに向き直り、薄紅の世界から浮かび上がるかのように
4ccsr1sak01817
ただ、流れる薄紅だけが。世界と刻を染め上げていた。
*ここでOPが入ります

Ⅰ Fruhlingsbeginn

「愛するものが死んだ時には、自殺しなけあなりません。
愛するものが死んだ時には、それより他に、方法がない。」

それを聞いた幼い稟が言います。なおくんはまた悲しいことを言うと
4ccsr1sak01821
「大切な人を作られければいい・・・」と直哉、後ろ向きすぎます(・・;)
稟に「なおくんのバカ!」ともう知らない言われるのも仕方ありません・・・
走り去っていく稟の背中をただ見ているだけの直哉。しかし今なら分かるはずだとも

「ハイ、ではみなさん、ハイ、ご一緒に。テンポ正しく、握手をしませう」

朝、なんだかんだ言いつつ稟のことが気になる直哉。
手紙も出さなかった俺悪者じゃないかと思うわけですけど、綺麗になったなぁとも思うわけです。
特に胸とか胸とか思ってしまう悲しいエロゲ脳をなんとかするために廊下に出ると
エドゥアール・マネの『オランピア』の大きな絵が掛けてありました。
この模写の油絵、実は健一郎の作なんですが・・・
4ccsr1sak01823
・・・女性にこれを贈るセンスって何だろう(^_^;;;

廊下を抜けて茶の間に入ると「おはよう」。雫です。
朝弱いはずの雫がこんな朝早くから?と思ったら彼女、「寝てなかった。直哉、全然」
どうやら雫は直哉が起きていたことを知っていたようですが、ここは「何となく」でかわしつつ、それにしても・・・と思いますが
今は伏せておくことにしましょうと(夢浮坂の出会い)

で、雫がおなかへったというので何か作ってあげる直哉
4ccsr1sak01826
つまりなついろレシピ(待ちやがれ)
なぜモロコシがあるんやで作った肉だんごもどきをもきゅもきゅ食べる雫。「うまいか?」と聞いてみると
「うん、そして、ありがとう」と素直に喜んでくれるのですが・・・そのまま寝るなよ( ̄▽ ̄;)

仕方ないので抱きかかえて彼女の部屋まで輸送(ぁ
やたらシンプルな部屋はともかく、雫の部屋から出たところを藍に見つかったからさあ大変(ぉ
4ccsr1sak01828
*粉砕されますた(ぁ

まあ、無実だったことはなんとか理解させたわけですが、
やっぱり同居は問題あるんじゃないかと直哉は思うのです、何しろえろげですから(ぁ
とはいえあまり藍を追い詰めてもとなって、「いつものお姉さん風味はどうした?」て宥めるわけです( ・・)/

さて学園。夢浮坂を上がっていくと「おはようございます」。稟です。
まず昨日ちゃんと挨拶もできなかったことを謝り、元気だったということを聞いて安心。
そうやってしばらく話していると稟と打ち解けられた感じに。少しでも歩き出さないとならない。
「おかえり・・・」
そして改めて稟も
「ただいま!」←このぐらいの大声(ぁ

「うわん!新入生として入ってきた瞬間からそんなもの見せられるのですかっ」
さっきの挨拶会話聞いて不満な里奈でしたが、妹ですかと稟に言われたらこいつ
4ccsr1sak01838
ドヤ顔やめい(笑)

精神的妹とか痛いことを言う里奈ですが、稟はそういうのって良いよね特別な関係だよねと前向き評価。
でも里奈はこうなったのは直哉が原因だとぶつぶつ言ってますが
稟は「草薙くんとは昔知り合いだっただけだから」と幼馴染発言(ぁ
さらにちゃんと幼馴染だったのかなぁ私がいっぱい出した手紙の返事返ってきませんでしたと痛いとこ突きます
挙句に「うん、ただの知り合い♪」まで言い出すから直哉やばいモード(ぁ

でも冗談のように手紙のこととか、別れてから6年間を流してくれる稟。さすがのメインヒロインです(何
続けて自己紹介。何かというとコミュ力を持ち出す稟ですが、入れ違い設定、つまり
「私が知らない草薙くんを里奈ちゃんが知ってて・・・」
「私が知らない頃の草薙先輩の事を御桜先輩が知ってる・・・」
ということです( ・・)/
なんともウマの合う稟と里奈ですが、その一方で仲良くなれた理由がさっぱり分からん直哉・・・ダメやこいつ(ぁ

話がまとまった頃、バイクで建造物を破壊しつつやってきた圭に直哉は相変わらず無茶なネタ会話開始(ぁ
でも稟は直哉が冗談言うほど圭に心を許していると見抜きます、さすがや(笑)
さらにちゃんと圭にも自己紹介して職員室に向かっていった稟。なんというヒロイン力でしょう。
「素敵すぎるだろうあの女(ヒト)、すべてが完璧だもの」(C)圭)

昼休み。購買のおやっさんからホトイやきとりG7号缶を入手
このおやっさん何者やというのはともかく(ボイスないし・・・)、美術室に行くと真琴。
また料理作るの?と呆れられつつも屋外で料理用意するほどの時間はないため、真琴との交渉の結果、彼女が実家から持ってきたタケノコを加えることで炊き込みご飯の調理成立( ・・)/

ただし授業時間あるから食う時間がないためタッパーに詰め込んでいこうと真琴は命じますが
うまいぞ文化鍋ご飯は今食えはばうまいぞという直哉の宣伝の前にちょろイン化・・・・
4ccsr1sak01851
・・・ギリギリ回避した(ぁ
*ただし授業には間に合わなかったらしい(ぁ

