2017年08月13日

【DEJI】【草莽の人】【全曲紹介】09 BASEBALL ANTHEM

2017.2.22発売の6thアルバム「草莽の人」



全曲解説の9回目は9曲目 BASEBALL ANTHEM



この曲のプロデュースは稀代のMPC奏者hokutoくん




今更俺が紹介するまでもないですが、



百聞は一見に如かず



hokuto - Cheep Sunday feat. 唾奇


hokuto - Cheep Sunday feat. 唾奇(PitchOddMansion) (Official Music Video)

Directed by Shintarou Kunieda

Produced by hokuto
Rap & Liryc by 唾奇(PitchOddMansion)

---------------------------------------------——
2016.12.14 Release
1st Album hokuto - AMATEUR RHYTHM [CD]

タワーレコード
http://bit.ly/2iZxtIM
ディスクユニオン
http://bit.ly/2hMTYTA
Amazon
http://amzn.to/2j3jbLr
WENOD[CD+T-SHIRTS SET]
http://bit.ly/2ixV9oH
ZAKAI
http://bit.ly/2j3jXYC

2017.02.28 Limited Release
1st Album hokuto - AMATEUR RHYTHM [ANALOG LP]

ディスクユニオン
http://bit.ly/2iDJHe4

---------------------------------------------——

hokuto - AMATEUR RHYTHM
TRACK LIST

01. Introduction
02. IZM feat. RHYME&B(DINARY DELTA FORCE)
03. 再生 feat. WATT a.k.a. ヨッテルブッテル
04. 10000 POUND feat. テークエム, HANG, CHICO CARLITO
05. Beautiful Sunshine feat. peko
06. F.L.Y feat. MUD(KANDYTOWN)
07. AM3:00 -interlude-
08. Cheep Sunday feat. 唾奇(PitchOddMansion)
09. Change My Life feat. サイプレス上野
10. Watching You feat. SNEEEZE(NINJA MOB)
11. You Don`t Know My Love feat. NIHA-C & ist
12. Dreamin' of you(Album Version) feat. SONOMI, haiiro de rossi
13. Show Is Over...-outro-
14. 再生 Remix feat.WATT a.k.a. ヨッテルブッテル, BASI

Artwork by HATCH
Scratch by DJ SION

1991産トラックメーカー/MPC Player、hokutoの豪華客演陣を招いた待望の1stフルアルバムが完成!
KIKUMARU(KANDYTOWN)、KEN THE 390、NIHA-Cなどなど数々のアーティストへのトラック提供、リミックス、アナログシングルリリースに加え、最近では罵倒、戦極などのMC BATTLEでビートをMPCで担当し、そのビートの魅力に取り憑かれるリスナーが増殖中のトラックメイカー/MPC Player、hokutoのデビューアルバム「AMATEUR RHYTHM」が遂に完成!!自身が敬愛するベテランから若手まで多彩なアーティストが参加している今作。MPCオンリーで制作された温かみのあるサウンドはソウルフルでドラマティック(時にアグレッシヴ)。また、ヒップホップマナーに則りながらもキャッチーさも兼ね備え、更にはロック、ジャズなど幅広いGOOD MUSICが込められている。2016年のラストに放つ必殺仕事人(プロデューサー)のアルバムだ。

---------------------------------------------——

hokuto Contact
hokuto184b@gmail.com

hokuto Twitter
https://twitter.com/hokuto184

hokuto SoundCloud
https://soundcloud.com/hokuto184

唾奇 Twitter
https://twitter.com/tubaki_0804

Shintarou Kunieda Twitter
https://twitter.com/ShintaroKunieda

-------------------------------------------------


hokutoくんのアルバムのインフォメーションをyoutubeから転載しましたが、


いやー、この曲素晴らしい


色々曲聴くけど、日本語のラップで久々のヒット


嫁と共に「この曲何?誰?いいね!」と言ってました。


hokutoくんの固いドラムと心地よい上ネタのシンクロ率は言わずもがな


この唾奇さんというMCの方のラップもまた素晴らしい


よく名前見る人だなーと思ってたけど、この曲聴いて世の中が騒ぐ理由がわかりました。


ラップというのは間というかセンスというか、その人間そのものというか、
色んな要素が絡み合って、数値化できない、理屈抜きのカッコよさがあるかどうか、
という点に集約されると思いますが、スターと言われる一線級のラッパーの人たちは
皆そういうものを持っていて、ヨー!の発声からイントロの煽りから、
MVでの立ち居振る舞いから、全てにおいてかっこいいか?というその一点に尽きると思いますが、
この人はそういうものを持っている人ですね。


