2017年07月21日

サンクチュアリ

武論尊さんと言えばサンクチュアリ。読み終わる頃には血がたぎってジッとして居られなくなる。俳優のチャールズブロンソンという方に似ていたから武論尊というペンネームらしい。すごい当て字だな。アクション武論尊。


  
Posted by kalliostro at 07:25Comments(0)TrackBack(0)

2017年07月20日

ハッピーエンド

NONKEYさんのインタビュー、拝読いたしました。グッときました。明日への糧にさせていただきます。ハッピーエンド、リリースおめでとうございます!


  
Posted by kalliostro at 07:17Comments(0)TrackBack(0)

2017年07月19日

渋い

キャリア、厚み、造詣の深さを感じさせるMVですね。

元ネタの曲が好きというのもありますが、勉強になる曲です。


KAZMANIAC / When I Drop Some


  
Posted by kalliostro at 07:23Comments(0)TrackBack(0)

2017年07月17日

ケイオス

16c4f5ab.jpgこれは…禍々しいまでの油脂を感じる…ケイオス
  
Posted by kalliostro at 16:04Comments(0)TrackBack(0)

2017年07月16日

バッチリ

edeac647.jpg
0e384522.jpg
いよいよ次の土曜日。

7/22土、GIANT@渋谷family、MELさんのリリースパーティー。ゲストにDJ OASISさん。

DJ KRUTCHくんとソロライブやります。

仕込み充分
  
Posted by kalliostro at 18:02Comments(0)TrackBack(0)

2017年07月15日

【DEJI】【草莽の人】【全曲紹介】07 コウノトリ

2017.2.22発売の6thアルバム「草莽の人」



全曲解説の7回目は7曲目 コウノトリ



この曲のプロデュースは、 DJ TO-SHIROさん
( https://twitter.com/DJ_TO_SHIRO )




新潟の日本語ラップDJ、トラックメイカーの方です。




百聞は一見に如かず




16人のMCの方を招かれたフリーアルバム『ルービックキューブ』
こちらから無料でダウンロード出来ます『http://xfs.jp/arZpv 』

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
第二の故郷 feat. TKda黒ぶち / DJ TO-SHIRO


全16曲フリーDL
http://xfs.jp/58iQ7

『ルービックキューブ』 by DJ TO-SHIRO
1. Profile feat. S.two
2. YANKEE & FURYOU feat. 宇宙忍者バファリン
3. Walking In The Rain feat. G-lint
4. 第二の故郷 feat. TKda黒ぶち
5. Action feat. DG-TOMO
6. The Answer feat. GOBURIN
7. 同じ月を見てる feat. Siro da funk, 空也MC
8. Hello, New Day feat. ICE 2 BLAST
9. 夢追い feat. HUNGLY
10. Devotion feat. Hight Beatz
11. Baby’s Gone feat. G-lint, S.two
12. Song For feat. Siro da funk
13. Around Of Me feat. Soullump
14. 素晴らしい日々 feat. otogatari, EYES
15. 晴れた日に(Amature Ver.) feat. 狐火
16. 足跡 feat. KRYZ, HUNGLY


All Track are Produced by DJ TO-SHIRO

Mixed & Mastered by
-DJ KENZI@FREEDOM SOUND STUDIO [Track 1]
-DJ TO-SHIRO@AMATURE LAB [Track 2-5. 8-11. 13-16]
-KOL a.k.a. king of liar@STB STUDIO [Track 6. 7. 12]
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

再起 / 狐火 Track by DJ TO-SHIRO



私は今回の作品を機に初めて氏の音源を聴かせていただきましたが、どの音源もレベルが高く、キャリアと実力を兼ね備えた新潟のシーンでは知らない人はいないプレーヤーだとお見受けしております。