でもって炊き込みごはん食べつつ、おやっさんとの話とか若田先生が非常勤で金がないとかの話をば。
それから真琴が直哉を美術部に引きこむことをまだ諦めてない。
「鳥谷真琴はわがままで、何が何でも自分の思い通りにしないと気がすまない!」ぐらい(^_^;;;
でも直哉が(部に入る気はないけど)居心地が良いから美術室に入り浸ってることを聞いて「それだったらいいわ・・・」

炊き込みご飯を全部食わず、授業は全体三分の一までなら遅刻になるから(それ以下だと欠席)と教室に戻ろうとする真琴。
「私はケチよ。わがままよ」と自分から言うし、また勧誘するわよと命令する様を見ての真琴ってと直哉は思うのです
*真琴選択肢

放課後。勧誘しろと命じた真琴から逃げるべくそそくさと退却しようとすると
・・・なんかメイド服着たあやしいヤツがこっちにやってきました・・・
4ccsr1sak01853
・・・なんだただの女装圭(別名:幻のミス弓張)か(ぁ
しかし今の直哉はヘンタイに付き合ってるヒマなんてない、逃げねばならない。
俺はやんないからな!という圭を胸像壊したよねと脅し、圭の女装を褒めまくる真琴ですが
なにしろ美術部員は真琴と圭しかいないという惨状だから勧誘に必死なのはわかります。
・・・ちなみに部員がいないのは明石前部長がセクハラ以下好き放題したかららしいですが・・・
*真琴選択肢(やっぱり反応同じ)

真琴に美術部員が自分目当てでやってくることを吹き込まれた直哉。
あの部室を俺信者の巣窟にしてやる!とハーレム目指してタキシード姿でビラ配りと相成りましたとさ( ・・)/
4ccsr1sak01857
※:この勧誘セリフは真琴が作りました(ぁ

そうやってビラ配りにいそしむ2人の前に稟。セリフはともかくタキシード着ているなおくんカッコイイと褒めてくれます。
機嫌直った直哉はメイド服の夏目圭子も紹介、なんとこのメイド服は圭の妹だったのです(直哉捏造)
その稟にもチラシを提供した後、今度は今度は入れ違いに態度のデカい後輩がべっかんポーズ(ぁ

さて彼女、美術部のチラシを見るなり市役所に張られてる桜の絵について聞いてきます。作者は確か
4ccsr1sak01861
 お 前 だ よ (笑)

ここに真琴がやってきて市役所の絵は直哉が最後(6年前)に描いた絵である「櫻日狂想」ということ
いつのまにかその絵が巡り巡って市役所まで来ていたことを説明してくれました。

でもってべっかんポーズの女の子。川内野という苗字に聞き覚えがとも思いましたが果たして?
彼女も直哉が美術部員でないことに驚きますが、それより女子がわらわらと直哉目当てで集まってますよええ
でもモブ女子には興味ないという感じの直哉はお仕事終了でさっさと離脱するのです。

美術室に戻った直哉。「なんだお前?」と昼間っから酒飲んでる男が・・・
4ccsr1sak01862
・・・というか勤務中に酒飲むな(笑)
しかもこいつ、ウイスキー飲むかってこっちに差し出すという無茶振り(^_^;;;
お前が飲みたい時に飲めばいいんだとか言ってますが、だから学生に酒を勧めるなと( ̄▽ ̄;)
*若田清二郎、独身の非常勤である(ぁ

美術室から出た直哉ですが、若田先生は昼間から酒飲むような人間じゃないはずとフォローしつつ
夢浮坂を降りていくと・・・「あ、なおくん(呼び方変わってる)」

部活巡りをしていたという稟が読書中。桜を見ていたら読みたくなってきたという『幸福の王子』
他にもいろいろあるオスカー・ワイルドですが、稟曰く彼の作品は直哉と共通点があると。
でもって『幸福の王子』のあらすじを語った後、ワイルドは愛の罪を犯したと
※:男と関係もった挙句、その男の父親に訴えられて男色罪で牢屋に叩き込まれたんですが・・・

そして桜の下で直感を得たという稟はある決断をします
4ccsr1sak01866
・・・Life imitating art・・・

夏目家に戻っての夜。
圭のバスタオル姿とか風呂の話より稟と仲直りできてよかったなということの方がずっと重要です
それに、圭はいろいろつ気遣いのできるヤツだということもわかっていますし。

#次の日
寝ぼけてる藍に寝ぼけてる圭、こいつら俺いない時はどうしてたんだろう(ぁ
そう思いつつ朝食を作っていると寝ぼけいてる雫が寝ぼけつつも沸点プリンというかCMのセリフ。そして営業スマイル。
でも彼女はいつも無表情。感情らしい感情を見ることがないのが雫なのです。

朝食後、藍のマッハⅢが故障しただの俺のヴェスパ150stdをバカにするなと言い合いしてましたが
藍が遅刻しそうなんですよどうしましようとなって後5分でどうやって駅に?
そこで身長181cmの直哉は身長145cmの藍を見て考えました
4ccsr1sak01870
お姫様抱っこして走ればいい( ・・)/
こうして無事に学園に到着し「たまに一緒に登校すると家族みたいで良いな」を残して藍は去っていきました。