素晴らしい



hokutoくんは上の紹介にもある通り、



「MPCオンリーで制作された温かみのあるサウンドはソウルフルでドラマティック(時にアグレッシヴ)。また、ヒップホップマナーに則りながらもキャッチーさも兼ね備え、更にはロック、ジャズなど幅広いGOOD MUSICが込められている」



まさにその通りの実力派ですが、更に特筆すべきは、その行動力というか、



音を作る人というのは、どちらかというとこもりがちな職人気質な人も居ると思うんですが、



バトルのビート制作で自分のビートを売り込んだり、何よりこんな沢山の人が参加しているアルバムを作っているのは本当にすごい



過去にも沢山音源作られているの知っているし、活躍するべくして活躍されている方というか、



絶対に勝ちあがる!という思いが行動から感じられる人だと思います。



hokuto君のみならず、KO-ney君とかSTUTS君とかMPC奏者の方は沢山いらっしゃいますが、



皆さん音楽が大好きでたまらない感じが伝わってくるというか、この日本のHIPHOPシーンの中でも類まれなる存在感ですね。




忙しい中でこのアルバムに参加してくれて本当にありがとう!!!!



今後もっともっと有名でビッグなプロデューサーになられると思いますが、このタイミングでお仕事できて本当によかったです!!!!



自分と曲を作ってもらうのはコレが初めてではなくて、孔雀での活躍を知ってから、



菊丸&DEJIのアルバム「CONTRAST」のこの曲でお世話になりました。



菊丸&DEJI - CROSSOVER


この曲はアルバムの勢いをつける切り込み隊長的な曲で、
hokutoくんのセンスとパワーに菊丸といい感じで乗れたと思います!
ありがとう!!!!



さて、この曲ですが、まさに文字通り野球の曲で、このアルバムの中でも思い入れが強い曲です。



何らかの形で映像化したいと思ってます。



自分でやるか誰かに頼むか、時間はかかるかもしれないけど、熱闘甲子園とかで使ってくれないかね~



是非とも野球に縁のある人には聴いてほしい曲です!!!!



小学校から高校1年までやっていた野球



しかし、私はどちらかというと、スター選手だったわけではなく、



俊足だけが取り柄の地味な選手でした。
打力がなかった。



中学の軟式野球のときはキャプテンでレギュラーでしたが、高校で一変。



高校では進学校の弱い野球部で補欠もいいところで、重度のイップスで1年生で辞めてしまいました。
硬球になって、自慢の内野守備もついていけなくて、ボールがまともに投げれなくなってね~。



足だけは速くて50m走る5.9秒だった気がします。
一冬超えたときは、競輪選手みたいな巨大な太腿になっていた気がします。



帰宅部になってからは、部員の皆がまぶしかったし、野球を辞める夢をよく見たし、
中学の同級生が甲子園出ている姿をテレビで見ているときは、うらやましい思いでいっぱいでした。




