会計士がNPO法人をつくってみたら

特定非営利活動法人Platform for Accountant副代表・kamがNPO運営にあたって感じたことをつらつらと書きます。

ホームページ無料作成ツール「WiX」がすごい

昨晩思い立って、というかなんだかやる気に満ちあふれてきたので頑張ってPFAのホームページをリニューアルしてみました。
http://www.platform-for-accountant.com/

このサイト、WiXというホームページ無料作成ツールで作成しているのですが、手前味噌ながらなかなかのできあがりだと思っています。
(一応独自ドメイン取得のために有料プランにはしていますが、デザイン面では課金なしです。)
僕は多少はHTMLの知識もありますが、ここまでのデザインを0からHTMLコードを打ち込むなんて到底無理です。
かといってかつてのホームページビルダーとかじゃここまでのデザインの自由度もないですし・・・(今どうなっているのかは知りませんが)

個人的にはまだ細かい部分で気になっているところはありますが、大枠としては初心者にしてここまで作れて結構満足してます。

お金のないNPOにとって会計ソフトもホームページ作成も簡単かつほぼ無料でできてしまう世の中、便利になりましたね。

銀行口座開設

恥ずかしながら法人設立4ヶ月目にして、先日やっと銀行口座の開設が決まりました。
近日中に開設の手続を済ましたいと思います。

もちろんもっと前から口座開設の準備はしていたものの、最近では法人口座の開設には銀行も慎重になっていて、審査が厳しくなっているようです。
詐欺や不正利用が近年多くなってきていることによるものと考えられます。

はじめは何の考えもなしにメガバンクがいいだろうということで、みずほ銀行に行きましたがあえなく玉砕。
続いて新生銀行にも行ってみましたが結果は同じ。

ここまでは特に何も考えてなかったんですね。
「口座開設の審査に落ちるってどういうこと・・・?」
とここでやっと考えはじめて、少し調べてみると、どうやら法人としての活動実態というものが重視されているのではないか、との仮説に至りました。

そこで、しばらく法人としての活動実態を示すための資料作り等に専念し、ホームページも突貫工事。
先日、今度はりそな銀行にて申請してみたところ、無事開設準備が整った旨の連絡を頂いたわけです。

最初に申請した2行の審査が特別厳しいわけではないとも思うので、おそらく同様に資料揃えていけば開設してもらえるのではないかなぁ、と思いつつも、当面は緊急の必要性もないし、第一口座の開設にお力添えをしてくれたりそな銀行さんとしばらくはお付き合いしていこうと現状思っています。


それにしても、活動実態を作るには銀行口座って普通必要だし、NPOとして一応東京都の認証も受けているのだからそれだけでもいいような気はするのですが・・・

思わぬところでつまずいてしまいましたが、無事法人としての取引が可能になって一安心です。


(追記)
前回ご紹介したfreeeのCFO(株)さんのブログでたまたまこんな記事を見つけたのでご紹介いたします。
クラウド時代の法人口座の選び方! 〜Part2〜 法人口座がつくれない??

第1回定期社員総会

今週のはじめに第1回定期社員総会を開催致しました。

まだ設立から3ヶ月ですが、弊法人は6月決算のため、第1事業年度を3ヶ月で終了。
今回の社員総会は設立時から法人の活動にご賛同頂いている社員の方々に改めて法人の目的等をご説明する場となり、こぢんまりとした総会ではありましたが、形式的な議決に終わらず、今後の活動の展開等についてディスカッションする良い機会にもなりました。

ちなみに、(まだ設立3ヶ月でそれほど複雑な取引をしていないというのが大きいですが)やはり職業柄、決算作業はいたってスムースに終えられました。
今回、会計ソフトは話題のfreeeを使用しました。
無料で会計ソフトが使えるなんて良い時代ですね。

操作も直感的でヘルプ等参照せずとも普通の経理処理は簡単にできますし、勘定科目も自由に追加できるので、NPO法人特有の勘定科目に関しても簡単に対応できます。
当然、株式会社を前提に作られているので出力帳票をそのまま使える、とまではいきませんが(*)、csv形式の出力が可能なのでNPO法人財務諸表への組替えも普通にExcelができれば簡単にできます。
(*) 内部管理目的であれば十分そのまま使えます。

NPO専用の会計ソフト等もいくつかありますが、事業規模がそこまで大きくなければfreeeで十分対応可能なんじゃないかなと思います。

NPO会計関係者のみなさまにもおすすめです。
プロフィール

kam_pfa

アーカイブ
  • ライブドアブログ