ぐーぐー寝ているいい加減な圭と違って真面目に授業受けている真琴の集中力を見習いつつお昼。
いつもの美術室に行くと真琴がお絵描き中( ・・)/
っていうか昼ごはんは?と聞いてみると「一食抜いたからって人間死にはしないわよ」(汗)
でも直哉(おにぎり弁当もぐもぐ)が「俺はお前の絵も好きだから」と言うと真琴は無反応。

ならばとばかりにおにぎりいるか?と薦めてみても「私は施しは受けない主義なの」
つまりは借りは作りたくない人なわけですが・・・それならとチンしたおにぎりを渡すという手に打って出る直哉さん( ・・)/
*選択肢
うまくおにぎりを渡すことに成功しましたが、この真琴、どうも食事制限してるみたいです(汗)

それはともかく、部員について。コスプレ勧誘してもモブしかやってこない事態で
「私のやり方が間違ってたんじゃないんかなぁ」と反省する真琴は真面目すぎるよなと思ってると、唯一モブでなくめでたく入部した優美登場( ・・)/
こいつがいきなりセクハラ先輩言うのはともかく、さらなる入部希望者連れてきたというのですけど・・・
4ccsr1sak01873
精神的妹こと里奈でした(ぁ
おいまて真琴にもそれ言うのかよ!状態ですが、真琴はあっさり合格出しました( ・・)/
*理由:直哉と昔からの知り合いだから(ぁ

放課後、まだ部員勧誘は終わってないわよとばかりに真琴。それから圭。
すると突然やってきた男子生徒A~Dが殺気立っていますよ!
4ccsr1sak01885
左から東浪見、一宮、中里、片貝と名前設定と顔グラがついたこいつら(しかしボイス無し)
直哉が稟の幼馴染だと知って襲い掛かってきましたが、真琴に稟の気持ちを大声で吹聴するあなたたち最低言われて崩壊(ぁ
その後、なんでそんなに稟は人気なのかと。才色兼備というか成績いいんだぞと圭は説明すると、真琴は稟も美術部に入れようと。直哉以外の面子も賛成して、さっそく稟を文字通りアッという間に確保してきました( ・・)/

最初に自己紹介というか、チラシ配りのメイドが圭だというオチはともかく
稟は快く入部OKしてくれて、これで美術部員がようやく5人揃って部活モノのスタートです(ぇ
ここで当然稟は草薙くんは部員ではないんですか?と聞きますが、当然直哉はああ、違うと。
さらに絵を描くのはやめた・・・
「いや!描かない!やめたんだ」
と二度と描くことはないと倍角で強調する直哉(汗)

六年前から描くのを辞めたのですが、その理由を頑として言わないどころか
他人行儀な上に「しょせん、お前と俺は他人だ」直哉にさすがの圭もキレて
4ccsr1sak01880
直哉、歯ぁ食いしばれぇ!とばかり殴るはずが・・・真琴がバチンと自分の手を強く叩いて制止したという(汗)
*手を強く叩きすぎて稟に氷+ハンカチで冷やしてもらった(・・;)
そして「草薙、稟ちゃんに絵とか教えてくれないかしら?」と・・・
「絵を描かない」ってだけなら「絵を教えてくれることはできる」という真琴。そして教えて下さいという稟

「どうなってるんだよ。草薙健一郎」

天を仰ぐ直哉、そして真琴を見て相変わらずだ本当に不器用で、まじめで、そして・・・と想うのです

稟、それから納得したようなしてないような圭も含めて美術室の奥の部屋にご案内。
天井がロフトになっている豪華仕様の美術室、そして数え切れないほどの作品。
健一郎がここの元生徒どころか先生をやっていたこと、若田先生はその時の生徒で仲よかったこととかを紹介しますが
それより問題は稟。初心者と変わらないけど描きたい意思はあるので
「とりあえず描いてみること、そこからだね」ということで稟のお絵かきシーンとなるわけですが

「くだらぬ事を考える必要はないから、適当に描いてみればいい」
えっとうんと唸ってばかりの稟にアドバイスする直哉。
4ccsr1sak01879
*木炭ではなく鉛筆を持たせた(※木炭は折れやすいし「燃えた後」だし)

そうこうしているうちになんとか絵が描けた稟。「いいんじゃないか。良く描けている」と直哉も安心できる出来。
直哉は人に絵を教えるのだなぁと優美が部外者状態してますが
それを聞いた直哉さん、なんと優美にも絵を教えると攻略フラグ建てをしておきました(ぇ

学園からの帰り道。圭はバイクで帰るため必然的に稟と一緒に帰ることに。
絵を教えてもらってごめんなさいと謝る稟ですが、普通に楽しかったと直哉。楽しくなければ教えたりはしません(ぁ
そして稟自身が美術部に入りたいと真琴に言ったこと、弓張に帰ったら絵を描こうと思ってたと。
物腰が柔らかくて、優しくて、そして誰よりも意思が強い、それが稟なのです・・・
4ccsr1sak01881
電車から歩きになってここで「背後視点ウォーキングトーク」という珍しい光景が

その途中、ふと公園を発見。
樫の木公園(今は小音羽児童公園)という昔よく遊んだ公園をじっと見つめる稟。それを察して公園に行く直哉。
二人してブランコに座ると、公園きれいになったねと。「変わるんだね・・・」、でも街は変わっても記憶は覚えていて、「新しくはじめる事は楽しいですもの」と絵の話になるとニコニコする稟だったり。
そしてブランコにまだ乗れないというか、乗り方をなおくんに教えてもらえばいいやと想っていた稟
*というか別れてから一度もブランコ乗ってなかったらしい・・・

