気ままに綴る(ゴミ箱外伝)

image


最近、ウチの隣の空きテナントだった場所に、買取屋さんが入居、開業いたしました(只今シャッター降ろして開業準備中)。

お久しぶりの隣人様、長く良いお付き合いが出来る事を願っております。

image


ん?

image


蓋しかない。本体がない。最近までちゃんとあったのに、、、、。

隣人様も、被害に遭われたようです。

物騒な雰囲気が、匂いがしてまいりましたので、とりあえず当ビル周辺のパトロールを強化していきたいと思います。

何かあったら、すぐに警察に電話をしようと思います。

気ままに綴る(小ネタの神様降臨)

image


半年程前、この写真をたまたま撮影したのは、小ネタの神様の指示だったんじゃないかと思えて仕方がない。

前回の続き。

台風のどさくさに紛れ、写真のゴミ箱が無くなってしまった。

暴風にさらわれたのか、盗難にあったのかは謎だが、無くなったゴミ箱は蓋のサイズが合ってないのと、底に穴が空いてしまっているので、ハッキリ言って使い物にならない。

image


もし、誰かが持ち去ったのであれば、どんな使い方をしているのか是非知りたい。


image


代替のゴミ箱はあるのだか、また無くなってしまう恐れがあるので、今はゴミ出しをしない時はこんな感じ。

そして今日、、、

image


蓋が帰ってきてた(笑)


以上ですw


気ままに綴る(悔嬉しい)

image


悔しくて、嬉しい。だから悔嬉しい。

パートさんが営業前の外回り清掃をしている時に気付いたのだが、台風のどさくさに紛れて、写真のゴミ箱が無くなってしまった。

この写真は、以前にゴミ箱の置き場所をここに変えた時に撮ったのが残っていた。

普通に考えたら、台風レベルの暴風雨の中にあってもこの場所に鎮座しているハズなんだけどなぁ。結構な強い力で引き摺り出さない限りは無くならないハズなんだけどなぁ。

不思議だなぁ。

そういえば以前、汚れたゴミ箱を店内で洗って、外で乾かそうと店先に置いて、ちょっと用事を思い出して店内に戻り、30秒位してからまた外に戻ってみたら、ゴミ箱が跡形も無く消え去ってしまっていたという出来事があったのを思い出した。

ゴミ箱って、世の中を巡り巡り、廻り廻るモノなんだね、きっと。

image


とりあえず代替え品を。

image


芸術的な書体で一言添えて、、、。

image


ついでに他のゴミ箱も。真ん中の「はちのあしは」の文字が、俺の心の中を映してくれてる(笑)。俺もまだまだ若いねぇ(笑)。


無くなってしまったゴミ箱、底には穴が空いてしまっていたので水物は入れられないし、蓋は前にどっかに飛んでいってしまったので、適当に見つけて来たサイズの違うモノをゴミ箱の上に置いていただけなんで、殆ど使い物にならないんだよね。ウチでも、再生ペットボトル入れ専用に使っていた位だから。

これを拾って持ち帰った人がいたりしたら、一体どんな使い方するんだろうなぁ(笑)。

悔嬉しいねぇ〜。

あ、明日火曜日は祝日の都合で休業です。
宜しくお願い致します。



気ままに綴る(他店の宣伝)

image


丸和の大将が療養から復活したようで、そして更に間も無く創業10周年を迎えるという事で、お祝いの品を渡しに名古屋まで行って来ました。


10周年おめでとうございます。


と言いたいのだが、丸和の大将との10年間を思い出してみたりすると、色々とあり過ぎて、悪い方面の思い出ばかりが蘇ってきて(笑)、素直におめでとうと言は言えない。

数々の武勇伝を持った、そして数々の迷惑行為(鉢ノ葦葉に焼酎のボトルキープを押し付けるとか)をしてきた伝説の男だからねぇ(笑)。

10年間無事生きてこられて良かったね。

つけ麺 丸和10周年イベントの告知、こちらをクリック


自分もこの春に創業10周年を迎えてますが、10周年などというのは「ただの一区切り」なだけであって、10周年を境に物事が劇的に変化する訳ではなく、何か大袈裟な称号が付与される訳でもなく、とりあえず祭り事の様にワッと盛り上がり、その後はいつもと変わらぬ日々を過ごすだけ。

