鎌刃城公式サイト

このサイトは、鎌刃城の公式サイトです。 現在、作成中です。

米原市榑ヶ畑に車を停めて汗ふき峠を南下し今畑登山口から登りだしました。廃村になった今畑集落跡は屋敷の石垣とともに建物はお寺だけが残っています。山道を1時間登り笹峠に出ますと眺望が開け、地肌と石灰岩の道無き斜面を高さ300mを2時間かけ頂上を目指します。途中の近江展望台からは琵琶湖をはじめ文字通り近江が一望できます。石灰岩に付いた靴の土跡をたどりながら尾根を進みます。以前はササ原だったそうですが石灰岩の歩きにくい道を眺望を楽しみながら頂上に向かいます。
img171



DSC01962DSC01969
         (登山口近くの落合集落)             (今畑からの山道)

DSC01972DSC01984
          (笹峠からの山頂)                 (ガレ場を登る)

DSC01976
      (近江展望台から向山・竜宮山)

霊仙山も含めたトレッキングコースの調査のため霊仙山に登ってきました。梅雨の晴れ間の好天で頂上はさわやかな風もあり快適な登山となりました。数年前にも登りましたが、その時はまだクマザサが石灰岩を覆っていましたが、今はニホンシカの増加による食害により石灰岩がむき出しとなり標高以上の高山を思わせる景色となっていました。山頂は標高1084mであり最高点は1098mの別のピークがあります。ほかにも経塚山や近江展望台などの複数のピークを持つ多賀町と米原市にまたがる山です。多賀町の今畑集落跡登山口から登り、榑ヶ畑集落跡登山口に下りる5時間半の行程でした。
 DSC01994
                      (霊仙山山頂:多賀町)

DSC01988DSC02002
        (霊仙山最高点:多賀町)             (経塚山:米原市)        

DSC01981DSC01967
         (近江展望台:多賀町)               (今畑集落跡)

DSC01952
           (榑ヶ畑集落跡)

鎌刃城の水の手の青龍滝の菜種川の下流には数か所の滝があります。これらの滝を見ながら歩ける小道の復元を行っています。昔はこの道を登り青龍滝や山仕事にと出かけていましたが、近年誰も通る人も無く獣道となっています。滝に沿って登るのですから急な道となりますので、少しでも安全に歩けるように丸太の階段をつけています。
 DSC01948
                       (第2の青龍滝)

DSC01946DSC01949
                  (ロープと階段で滝に沿って登る)

DSC01937

このページのトップヘ