本日完売終了しました

昼の営業で本日分全て完売しました。夜の営業はありません。

連休のお知らせと、、

image


来週の3月27、28日。月、火は連休です。

昨日少しお伝えした4月の10周年イベントですが、特別な食材や製法を使った限定らーめんで盛り上がる、というものではなく、ご来店下さる全てのお客さんを対象としたお気軽なイベントになる予定です。

ディスカウント+アルファだね。

お昼の休憩に来店してくれる人、近所に住んでいて、「近いから」という理由で来店してくれる人、こだわりのらーめんなどあまり興味がない人、そんな人達でも喜んでいただけるようなイベントです。

4月初旬、1日ではなく、1週間位の日程で開催いたします。

今は平日でも売り切れ終了で若干の早仕舞い。土日の夜は営業出来たり出来なかったりでご迷惑をお掛けしております。

少しづつですがお客さんが増えて来たのと、自分の生産性が少し下がったのが理由です。

イベント開催時も仕込みの量はほとんど変わりませんので(増やせて10〜20食)、営業時間を守る事は出来ないと思います。

イベントの告知で皆さんを煽って、煽ってすぐに売り切れ閉店というのもどうかと思いますので、詳しい告知はせず、日付とおおまかな概要だけまた次回お伝えします。

らの道MAX 完売終了

image


沢山の方のご来店、本当にありがとうございました。

そして、らーめん奏さん、9周年おめでとうございます。

さて、来月は鉢ノ葦葉10周年のイベントです。こちらはまた後日お知らせいたします。

本日完売終了。夜営業なし。

本日分の麺とスープは昼の営業で売り切れました。夜の営業はありません。

土曜日夜営業早仕舞いだと思います。日曜は、、

本日土曜日夜営業スープ、麺残り少ないので早仕舞いになると思います。

明日の夜営業も早仕舞い、もしくは昼で売り切れ終了になると思います。

らの道MAX 麺

image


らの道MAX用の麺。

オリジナルブレンドの無双小麦をメインに。

image


キタノカオリの全粒粉。申し訳ないんだけど、これは自分の勉強を兼ねて使う(笑)

image


パスタによく使われる強力粉のデュラム小麦。硬いんだよ、コレ。モチモチしないんだよ、コレ。

奏さんの創業時の麺、今は自家製麺だけど、当時は仕入れた麺を使用していたんだって。で、製麺屋さんにデュラム小麦を使うように指定していたんだって。

image


で、最後はコレ。中力粉。今回はこれを全体の何割入れるかがポイントだね。


明日製麺して、それを試食して、スープのレシピを決める。麺とスープ、そのどちらかを軸としてしっかりと定めてから、その相棒のレシピを決める。麺とスープは一心同体だからね。

スープは鯛煮干しと貝は伝えてあるけど、その他には、名古屋コーチンとブロイラーのガラ、親丸鶏に、鶏むね肉、豚大腿骨、豚肉、昆布を使う予定。麺の試食をしてから、そのめに寄り添うようなスープを考える。


寝る。

らの道MAX 肉

image


春がやって来たねぇ〜。

百姓くずれの我が家では、連日、連日、連日、菜花だ。しかも、胡麻和え一択だ。


さておき、いよいよ来週月曜日に迫った「らの道MAX」ですが、使用するキントア豚が十分な量を確保出来ていないような感じですので、新たな刺客、米沢豚を仕入れました(奏 店主談)。

まずは、イベリコ豚とキントア豚がトッピングされたらーめんから始まり、キントア豚がなくなりましたら、イベリコ豚と米沢豚のトッピングに変わります。

この米沢豚というのがまたらーめん上級者好みの高級品でありまして、価格はイベリコの1.5倍。その味はだな、、、

まだ食べてないから分からん(笑)。

とにかくそういう事になりましたのでよろしくお願いします。

濃厚スープ、まぜそばなどには脇目も振らず、透き通ったジワジワくるスープ一筋10年のワタクシが作る麺とスープもよろしくお願いします。

image


レギュラーで使用している豚肉の生産地が間も無く変わります。

産地変われば質も変わるという事で、肉質変わればカットの仕方も変わるという事で、今迄は比較的筋が固い肉質だったので食べやすいように一口大に切って、3片盛り付けていましたが、新しくは、、、

明日、調理して食べてから決めます。

一人前のグラムは変わりませんのであしからず。


写真、上にある肉が今迄のもの。下のケースの中にあるのが新しい肉。確実に下が美味い。

らの道MAX5 試作とか

image


らの道MAX 開催は来週20日(月祝)11時から。180食売り切れ次第終了です。夜の営業はありません。

らーめん奏さんの創業9周年という事で、創業時のらーめんをブラッシュアップ、バージョンアップさせてリメイクいたします。

らーめん奏さんは9年前の創業時、岩手と小豆島の醤油を使っていたんだって。

今回はそれを踏まえて、更に厳選された最高級の醤油を使います。

image


醤油ダレ完成。

来週の開催日まで寝かせる事でカドが取れ、一体感が出て、色調が落ち着いてきます。

image


魚介だしの試作。

らーめん奏さんは9年前の創業時、らーめん業界では比較的ポピュラーな食材のイワシ煮干し、鰹節、鯖節などを使用せずに、貝柱と鯛の煮干しを使用していたそうです。

奏店主曰く「自分だけのオリジナルな味で勝負がしたかった」。

それが故の貝柱と鯛というヘンテコリンな魚介ダシレシピなんだと思います(笑)。

image


今日はウチのらーめんスープにちょっと手を加えた感じでの試作。

うまい。うまいよ。がしかし、誰が食べても葦葉のらーめん(−_−;)

続く。

日曜日夜営業、臨時休業いたします。

申し訳ありませんが、人手不足の為、12日の夜営業は臨時休業いたします。
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