で、直哉が「地面でなく宙を蹴ること(扱ぎ方)」をレクチャーするとちゃんと乗れるように!
「ありがとう!ブランコ教えてくれて!絵を教えてくれて!」・・・

#次の日
早朝。藍の部屋あたりから「きゃわっ」という悲鳴と除夜の鐘の音で起こされた直哉
何事かと思って藍の部屋に行ってみると布団の上で涙目な藍はともかく
なんでそこに凹んだ金ダライあるんですかという状況。
4ccsr1sak01888
もしかして:俺が来る前はそうやって起きていた?
目覚まし時計に連動するタライ落としというすごいドリフ技。こんな目覚まし(物理)がないと起きられない藍とは( ̄▽ ̄;)
その惨状にため息が出るわボケ言うわな直哉ですが、先生のことをボケとか言うなぁがんばってる人にボケ言うなぁ(ぁ

そんながんばりはいらない俺が起こしてやるよといつの間にか世話焼きキャラになってる直哉ですが
藍の方は「なんでお前はそんなに出来た子なんだよぉぉぉ、おねーさんにも少しは頑張らせてくれよぉぉぉ(涙」です(ぁ
ここで「何言ってるんだよ、藍はずっとこの家を守ってきたんだろ」と頑張りを評価してフォローしますが
「いつも通りのしっかりお姉さんになってろよ」と言ってしまい気恥ずかしくなる直哉なのでしたとさ(ぁ

「じー」とこっちを見たり鯵の開きを優雅に骨ごとバリバリ食う雫の相手をしつつ朝食。
本人は目玉焼きとトーストだと思ってるからややこしいのですが、そんなやり取りの後、学園へ。

さて、早めに来たおかげでヒマがある直哉は美術室へ。扉を開けると
「私だけど・・・」
真琴がお掃除中。毎朝やってるそうでまじめです彼女( ・・)/
*直哉は早めに登校するたびに見かけていたらしい

毎朝美術部の掃除をしている真琴、それだけ美術部に愛着があるということですが
なにしろ真琴と来たら入学したその日から掃除していたという筋金入りのお方。
4ccsr1sak01890
*直哉は入学前に偵察に来ていた時に発見してたそうで、フラグ建てすごい(ぉ

あの頃の真琴はもっと髪短かった(髪飾りもなかった)なと思ったり、胸だけはやたら大きくなったなと回想したりしますが
それ言ったら殴られるのでパスして彼女が嬉しそうに掃除してたからよい子だと思ってたら
「なぜ美術部に入らないとか意味不明な行動をとるのかしら!」と話しかけてきて意味不明はお前だと(ぇ

ホウキでの攻撃をかわしつつ、「実は真面目キャラなのがバレて恥ずかしいのか?」なんて言うから
忘れなさい忘れなさいとばかりツンデレ化する真琴。どうする直哉ということで
*選択肢、ちなみにBugBug版だと上側選択肢を選んでました

どっち選んでも結局ホウキの直撃からは逃げられない直哉さん。
なんでそんなに秘密にしたいのかと思うのですが、ははあ健気なつくして女がこいつの素と見抜きかけるわけです(笑)
・・・まあ、自分から「傍若無人」言ってる真琴も真琴なわけですが(ぁ

それはともかく、朝早くから美術室に来るなら絵でも描きなさいという真琴。
まあそうだろうなと苦笑するしかない直哉ですが、真琴はさらに続けます。直哉が絵を描けない理由とは

「もしかして、稟ちゃんが関係しているとかあるの?」

否定も肯定も、それどころか反応すらできなくなる直哉。辛うじて何でそう思った?と返してみると
真琴は「別に、ただの勘」だけ言うとすまなさそうに背を向けて掃除しようとするのです。
そんな様を見た直哉は俺自身の問題だとフォローしますが、そこらあたりも真琴は織り込み済みのようです。
なにしろ「あんたが思ってるほど、私は鈍感じゃないわ」と実は直哉が冬頃に絵を描いていたということに気づいてたこと、さらに「でも理由は、聞かないわよ」と、そして
4ccsr1sak01895
あまりにストレートな真琴の言葉。彼女はいつまでも絵を「待っている」人なのです。
「言葉には、有効期限があるから価値があるの」。つまり直哉の「描かない」という言葉は絶対ではない
「あんたはまた絵を描くわよ」
あくまで真琴は優しく微笑むのです・・・

真琴が明石前部長を確保しては拷問・返却(※:明石家からは了承済み)しているとか、弁当を真琴や圭にあげた昼食の後の放課後
明石前部長を発見したとの報告が優美から真琴にもたらされます。
*注意人物ということで美術部員には写真が配布されている(ぁ

でもって稟の護衛&絵の指導を任せられた直哉は美術室に向かいますが
途中で「あ、おひさしぶり、草薙くん」とすらりとしたイケメン君が。
4ccsr1sak01896
なんとリストラされていたとみんな思ってたH2Oの主人公、弘瀬琢磨です。

変態を必死に設定に組み込もうという直哉の低レベル発想はともかく、天文部に行くという琢磨ですが
そこに見学したいとか言いつつ明石もやってきたのですが、留年したわけではない卒業を見合わせているだけだと明石は言いますけど
・・・それってただのバカだよね(*琢磨すら呆れてる)
さらにもってここに圭もやってきたからもう大変です(笑)

