かますい練習日記

釜石市民吹奏楽団は、日々こんな活動しております! っていう報告ブログ。
本家、釜石市民吹奏楽団のHPはコチラ→釜石市民吹奏楽団公式HP
練習日はコチラ→☆かますい練習日☆

2013年07月

7月28日、ホール練習☆

県大会前のホール練習!
夜のホール練習前に、午前中から個人練習&セクション練習で準備♪
低音セクション練習…なんだか光が見えて来ましたね( ´ ▽ ` )ノ
あの方法はここではお披露目しないことにしましょう!笑


基礎合奏では、マーチテンポの息のスピードを意識しました。
同じ長さなのにテンポが違うとあんなにも変わるのか…と。
課題曲と自由曲の切り替えの時も意識しましょう。

基礎合奏の後は指揮者が来るまで、パート練習&セクション練習。
今まで言われたことを共有。

そして迎えたホール練習本番!
指揮者からお褒めの言葉いただきましたー!
…ここで調子に乗っちゃわないようにw
ここで終わりじゃないんです(。・`Д・´)

楽に楽に。落ち着いて。
本番も「吹いたー!終わったーー!酒だーーー!!」にならないように。
また同じことをすぐ出来るくらいの余力。


本番まであと1週間を切りました。
本番にベストコンディションを持っていけるよう、調整お願いします!
風邪ひいちゃダメですよー!
合奏はあと2回。水曜と土曜です。
木曜、金曜も個人&パート練習等々に使えますので、鍵の管理お願いします。


以上、筋肉痛がつらいはるか@Saxでしたー(○´3`○)

7月27日の練習。

今日も色んな警報出てましたね。3日連続ぐらいで雷鳴ってますよね(T_T)
悪天候の中集まったのは40人程。。。
去年のこの時期は、練習場の体感温度50度くらいの勢いでしたが、冷房でしのげるレベルですね。

合奏前にClとSaxのセクション練習。
課題曲を中心に、ピッチとアーティキュレーションを合わせていました。
Euphはパート練習。
ClとSaxのセクション練習の後は、CrnとEuも混ざって自由曲のNから練習。なんだかんだで最終的には17人程度で練習。
昨日練習したことの共有をしました。
みんな今まで、どう吹いて良いかわからないまま吹いていたとのことだったので、今日合わせたことを参加してないメンバーとも共有しましょう。


基礎合奏。
B♭とE♭のスケール、E♭のハーモニー。
音の処理に注意。ぶつ切りにならないように。あとは音程。
個人的に、E♭管吹きとしてE♭が合ってないのは致命的ですね、反省。


本番まであと1週間。気合を入れて、集中して。
課題曲。
Tpの冒頭の音、乱暴にならずまっすぐ。
5小節目からは初めからかっちり合わせるように。
23小節目のメロディ、軽くて良いのですが、25小節目のアタックを忘れないように。この辺がクリアになるほど、オブリガードの跳躍のズレが目立ちます。高く取りすぎないように。
Dの1小節目前の響きはもっと圧がほしいです。
Dは3回目の同じメロディです。しっかり吹きましょう。
Fからのメロディは、音の前に余計な音が入らないように。出だしの音は絶対に広げないこと。下の音もしっかり響かせて、オクターブに向かいましょう。
68小節目までritはないので、指揮をよく見ましょう。
Jの音の長さに注意。抜きすぎず、音にする部分を短くしすぎないこと。


自由曲。
出だしの音、しっかり息を入れて生きた音に。凸凹した星が光って見えて、きれいなんです。
9小節目からのcresc.が足りません。2小節跨いだcresc.なので、一旦引くことはしないように、最後までやりきりましょう。
12小節目の低音、音量ではなくて響きが足りないです。引かないこと。
16小節目のcresc.も9小節目と同じように、一旦引くことはしないこと。
Aからのシンコペーション、音取りし直しましょうね。最後まで気を抜かずに。
24小節目から、Tpしかアタックしてないところがあります。アタックを気にしすぎてcresc.の場所を間違えないように。
Gからのテンポ、早くしてます!B.Dから整然とメロディを受け取って、決して重すぎず吹きましょう。
141からは最初の8分音符が長いので、他と同じように鋭く!
168からのTp、食いつきも音の出も遅いです。

昨日と合奏前に練習した自由曲のN。。。うまくはめられなかった。すごく悔しいのです。



さて、明日はいよいよ県大会前のホール練習です!
楽器の積み込みは15時からです。音楽室から降ろす作業もありますので、怪我等々しないように気を付けましょう。
16時くらいからホールで低音セクション練習するので、捕まらない程度に急いで向かってください。



聴かせることを前提にコンクールに出るのであれば、聴く側の身になって取り組みましょう。
私らが出来ることって何なんでしょうか。
こだわりを持って。 
「釜石」という名前を、もっと広い人たちに知らせて、頑張ってる姿を見せましょう。

 
 
以上、はるか@Saxでした。
明日は練習場に行ったり来たりしてる予定なので、鍵開けてほしい人は連絡ください。 

あと1週間! 