だと思う。

image


image


image


丸和の倉庫にあった産地の違うきたほなみ2種類と、春よこいを少し貰ってきました。グルテンの含有量を聞き、完成品をイメージし、ブレンド比率を考えて、その場でブレンドして貰ってきました。

上の写真にある中力粉に分類されるきたほなみ2つは、産地が違うのは勿論なんだけど、成分表に出てくる数値までもが大きく違う。

北の大地、北海道は非常に広大で、その東西両端は東京と大阪間程の距離がある。

「北海道産の食材を使っていると」という謳い文句ではなく、北海道をもう少し分割して、地域や都市までに踏み込んだ食材の選別、産地アピールをすると、より良い結果が得られるような気がする。

image


その後、ビジネスパートナーでもあり、鉢ノ葦葉の常連でもあり、友人でもある人と今後の店の展開について打ち合わせ、というか、俺が1人で熱く語り続けていただけだけど(笑)。

モチベーションが上がって上がって仕方ない今日この頃。

芋は完。そして次回予告。ポエム付。

image


急な告知でしたがなんとか完売出来ました。ご来店下さった方々、本当にありがとうございます。



「得体の知れない手応えの無さ」を感じたのは気のせいだろうか?

美味しいのは勿論、細部にも一手間加えたりして、作った自分は結構な手応えがあったんだけれどなぁ。食べた皆さんも、好き嫌いは別として、良い感じだったと思うのだけれど、、、。

なんか、芋らーめんを作った自分と芋らーめんを食べたお客さんとに、得体の知れない溝のようなものが存在したというか、、、。


芋という食材が地味だからなのか?


これが、北の大地で育った幻のとうきびだったらどうだった?

これが、南国の日差しをたっぷり浴びて育った希少価値の高いナニガシだったらどうだった?

そんな事を考えてしまうねぇ。



活字と写真、そして溢れんばかりの情報で皆の食欲を、購買欲を刺激して、、、。

それで良いのか今日この頃。

名も無き芋よ、お前は今日一日をどんな思いで過ごしたんだい?


名も無き芋よ、悲しむ事はない。
名も無き芋よ、泣いてはいけない。
名も無き芋よ、お前にだって収まる場所はある。

芋よ、あ〜芋よ、、、。


image



話は変わりますが、次回の限定、お待たせしました、自家製麺活性化プロジェクトです。

テーマは「ひやあつ」。

芋、芋。名も無き芋。

今度はどんな芋を使おうか、、、。

土曜日のみ限定20食

image


苦手な方もいるかと思います。さつまいもです。冷製ポタージュ仕立てです。

冷製麺 すえちゃん 850円。20食、売り切れ次第終了。

当然ですが、さつまいもなんで、一口目からいきなり甘いです(笑)

image


旬の味を是非。

冷製麺 すえちゃん。ネーミングについては気にしないで下さい。

連休のお知らせ(9月)、冷製らーめん終了

image


9月は25日、26日に連休を頂きます。

なんだかんだで毎月連休を頂いておりますが、鉢ノ葦葉は「毎月第何火曜は休業」という風に、定期的に決まった週に連休を頂く事はないんですね。

連休といっても、大抵どちらかの日は仕事で予定を埋めてしまうし、その仕事が食材の視察なんかで、先方の都合なんかもあったりするので、決まった週に連休を取るよりも都合が良いものでね。

今月の連休は、関東某所にて、野菜の無農薬無肥料栽培について勉強してきます。長靴履いて、頑張ってきます。

鉢ノ葦葉のらーめんをもっと美味しくするために、皆様に新しい価値を提案出来る様に、今後も色々と勉強していきたいと思います。

だから、もっと休み頂戴(笑)。



冷製らーめんは、明日水曜日で販売終了です。醤油味でフィナーレです。20食程、売り切れ次第終了です。



次回の限定麺、自家製麺活性化プロジェクトは月末あたりになりそうです。こちらは随時報告していきます。

以上。宜しくお願い致します。

image


今日もグラス?ジョッキ?飲み。500mlが全部入るヤツ。

コレ、高かったんだよねぇ〜。

気ままに綴る(美学)