天文部部室。優美がぷんすかしてますが、そりゃ部外者3人連れてきたら怒りますよね(笑)
*ちなみに優美は天文部・美術部掛け持ち
男どもは天文部を見たいと彼女に説明する琢磨。すると優美はほうちょうをそうびするわ、里奈もやってきた(優美に美術室は危険と言われたらしい)からまた面倒なことに(ぁ
とっとと真琴に連絡して明石を回収してもらわないと俺ヤバイ俺ヤバイ状態になってしまいますどうしましょう(ぇ

そうこうしつつも部活動は開始されるのです( ・・)/
星の事とか発表会をしているというまともな部活天文部。
本日は渦理論と引力の話だそうですが、ここで明石が万有引力とは男の魅力、愛の力だとか言い出すので
4ccsr1sak01900
優美が惑星の重力について実地試験をやっているわけです( ・・)/(ぁ

さて場面は美術室。連絡を受けた真琴が明石をつるしあげて尋問開始(ぇ
里奈をえろくして自前の夢に出すというやばい人度が上がってる明石ですが
スカートめくり用の巨大扇風機を作っていたというのはともかく
4ccsr1sak01906
上履き600足を買い込んで臭いつけてたとかどうしたらいいんでしょう(ぉ

でもその上履き入りゴミ袋を破ってつるし上げから逃げ出す明石!しかしそこに稟が!
4ccsr1sak01908
・・・この子、柔術使いだったという(^_^;;;

さて夢浮坂。稟と真琴が話しているから何かと思ったら昨日の手を叩いた時のハンカチを返しているところ。
ちゃんとアイロンまでかける+お菓子までつけた真琴の律儀さを褒めようとすると当の真琴はバイトへ行こうとします。
すると稟は彼女を引きとめて自分もバイト手伝いたいと。さらに里奈+優美に圭(強制)も加わると
うん、俺はいいなと直哉は逃げようとしますが・・・世の中そううまくはいきません(笑)

そしてキマイラ。常連客Aだけボイス入りなのはフラグかと思いつつバイトに励むのでした、まる(ぁ

#次の日
朝、藍を起こそうと部屋に行ったのですが、肝心の藍はというと
「彼氏もいない独り者の現実世界なんかに帰りたくない(;TДT)」(ぁ
4ccsr1sak01912
仕方ないのでフトンはがしてみたらこんな有様です(別にHシーンではない)(^_^;;;
で、本日は起こすのに苦労したので遅刻しそうなので藍のマッハⅢ
(正式名:KAWASAKI-500SSマッハⅢ)に乗せてもらうことになりましたが・・・
・・・このオソロシイバイクは直哉すら気絶させるシロモノでした・・・( ̄▽ ̄;)

受け身を練習したいからと柔道習っていたという稟の話を聞いていた授業の合間、
稟も絵を描くようになったんだから画材も必要だなということになって美術室
・・・なんですが、絵の具集めてたら思いっきり授業に遅れて真琴に睨まれましたとさ(ぁ
*授業はちゃんと真琴がフォローしてくれましたが( ・・)/

さて放課後の美術室
トンカツ茶漬けすすってる明石はともかく、部活動に引きこまれた直哉さんはご機嫌斜めです
まあそれはともかく、真琴曰く本日は新入生獲得のための会議をするとのことで、新入部員を呼んできたのですが・・・
このタキザワ・トーマス・ネーゲル・ジュンペーという怪しいフランス人(?)は圭を脱がせようとするわ
4ccsr1sak01917
なんかものすごい状態なんで柔術使いの稟が止めようとしますが、ここは主人公たる草薙直哉の出ば・・・
・・・圭のぐるぐるパンチ一発で倒れたぞこいつ( ̄▽ ̄;)
*ちなみに真琴のおしり触ろうとして粉砕された過去あり、触るのは私なのに(ぁ

こんなアヤシイヘンタイですが、絵描き経験者ばかりの美術部からすると
「今から絵を描き始める人の気持ち」がわからない、未経験者にも「描いてみよう」という動機が造りたいと
それと共に明日部費会議があるそうで、部員数に応じて部費が配分される。
そこで真琴は圭、なんなら自分をモデルにしてデッサン会をしようと考えたわけです。

直哉は真琴らしくないとダメだししますが、ここでトーマスが
「もし、この世に女性のおっぱいとお尻がなかったら、ワイは絵を描かなかったかもしれへん」
*これなんとルノワール(「おっぱいが好きだから!」とも言ったらしい・・・)の言葉です(^_^;;;
4ccsr1sak01918
・・・なんやこのぐうの音も出ない正論( ̄▽ ̄;)
※:ということでデッサン会を開くことになったそうです( ・・)/

夜。また女装なのかと風呂上りの圭。それを見て見て気味の悪い生き物だとかひどいこと言ってますが
おかげでバスタオル一丁の圭に文句言われるは雫にホモな皆さんと笑いものにされるわでもう(笑)

#次の日
圭・真琴どころか稟も新入部員獲得のためとメイド姿でモデルをすることに。
出来る事をやらせていただくという稟のメイド姿はさすがです、直哉が見惚れるぐらいに(ぁ
でもこのメイド服はどっから?となりますが、なんとこれトーマスが用意したものだそうで、いろいろ謎です(ぁ
*あれ、圭のはトーマス来る前からあったような・・・?

