2016年06月20日

2016年06月20日

もうひとつの梅雨時ヒーロー

bianco.jpg

この性能の良さと言ったら梅雨時に限ったことじゃないんだけど。
雨が降って洗濯物を室内に干さざるを得ない時には、その効果を特にアリガタイ!と思う。液体酸素系漂白剤、ビアンコプーロです。

この会社のネーミングセンスはなかなかで、ダイレクト。他にも「洗濯」とか「洗濯機」とか「純黒」とか。「ビアンコプーロ」は「純白」という意味です。しかしながら色柄ものにも使えるし、ウールやデリケート素材にも使えるところがすごい。

かつてはウールマークを搭載していたんだけれど、あれって一本当たりで使用料を払わなくてはならないらしくコスト削減に伴って外してしまった。けれど、性能に変わりはなし。生地もふんわり柔らかく仕上がる。蛍光増白剤は入っていません。

この時期、洗濯物の乾きが悪い、つまり時間がかかってしまうと菌が繁殖しやすい。嫌な香りがしたら、そのせいです。で、洗い直したりするけど、それってすごくもったいない。水、時間、手間、おまけに生地は水をくぐる度に傷むのだし。

で、除菌効果の高い「ビアンコプーロ」の出番というわけ。いつもの洗剤で良いので、これを更にキャップに半量から1杯追加してみて欲しい。すっきり白さも増して、色柄ものも影響は無し。シトロネラという、よく虫よけスプレーに使われる香りが配合されているために、酸素系特有の酸っぱいような匂いが気にならない。

もし、洗濯液をとっておく一手間をかけるなら、その水でトイレの床などを拭き上げるとすっきりさっぱり清潔に仕上がる。かつての店舗では、いつも着物をお召しなので、この製品は掃除専用にお使いになる方もいたのです。

酸素系漂白剤の良さは、蒸発と同時に刺激がなくなること。落ちたものをすかさず食べる(?)食いしん坊なペットやハイハイする赤ちゃんのいるお家のリビングや階段などの拭き掃除にも良いと思います。

染み抜きには部分的に原液をつけて擦る、洗面器やたらいに、少し濃度を上げた洗濯液にプラスしてしばらく漬けておく、などですっきり落ちます。絶対落ちない!染色材料にもなっちゃうんだから!と思っていた(一週間以上放置してしまった)紅茶の広範囲なシミや赤ワインのシミにも効果がありました。

現役のプロのクリーニング屋さんからの定期的なご発注も受けています。プロの方が使って下さっているというのはちょっと自信になる。ただし、酸素系なので金属のボタンや飾りは色を曇らせてしまうのでご注意。(ボタンをアルミ箔で包んで洗うクリーニング屋さんもあり)

※1ℓボトル入り、1300円(税抜き)。イタリア製。
ネットショップからどうぞ!
 

記事検索
livedoor プロフィール