氏のtwitterから共感できるつぶやきを一つ



「実際、万人に好かれる曲を作ってるつもりはないし、人それぞれ好き嫌いがあるのも当然。

その後の評価が好きでも嫌いでも、チャンスをもらえただけで本当にありがたい事だし、聴いてもらった人全員に感謝しています。」



まさしく自分も上記のような気持ちを持っています。



まずは、自分という存在と交わってくれる瞬間があるだけで感謝だし、そこから好きかどうか、ロックできるかどうかは自分の実力次第



氏のストリクトリーなスタイル、姿勢、自信とプライド、人間性を垣間見る言葉だと思います。



数曲のデモをいただき、どれもよいので迷いに迷って、今回、コウノトリという曲を共に制作させていただきました。



こと音楽制作、特にHPHOPにおいてのトラックの作り方は本当に千差万別



ワンループ抜いてドラム足してOK!という感じでカッコいい方もいれば、しっかりと一音一音作り込んでパラデータも相当数あって、細かいディレクションされる方もいれば、本当に様々


TO-SHIROさんの職人気質な制作スタイルと高いプロ意識のおかげですごくいい曲に仕上げていただきました。重ねて御礼申し上げます。




さて、この曲の話。





結果的にアルバムのリリースは次男が産まれて以降になりましたが、この曲を作っているときは、長男が産まれる前か産まれた後かそのくらいの時期でした。



このトラックのメローな響きですぐにイメージは浮かんで、子供のことを書こうと思ってこの曲ができました。

※歌詞
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
『子供欲しい』思い自体 親のエゴ
じゃないかとおもってた そりゃとても
幸せらしい 子宝 降っては来ない 空から
未来はわからん
生きてくだけで大変 時には 腰も砕けて敗戦
自分の体験 子供にさせるの胃がいてー
競争社会に姿晒して
相当儚い 現実 あっても 胸の高鳴り 信じ
いてもたっても いられない
前人 未到の偉業では なくても前進
好きなこと見つけて 心の声に気付けて
地に足付けて生きてくれれば最高
コアのマス対コア
いつか居酒屋行こう

【hook】
孫の顔 心残り
思い  他所に どこ飛ぶ?コウノトリ
年を追うごとに 心ここに あらず
鳴かず飛ばずの コウノトリ
ねんねんころり
寝付いた頃に 何処吹く風で飛ぶコウノトリ
子を待つとこに 望まざるとこに
気まぐれで飛ぶ コウノトリ

どうなってほしい?親の勝手
デカく光る星  ならば合点
行く年来る年  月日は去って
ふとよぎる もし あのときに会って
なければどう? いくつもの分岐点
自らに問う? 楽しい分 危険?
そりゃーわからん いつかは墓場
笑える仲間 との今が宝
押し付けじゃない が落ち着けば
だいたいのことは見える 朝令暮改
よくある話だ 挑戦トライ
進むキャタピラー  当然の解
五体満足 母子共に健康
胴長短足 OK
遠投120m投げなくていい
好きなように生きればいい

最高のかーちゃんの元に産まれてよかった
俺も麻雀は控えて がんばる 尖った
部分は丸く 備えてほしい 人望才覚
ピッチャーやるならインロー外角
投げ分け強肩強打 タイトル
総ナメ ドラフト1位も遠かねー?
まさにこれこそ親のエゴだね
なんの因果 コウノトリの気まぐれ
父と母とのトリオ
近くて遠い故郷との距離は
未来のこの子との距離 
トリガーになるならまだ遅くはない
ねじ曲がっていても姑息じゃない
孫居るなら次第に和むかも
過去から未来に繋ぐバトン
-----------------------------------------------------------------------------------------------------


もうこの通り、これ以上言うことない、という感じではありますが、自分は2015年6月19日に34歳になる年に長男、2016年9月20日の35歳になる年に次男が産まれました。