ただしトーマスといえども三着しか用意できなかったらしく、里奈と優美は観客状態
4ccsr1sak01924
というか優美がクレイジーサイコレズ化しているよエレクトとか言ってるよ!(笑)
でもって真琴が言うにはチラシを貼っておいたからと直哉にはタキシードを渡しますが
わがままだからとつきあってやる直哉さんなのです( ・・)/
*選択肢、どっちでも相変わらず反応は同じ

・・・ただし、このタキシードなんか変じゃないかトーマスなんて「ルノワール・・・」なんて言ってるし(ぁ

そんでもってデッサン会と相成るわけですが、直哉どころか他の面子の服もなんか変。
どうもおかしいので一旦中断しようとしたのですが・・・なぜか水が飛んできた?( ̄▽ ̄;)
というか水鉄砲持ってるやんこのモブども!つまり
4ccsr1sak01926
なんとトーマス謹製「水に溶けるメイド服」だったわけです(これ作れるトーマス凄くないか?)( ・・)/
*なお、直哉のタキシードも溶ける仕様(ぁ

主犯のトーマスが「男女の分け隔てなくヌードを愛する者なのデース」と恍惚状態なのはともかく
稟が柔術でふっ飛ばしてもどうにもならないので直哉が物理に走ろうとすると
「ほー、水鉄砲遊びかー。楽しそうだにゃー」

なんとここで天井のガラス割ってかっこよく(?)明石登場( ・・)/
4ccsr1sak01927
下の面子にマスクと眼鏡を渡すと平成23年規格改正をクリアした消火器での攻撃!
・・・が、これって白煙で周り見えませんよね(ぁ

しかも扉がなぜか閉まっているし、稟が倒したモブは復活するしどどうする状態ですが、
そんな修羅場は副会長の「あんた達っ。これは何の騒ぎ!」で終って会議シーンへ( ・・)/


会長+副会長に尋問される面子。顧問なのに何もしてないだろ信用できませんな若田先生はともかく
部長の真琴がお叱り喰らって美術部やばいですが
そこに明石が「我は世界なり世界は我なり」とかのたまいつつ現れ小沙智(副会長)&小牧(会長)を煽った後
「私の一存だ」と全責任を引っかぶり、「学園を舞台に戦争という時間を演出」したとも
おお先輩かっこいいとみんな思うでしょう・・・・
4ccsr1sak01929
・・・ダメやん(笑)
*その上変な人形(ダッチワイフ)で空飛んだり、廊下の床を磨いてぱんつ見ようとしたりしていた(ぁ

このまま芸術に殉じて(ぇ退学かと思いましたが、小沙智が集めた聴集が
・誰のものか明記されてない
・動画サイトのコメントが誰かわからない

と小牧が判定して無罪放免。ていうか小牧あざとい会長あざとい(笑)

その後、美術室に戻ってきた真琴が経緯を直哉に伝えますが
学校側にバレないようにてくれたとはいえさっきの騒動で壊れた備品の修理代がありまして
部費がプラスどころか1500円の赤字になってしまいましたとさ、まる(ぁ
そして小牧と昔からの知り合いだと真琴がつぶやくわけなのです・・・
※:その頃、トーマスは逆さづりになっていた(ぁ

その逆さづり状態のトーマスなんてと直哉は思いましたが
彼があの騒動の中でもちゃんとしたデッサン描いていたという事実を見て入部させると真琴。
「私の悲願」のためには才能があればどんなイロモノでも入部させる、それが鳥谷真琴のなすべきことだから・・・

#次の日(日曜日)
起きてみると女の子・・・ではなく、圭が布団の中に、圭ルート一直線です(ぉ
この時点になってもまだ直哉的にはキモいので圭を殴りつつ朝食(ぁ

その後、自分のマンションに戻り、そこから裏手に行く直哉
実は雫にアルバムの持ち主を指摘されていたわけで、その確認のためなのですが
ただの更地だった「そこ」は工事予定地になっていたわけです。
6年前、ここにあったものがなくなって更地になっていた土地。
せめてこれをとアルバムから得た桜の花びらを蒔きます。あいつならそうするだろうから。

更地を自らの記憶とともにを去り、桜ヶ原駅前に出てみた直哉に「お、草薙」と真琴。
なんでも小牧&小沙智にご飯を奢ってあげたとのこと。ちなみにこの姉妹は双子だそうです。
しかも「双子で生徒会会長と副会長」という立場ですから真琴は頭上がりませんよね(笑)

そこに今度は明石登場、こっちはパトロールしつつ女子に声かけていたそうです、それナンパや(笑)
でもって明石と双子が妙に親しげに話してる様を見て驚く直哉。というか真琴相手より親しくないか双子?
すると会話の中に「お兄ちゃん」「血が繋がってる」という単語が、つまりこいつら3人兄妹なわけです( ・・)/
4ccsr1sak01932
・・・両親の顔どうなってるんだろう(ぇ
*ちなみに亘は寝る時も制服姿らしい・・・番長かよ(ぁ
でもって直哉にも何かすると呼び出すわよ小牧に手ぇ出したらどうなるかわかってるわねと小沙智。
ただしこの妹、兄に煽られやすいタイプでもあるという問題が(ぁ

で、明石一族(ぉや真琴と別れた後、夕日の雛弓海岸へやってきた直哉。
なんでただの人工海岸なんてと思うのですが、母親と海岸を歩いた頃をふと思い出し、
あの頃の海岸はっもと綺麗だったと。でもそれは母との記憶を自分の中で美化したものでは?とも。