センスもないし、実力もないし、でも練習だけは人一倍やっていたような気がします。



土日をつぶして練習試合に行っても、一切試合に出ることもなく、バット引きやったり、塁審やったり、準備と片付けだけやって、何一つ汚れていないユニフォーム…



存在価値ないな~、とか思ってね。。。



いやー、あれは辛かったな~



全てが懐かしい。



高校1年生で野球をやめて、ストリートカルチャーを佐賀の友達に教えてもらう前までは本当に野球1色の青春時代でした。



この曲の構成は、そんな自分の挫折まみれな野球人生が色濃く反映されており、



以下のような構成となっております。



1バース目はスタンドで応援する控え選手の目線

2バース目はそんな控え選手が大人になってプロ野球をスタンドを見ている目線

3バース目は諸々ひっくるめて野球っていいね!という目線

------------------------------------------------------
■09 BASEBALL ANTHEM
------------------------------------------------------
【hook】
打つ 走る 投げる
夢 希望 挫折
全て飲み込んだグランド
ベースボールアンセム
ゲームセットで安堵
初志貫徹

スタンドから声張りあげた夏
遠い背番号 も慣れたはず?
いや違う次のステージで勝つ
今は与えられた役割でやる
汚れひとつないユニフォーム
球児の心は純白かな ビューティホー?
いや違う 時には自我押し殺す
思春期 複雑なお年頃
最初の夢はプロ野球
お山の大将 クソガキが言う
だがすげぇやつ多数
他にも輝く道はあるはず
素振りダコ 分厚いてのひら
己磨こう しっかり目を開く
悲しい 顔はやめて笑顔
魂 こめろ 声出すメガホン

ビール片手に立つスタンド
あの頃とは違う景色 何度
見ても眩しい カクテル光線
これこそ ピラミッドの頂点
超人オリンピック の様相
何万分の1 誇る才能
150kmかます快投
レーザービーム 走者刺すライト
何て凄い世界だ 振り子打法はみんなで真似した
売り子ねーちゃんチラ見 ビールおかわり
スラッガー 特大 ホームランおかわり
次の人生で あそこにたとう
遠い目しながら お釣りを待とう
ポテト唐揚げも 準備完了
ピッチャー振りかぶっていざ完投

不可思議なユニフォームまとい
イガグリ坊主 原始的遊び
絶妙な距離の塁間
無理か?いけるか?スクイズか?
一瞬の緊張感 つばぜり合い
居合切りのバッターはサムライ
クリーンヒットの感触はサグライフ
よりいいな 例えようないくらい
一大産業 まじですげー
野球好き好き SSK
スライディングパンツは ケツ毛すげー
入部希望者受付行け
この文化の虜 劇的な結末多数
地上の奇跡
スポーツレペゼン だが独特
子供にプレゼント 革のグローブ
------------------------------------------------------



「野球好き好きSSK」っていうCM、今の若い人わかるかな~



甲子園に出て、花形で活躍している選手もいっぱいいる中で、


地方予選で速攻で負ける学校、その中でも2年半やって、試合に出れないどころかベンチにも入れない選手


それでも年がら年中休み無しで暑い夏も寒い冬もひたすら練習だらけで、


丸坊主で、汗臭い部室で、理不尽な先輩のいびりとかあったり、


イケてる高校生活とは真逆の修行僧生活


それが高校野球



でも今でも野球大好きです。去年少しだけやったけど、またやりたいな~



そんな順風満帆ではない挫折を経てきた数多い大人や、今野球やっている人に聴いてほしい曲です!!!



どうやって届けるかな~。何とかこの曲ヒットさせたいな~



手前みそながら、本当にいい曲、いいアルバムに仕上がっているので、
是非とも聴いてください!!!



さて、まだまだプロモーションは続きます!




DEJI 「草莽の人」
2017.2.22, Release


[TOWER RECORDS]
http://tower.jp/item/4424224/草莽の人

[WENOD RECORDS]
http://www.wenod.com/?pid=111403471

[diskunion]
http://diskunion.net/clubh/ct/detail/1007283928

[CASTLE RECORDS]
http://www.castle-records.net/products/detail.php?product_id=7753

[2Dcolvics]
http://blog.livedoor.jp/colvics/archives/52252943.html

[AMAZON]
https://www.amazon.co.jp/%E8%8D%89%E8%8E%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA-DEJI/dp/B01MQYEWSN/ref=ntt_mus_dp_dpt_1


12dfeda4.jpgd82d5edc.jpg


Posted by kalliostro at 00:04│Comments(0)