結婚はまだしも、やはり子供ができるということはこれまでの人生の中でも最大のイベントというか、まさに人生のターニングポイントだと思います。



親に育てられて、成人して自分で生きているような気になって、結婚して一人の人生ではなくなって、それが、更に子供が産まれて少なくとも3人の人生を背負うようになって、



ある意味では自己実現だけを目標にした人生のタームはとっくに終わっていると感じています。



何とか子供を育てて、金を稼いで、しっかり生き延びて、いつか子供と居酒屋でもいけるように…


子供が独り立ちする大学卒業?するくらいまでのあと20数年…


今年36歳だから50代後半まで気が遠くなるなー笑


やっていけんのかいな笑




そんな思いで四苦八苦している日々ですが、やはり10代や20代の独り身の頃とは確実に違っていて、


行きたい場所に毎週末いけるわけではないし、時間の制約、お金の制約は増す一方。



金を稼いで、家族のためにすべての時間を費やすべき、というところが当たり前の中で、



これからどうやっていけるか?


まさに日々の自問自答を経て、HARVESTで刈り取って、草莽の人で根性見せて、


さてこれからどうしていくか



日々考えているところであります。



何を目指して、何になりたくて、そのために今何をするのか。



最近は、インプットの時期で、色んなHIPHOPを聴きながら、地に足つけて模索をしている時期です。



また動き出すと思いますが、まずはこの曲を、このアルバムを聴いてください!!!!



今MV制作を引き続き進めておりますが、もし、何等か一緒にお仕事させていただける方がいらっしゃいましたら、是非ともdeji1008@yahoo.co.jp までご連絡ください!!!




※まだMV1本しか出せてませんが、最近昼の仕事がバタバタで動きが遅いですが、まだこれから企画してます。2年とか3年かけて作ったアルバムだから出して数カ月でプロモーションが終わるとは思っていません。

長い期間かけてジックリプロモーション!!!


がんばります!



DEJI 「草莽の人」
2017.2.22, Release


[TOWER RECORDS]
http://tower.jp/item/4424224/草莽の人

[WENOD RECORDS]
http://www.wenod.com/?pid=111403471

[diskunion]
http://diskunion.net/clubh/ct/detail/1007283928

[CASTLE RECORDS]
http://www.castle-records.net/products/detail.php?product_id=7753

[2Dcolvics]
http://blog.livedoor.jp/colvics/archives/52252943.html

[AMAZON]
https://www.amazon.co.jp/%E8%8D%89%E8%8E%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA-DEJI/dp/B01MQYEWSN/ref=ntt_mus_dp_dpt_1

d82d5edc.jpg
12dfeda4.jpg  
Posted by kalliostro at 11:57Comments(0)

2017年07月13日

短パン

0afb07c7.jpg
27ec3d7a.jpg
未来ある若者が、いつの日かクールビズの中に「短パン可」という新たなスタンダードを生み出してくれることを信じている。

サンダルも是非検討いただきたい。
  
Posted by kalliostro at 22:20Comments(0)TrackBack(0)

2017年07月11日

ごっつぁんゴール

当然ながら、佐賀県職員の友人のおかげであり、タナボタごっつぁんゴール的な偶然の産物だと理解してますが、佐賀の友達がわざわざSunset Liveに来てくれると連絡くれて嬉しい。

遠方の友達に見てもらえるのは何より嬉しいことであります。


  
Posted by kalliostro at 21:18Comments(0)TrackBack(0)

2017年07月09日

db95fbeb.jpg
a272b8a7.jpg
交わるも交わらないも一期一会の縁。

職場の縁、男女の縁、HIPHOPの縁…同じタイミングで双方望むからこその縁。

偶然の産物だけど、「袖振り合うも他生の縁」。

「望む縁に熱を上げる」
「無理せず流れに身を任せる」

どちらにも一興。

7.22土、GIANT@渋谷FAMILYの縁に感謝!
  
Posted by kalliostro at 11:18Comments(0)TrackBack(0)

2017年07月08日

夏は

2c7f0de9.jpg
0456691e.jpg
夏は中本。最高
  
Posted by kalliostro at 11:50Comments(0)TrackBack(0)