そうこうしているうちに高台の海岸公園へ。
散り際の桜を眺めつつ、火葬場(冒頭参照)への道を歩いていきます。
夕暮れの夢浮坂と逆の様相の中、「桜の森と藍」という構図が・・・
藍が「な、なんでこんな場所に?」と、バイクで走ったら夕日が綺麗だったとか言ってますが
散り際の桜を見つつ、「もしかしたら奇遇なんて事じゃないのかもな・・・」

そして「桜が散って・・・春も終わる・・・」と藍。
春の雪のように散る桜の幻想を見つつ
4ccsr1sak01934
「夏目家に」

春の終わり。草薙健一郎との別れの季節が終わりをつげる。
桜が散り・・・そして雨が空気を潤して・・・夏が来る。
※:ⅡAbendに続く

*キャラクター(メイン)
フルボイスではなく、モブにはボイスはありません。
春ノ雪との違いはSDイベント絵がほとんどなくなってしまったことで、二章を含めても実質3枚のみ
その他として集合絵が2枚(他に料理とか絵画もあり)

*御桜稟(イベント絵:4枚)
再会型幼馴染。成績優秀で完璧超人というすごい方。横向き立ち絵が怖いけど
しかも追加で柔術まで学んでいるや間接技使えるわで恐ろしいスペックに
ただブランコ乗れないというか要領の悪い子、要するに不器用な生き方の女の子。
オプション一号とか妙な言われ方はなくなりましたが、すぐ謝るところはそのまま
ただしエロ要員というか発情するわヤンデレフラグ立つはでそっち方面がひどい(笑)

*夏目雫(イベント絵:1枚)
草薙葛佳という名前で芸能人(モデル?)している方。唯一美術部とは関係ない人
感情表現は営業の「作られた」時は豊かですが、通常ではクール。
やたら毒舌な上悪い冗談が多いが気になるというか本心はいずこ
過去にものすごい世話になったらしいですが、CGは冒頭の一枚だけといいどこからルートを作るのか
そしてボイスを聞くとなんとなくおぐらゆい系(殴)

*夏目藍(イベント絵:9枚)
24歳独身女教師兼・姉。どうにかしてお姉さんしようと日夜がんばる人、でもロリキャラ(ぁ
私生活はダメダメといいつつ化け物バイクに乗ったり武道の達人だったり肉体スペックはすごい人
先生としては実にできた人で、容赦なく直哉を正してぶん殴る強い意思も持ちます
一章冒頭と最後に出番を持つのでメインヒロインっぽいのですが、ルートはまだ。
そして美術部顧問なのに美術部に出てこないという問題点は結局解決されず(汗)

*鳥谷真琴(イベント絵:5枚)
美術部部長。春ノ雪までの無茶キャラぶりがほぼ影を潜めて真面目な子に
借りは作らないという主義で律儀で真面目で献身的なのが彼女の本体。
屋根裏部屋っぽいとこに住んでたりバイトしてたり貧乏属性が追加されてさらに健気に。
母親との確執がどうなるかが、ムーアがどうななるかが気になりますが
それよりも・・・ものすごい負けヒロインフラグが建っているのが・・・(汗)

*氷川里奈(イベント絵:2枚(他に優美とセット1枚)
妹後輩。オプションとかいう言われ方は削除。同時に殴られることもなくなりました。
優美と組んだおかげでウザい性格ではなく比較的達観した先輩想いの後輩キャラに
それとともに病弱設定がちゃんと出てきて私服姿はまさに「深窓のお嬢様」そのもの。
過去というか前世設定が追加されたため、前世の因縁ねたがkeyみたいなことになるのでしょうか
ちなみに一番の巨乳。でも立ち絵のおかげであまりそうは見えないという(ぁ

*川内野優美(イベント絵:1枚)
男嫌いキャラが突き進みすぎてクレイジーサイコレズ化した後輩
春ノ雪から性格か激変した理由というか、元々は性格はまともだったらしいので過去に何がと。
何かというとセクハラ先輩と敵視しますが、こいつとのやり取りが一番おもしろかったり(ぁ
いちおう暴力系ツンデレだと思いますがどうするんだレベルにきているような・・・

*明石亘(イベント絵:1枚)
前部長。いわゆる「実は作者の擬人化系キャラ」。
いつも制服というか春ノ雪と立ち絵はまったく同じ、よって他キャラと並ぶと異様に顔が小さい問題が
一章ではギャグ要員で好き放題してるだけでしたが、二章では完全に主役、いやヒロイン枠。
今までおちゃらけで無茶してたりは実はこの「桜達の足跡」のためだったんたよー!という展開になります。
ただし、二章で彼の目的は達成されたため、ここからどうするか、美味しいところだけ持ち逃げしていまう可能性もあるのですがさて・・・

*夏目圭(イベント絵:2枚(他に直哉とセット2枚)
友人キャラ、かなり高い声(実はすば日々の救世主と声質は同じ)
女みたいだと散々に言われたり、メイド服やらバスタオル姿は春ノ雪から健在。
(ただし立ち絵パターンが一種しかないため、怒っててもポケットに手を突っ込むという妙なことに)
キモいだの殴られるだの扱いがひどいのは仕方ないわけです、なにしろ主人公専ですし(ぁ
天才言われる画才ですけどそれを発揮する一章のシーンは削除。なぜ(ぁ
*なお、その他の教科は壊滅的・・・・

*吹
ゴスロリを着込み、バールのようなもので武装した謎のようぢょ
恐ろしい機動力とジャンプ力をも持つチートスペックですが、ゴスロリの基本として毒舌系
二章のマンション工事現場で出あった後、なにかと直哉を助けたり絡んだり
しかし彼女は直哉以外には見えない(他キャラが登場すると入れ違いに消える)
2cccsr01207
4ccsr1sak02077
このように春ノ雪の小硯櫻とまったく同じ展開のイベントが出てきましたが
小硯櫻もまた「直哉以外には見えない」キャラ。何を意味しているのでしようか。


