2017年07月19日

手のカイカイのこと

teatree03
主婦湿疹っていうのだろうか。名前だけはよく聞くけれど、私が?。あまり勤勉な主婦ではないし、洗い物も洗剤はあまり使わないのに。手の主に甲、指の横当たりに小さなぷつぷつができる。放置しておいたけど、それが結構痒くなって来た。

ちょっとこれに似たものに記憶が蘇る。もう40年近く前、初めて外国に行ったときのことだ。ギリシャだった。日本にはまだ存在すらしていなかった(少なくとも庶民の私には)オリーブオイルというものをふんだんに使うギリシャ料理。着いて数日で早速油負け。

オイル抜きで、と頼んでもことばが通じないのか、オリーブ油は必須なのか、どちゃどちゃかかってくる。あれよあれよという間に手の甲に水泡がたくさんできた。きっと油が合わないんだろうと思っていたけど、あれは別に痒くは無かった、ような記憶。

放っておいたら治ってしまったが、慣れてきたのかも知れない。あれとは違うのかな、このぷつぷつは?見た目はそっくり。けれど、痒い。それにあれはぷつぷつの中央が硬くなってやがて消えたが、このぶつぶつは全体が硬くなる。

調べてみたらやっぱり主婦湿疹らしかった。皮膚かに行けというアドバイスの他に、乾燥が原因ではないかと言われている、水仕事の後、必ずハンドクリームを塗るように、というアドバイスがあったので、そうしていたら数日で治った。

よしよし、と思って過ごしている内に、また同じようなものができた。すぐ治ると油断していたら、その水泡が弾けて硬くなる。皮がむけるような、むきたいような、ちょっとした瘡蓋みたいな感じになって、今度は痛い。あかぎれのように、ところどころ割れて来ているみたいだ。

デリケートな繊維を扱うと、ピリッと糸が攣(つ)れてしまう。縫い物もしにくいし、水仕事にも少々痛い。気休めにボディローションを塗ってみていたが、一向に浸透して行く感じがない。なんたって指の腹も横もガサガサだもの。

そこで、今さら効くだろうか?と思いつつティートリー・クリームを塗る。ラベンダーとティートリーが入っているので殺菌力と鎮静作用はばっちり。潤い分もコクがあってしっかりしている。

なまじなハンドクリームより保湿成分は強そう。けれど油のべとつきは感じなくて、塗ってすぐに作業しても気にならないところはハンドクリームよりいいかも知れない。

1週間近くかかったかな?やっと治って来た。痛みは数日でとれた、ということは傷は割とすぐ塞がったってことだ。ラベンダーとティートリーのコンビということは、キッチンでのちょこまかした火傷の応急処置にも最適。

私は火傷のとき、咄嗟にラベンダーの精油を塗り、ひと仕事終わったら馬油を塗って対処している。ひどく大きく無い限りそれで充分なのだけど、このクリームは精油成分としっかりした油分が両立しているから、きっともっといいね。

手荒れだけじゃなく、お肌の荒れや、ニキビ、大人の吹き出物にも効きます。ティートリーだもの。この季節、汗をかいた前髪が当たったのか、おでこに吹き出物ができちゃった。それにも良し。

私の好きなFreshという会社のもの。地味だけど実力派。ネットショップからお求めください〜。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
livedoor プロフィール