image


久しぶりに家でビールをグラスに注いで飲んだ。

仕込みに追われ、時間に追われ、その他諸々に追われ続ける毎日を過ごしていると、ビールをグラスに注いで飲むという行為にすら幸せを見出す事が出来てしまう。

道路脇に陰ながら逞しく生きる草花を見て感動を覚えるソレと同じだ。

修行僧みたいだけど、自分はそんなに高貴ではない。

image


8月を思い返すと、散々だった。

普通に生きてるだけなのに、突然、眼鏡が壊れたり。

image


排水が詰まってオーバーフローしたり。

image

image

image

image


子供の自由研究に付き合う羽目になったり。

image


これ見よがしな楽しそうな写真が送られて来たり(笑)。

image


こんな感じでブログを書きながら、ダラダラと2本目のビールをば。

やっぱりビールは缶から直接飲んだ方が良いね。洗い物も減るし、水道代と洗剤のコストも掛らないし。効率良いね(笑)。

インスタ映え、ブログ映えとかそういうのは、どうにも性に合わんね〜。


良く見せよう。良く思われよう。


俺はそういうの嫌いだなぁ。嫌われても良いし、何と思われても良いから、自分の思ったまま、感じたままを言葉にしたり、形に変えたりして表現していきたいなぁ。

image


ウチの畑で採れた新生姜の甘酢漬け。

これで、夏が終わって、夏が恋しくなった時に、夏を思い出せるねェ。

連休のお知らせとその他のお知らせ

image


月曜日、火曜日は連休させて頂きます。


以下、その他のお知らせです。


現在販売中の夏季限定冷製らーめんの販売は、あと1週間位で終了になると思います。

次回の限定麺は、らーめん上級者の皆様お待たせしました「自家製麺活性化プロジェクト」です。今回のテーマは「ひやあつ」です(冷たい麺と熱いスープを合わせる)。

9月中旬から10日間位、毎日数量限定で販売する予定です。

夏季限定の冷製らーめんは間口の広い、誰が食べても楽しめるようなモノにまとめましたが、次回の「ひやあつ」は、右脳フル回転、感性、センス、遊び心、フェイント。葦葉の味というよりは、店主の堀ワールド満載な一杯に仕上げたいと思います。

自由にやらせて下さい。

販売開始前にまた告知します。

image


この週末は、ブログで必死こいて宣伝したせいか、追加のワンタントッピングの注文を多く頂きました。激励のお言葉も沢山頂き、ありがとうございました。

お礼に、皆様ひとりひとりの乳首をポチッとプッシュしたかった、、、、じゃなくて、皆様ひとりひとりにお礼の言葉を差し上げたかったのですが、バタバタしていたものですから、この場を借りて感謝の言葉。

本当にありがとうございました。

まだまだワンタン研究室は続きますので、応援宜しくお願い致します。

研究室(ワンタンアゲイン)

image

image


完結した筈のワンタンだったのだが、連日仕込んで、連日茹でて、連日トッピングして、連日賄っていると色々と問題や改正点が浮かび上がってくる訳で、、、。

だから、ワンタン研究室の扉を再び開ける事となってしまった。の巻。

ワンタンの皮を、毎日同じ色、形、味、食感に仕上げるというのは非常に難しい。

ワンタンの皮の厚さは物凄く薄い。加水率や圧延のやり方が物凄くダイレクトに結果に反映されちゃうの。一切の遊びというか、許容範囲のようなモノが無くて、正解はポチッと1つだけ。

色は特に難しくて、ワンタンの皮は生きているものじゃないから、時間の経過と共に酸化や光の影響を受けて色が褪せてしまう。

餡は難しいというか楽しい。具を少し変えてみたりすると、ワンタンの性格が大きく変わる。ちょっとの工夫で色んな表情をだせる。

その辺りの事を踏まえて、レシピを再構築していこうと思う。

あゝ、葦葉のワンタンを食べたい。もっと追加したい。券売機のワンタンボタンをポチッとしたい。ハァハァ。

そんな人を増やしたいです(笑)。

暫く研究いたしますので、日々その仕様に変更があると思いますが、どうかご容赦を。

image


母親が畑で作ったさつまいも。

家に転がってたから拾って店のオーブンで焼き芋にして食べた。

もう夏も終わりだねぇ〜。
Profile
Archives
  • ライブドアブログ