2017年11月17日

2017年11月17日

やっぱりこんな仕事がしたい。

brush1












茅ヶ崎に2003年に開いた店は、かつての人間関係上選ばれたアイテムで構成されたショップだった。その名残で製造や輸入を続けた製品が今でも残っているのだが,その関係も終焉して既に15年も経つ。実店舗を閉じてネットショップだけにして既に2年。

今の自分らしい構成にしようと思って、取り扱う品物を見直している。それ即ち日々の暮らし方を見直すことになるのが私らしいところだ。気に入っていなければ売る気になれない。今は気に入り純度80%と言う辺りだが、半年以内には100%に持って行きたいと思っている。

で、素晴らしいなぁと思うんです、このメーカーさん。おたくではどんなヘアブラシをお使いでしょうか?100円ショップにさえ様々な種類のものが売っている今日。特に気にしない人も多いのだろうけれど。たかがヘアブラシ、されどヘアブラシ。

私は持ち物の素材や性能、デザインが気になる方でずっと木製のヘアブラシを愛好。様々なものを使って来た。このブラシに辿り着くまでの最後に使ったのは、茅ヶ崎駅ビルに入っていた某せっけんメーカーの直営店のオリジナル。

クッションも良かったしデザインも良かった。手に持ったサイズも手頃。それでも長い間には当然の劣化が進む。ブラシのピンがゴムの台座にめり込んで、出て来なくなってしまった。そうなると本数がまばらになる一方。

さて買い替えなくては、と思って見つけたのがこれだった。以前のものと違うところはピン先が丸いところ。以前のものも尖ってはいなかったが、更に地肌を傷つける恐れが減った上に、なんなら顔のマッサージにも使える。

顔には無数のツボがあって、押すだけで気持ちの良いところがあるから、そっと押すだけ。目の脇を押すと目の疲れなどにも良いらしい。ブラシの柄部分の尖端で足裏を押すとかの案内まであって微笑ましい、我が家でも愛用の竹ピンのヘアブラシ。

すごいなぁと思うのは、ピンが無くなったら無料で送ってくれること。有料だけど台座交換もしてくれる。自分の作ったもの、販売したものの面倒を後々まで見ることは私にとっても理想だ。けれど、そこそこの金額の家電でさえ、昨今は修理代の方が高い。

今でも使っているダイソンの掃除機は、壊れて修理を依頼したら「ユーザーに限り、今なら最新式を格安で買えます」と言われてしまった。(で、購入した。)それも壊れたのだが、そのようなメーカーには既に期待はできなかった。

家電の部品保存機関は(物によって違うが)12年。結構あっという間である。昔のものと違って複雑な機能が付いているせいか、我が家の電機好きの息子にも治せないものがある。それがヘアブラシのメーカーでこんな誠実な会社があるなんて。

愛着って勝手に生まれるものもあるんだけど、育てることもできるのね。こんな仕事がしたいものだ、と可能不可能は置いて考える。ネットショップ中の「木村家のおすそ分け」で買えます。
大きい方で3,300円と決して高くない。お勧めします。

記事検索
livedoor プロフィール

kalo_sapo_owner