約30枚のイベント絵を持つ超巨大な体験版ですが、
春ノ雪体験版のBGMは全部流用で、CGもかなり使ってるので「リメイク」度がすごいです。
とはいえ春ノ雪ではSD絵の分を含めると約50枚ですから実は減っていたり。
SD絵がないためイベント絵でカバーしたりテキストだけで何とかしていますが
日付表示をなぜか消去してるから繋がりがわかりにくい問題と
話と話のつなぎに空背景入れる(逃げる)繋ぎ方はかなりまずい気がしますが

移動する時に背後立ち絵が出てくるというぱれっとみたいな演出を持ち
ウォーキングトークが他の作品の「横並び」ではなく「前後並び」にしているのは
立ち絵とか背景を増やさずに移動している感を出す発想だと思いますが、結構有効。
背後立ち絵があるのが今のとこ稟・真琴(真琴はメイド服のもある)・藍だけですが、他の面子もあるのでしょうね

キャラデザの差というのは事前の不安ほど気にならないのですが
男キャラ(圭と明石)を同時に出すと頭身やポーズの違和感が出てきたり
キャラによっては塗りが甘いというか、立体感をまったく感じないベタ絵みたいなのがいたり
(というかこのメインとモブの差はH2Oの時からまったく進歩してない)
明らかにイベント絵とかが間に合ってない部分があるのが気になります
・・・スクリプト慌てて募集したというのもあるんでしょうね(汗)

一章は選択肢を持ちますが、この選択肢が非常にわかりにくい
「選択後のセリフがまったく同じ」というのが多くてどこに分岐がかかるかまったく不明
その上分岐は二章に来るからやり直すのが大変と実に面倒。何かヒントくれと言いたいぐらい(^_^;;;

イベントCGの流用(HD化)からしてどこまで春ノ雪を引っ張るかと思いましたが
冒頭と最後は完全に春ノ雪だとして、途中はいろいろと手を加えています
無印の設定と春ノ雪設定と櫻の森設定をツマミ食いしてる感を時々感じるのがなんというかギクシャク?

それでも特にキャラの細かい部分にスポットを当てたりすることを多くしたり
ヒロインに無茶をさせていた部分をサブに回してヒロインの負担を減らしつつ内面を見せたり
文学哲学を取り入れた難解かつわかる人にはわかる深い部分と、コミカルに行かせることでわかりやすくする部分の使い分け、これが本質ですから。
哲学は私にはよくわかりませんが、日常やギャグ部分という何家ない部分は確実に向上していて、ヒロインの魅力を出すことに関しては春の雪より確実に、引きこみやすくなっていて上手くなっていると思います

ただ、使ってないCGも多くて一番疑問なのは、終盤での「溶けるメイド服」
せっかく想定されたイラスト(TG8月号のTGプレミアム扉絵の稟)があるのに
溶けるメイド服のCGを使わず、男(明石)が乱入するときのCGを入れるというのは言語道断(ぁ
何のための狙ったイベントなのか理解できてるのかエロゲーなんだろうが(以下延々

H2O組はゲスト的に出してきた琢磨以外は全員リストラされて別の人に替えるとか
あるいは別エピトソードをはめ込んだりしていますが、それによって
「同じセリフを別の人が言う」という一種奇妙な状態が現出しています。

具体的に違うのは(二章は新規なので比較しません)
・√aaa以来の「桜の森で、世界が鳴った」から始まる「桜の詩」が
春と修羅の「櫻ノ詩」に変更され「櫻の森で、世界が鳴った」になった

・「坂の話」という本がキーアイテム扱いでしたが、これがまったく削除
・なぜか日付が削除

かなり重要だと思いますが、日付がなくなって時間経過がわかりにくく
特に分岐のある二章はややこしいんですけど、廃止したのは何か大きな設定があるのでは?
・直哉が貧乏キャラに、でもマンションは残ったまま
料理が節訳レシピになって会話でも料理・食材ねたが多数登場
・直哉の「母親」の存在がほぼなくなった
小硯小沙智(旧姓)で、かつ回想がたびたび出てきたものが削除
二章で一応「水菜」という新しい名前だけは出てきましたが、実に印象の薄い存在に
*これによって直哉のバックボーンが結構変わってます
・H2O組のリストラとイベント差し替え(琢磨だけなぜか残ってますが・・・)
・優美の性格変更とそれによるイベント差し替え
これによって、「別のキャラが同じセリフを言う」というリメイクらしいことに。
ちなみに差し替えイベントはノノ未・優美のを真琴、雪路のを優美が引き受けています
・分岐方法
春ノ雪には里奈や優美の分岐がありましたが、櫻の森は真琴・稟・里奈への分岐が登場
・・・ただしこの選択肢、異様にわかりにくい(選択後の反応がほとんど変わらないため)
・細かいデータ
微妙に数値が違う(直哉の成績とか)とかありますが
全体的にみてうまいことリメイクというか取捨選択したなぁと想う次第です
特に先に分岐する稟と真琴のイベントを強化したことは大きいかと。ただの無茶キャラではなかったと(笑)

おまけ:
2cccsr00298
4ccsr1sak01801
問:どっちの倍数が正しいか答えよ(ぁ