7月26日の練習。

なにやら、たくさん警報が出ている中、練習場にはSax.3、Tp.1が集まりました。

私以外の3人が課題曲を合わせている間に個人練習。
自由曲の練習から合流しまして、Nからを徹底的に合わせました。
水曜日の練習で、Tpのお姉さんが手本に吹いてくれた吹き方と、自分の吹き方が全然違っていたので、なんとしてでも合わせたかったのです。

3連符と8分音符の違い、付点の長さ、リズム、運指、ブレスの場所、響き、丁寧な息遣い、理性。
そして音の感じ方。 回転運動。

何回も合わせて、そのたびに注意されるところがあって。
1つ意識すると、他が疎かになってしまう…要練習ですね。 


今日、4人で共有できたことを明日の合奏前に他のパートとも共有したいなと思います。

決めたい。


以上、はるか@Saxでした。 

7月24日の練習。

平日合奏♪
今日は…ちょっと少なめの30人程。
雨ばっかりで嫌になっちゃいますねー
ここはパリッと吹いて、低気圧ぶっとばしちゃいましょ!笑


基礎合奏。
B♭スケールとE♭のハーモニー。
ハーモニーの前に1拍吹いて3拍休むという練習もしました。
アタックアタック厳しく言われているので、意識するにはちょうど良かったですね!


課題曲。
初めに通し練習。
音の処理が汚く、初めに戻ってしまった感じでしたorz
どんなに短い音でもクリアに、まっすぐ。音をまっすぐに終えないと次の音も決まりません。
「音にする」。いつでもどこでも必ず。
Bから、長い音はとにかくレガート、短い音は鋭く。イメージを一緒にしないように。25小節目の頭をそろえましょう。
Cのアウフタクト、だんだん短く汚くなってきてるので、大事に入っていきましょう。
Eからのメロディは音をえぐらないように。上から。
Gのメロディ、3小節目から遅くなります。ここで遅くなるからテンポが戻ったときに安定しません。
Hからのメロディは、Fの音に注意。高く取り過ぎると後に音の洪水が押し寄せます(((( ;゚д゚)))
合わせる事に集中しすぎて音が死んでしまわないように。


自由曲。
今日も後半を中心に練習しました。
Nは途中から入ってくる人は要注意!大きくなりません。強くもなりません。
282の4拍目は楽譜通りに。余計な抑揚をつけないように。
289からはFlの伸ばしが聴こえるように吹くこと。忘れずに!
300の前の連符はしっかりほしいです。

283からの3連符…どつぼにはまってしまいました。。
金曜日のパート練習でなんとかせねば!私らSaxパートからあのリズムが始まるので、叩き込みます。タルトタタン。
「音の長さを守る」これですね。アクセントなし、スラーの場所、舌をつく場所、そして何よりもリズム。


さて、本番まであと10日!練習日を確認。
26日(金)18時~個人&パート
27日(土)13時~個人&合奏
28日(日)ホール練習
31日(水)18時~個人&合奏
8月2日(金)18時~個人&パート
3日(土)13時~個人&合奏
4日(日)本番



今日言われたことを少しでも合わせる時間を持てるように、早めに合奏を切り上げます。
この時間を有効に活用しましょう。

以上、はるか@Saxでした!
28日のホール練習は、15時に大松集合で打楽器積み込みします!ご協力お願いします!


高い音、低い音を無理なく響く。これが理想ですよね。力を抜いて通る音。
いかに余分な力を使わずに遠くに音を飛ばせるか。
N響アワーの感想でしたw    By.指揮者

7月19日、20日の練習。

2日分まとめてお送りいたします!

まずは19日(金)の個人&パート練習。
Sax.4とHr.2ときどきPerc.1が参加しましたw
パートでセクションでも全体でも合わないので、まずはここから。
…すいません、私、楽譜通り吹いてないところいっぱいありました。
譜面上にある細かい指示をきちんと確認します。
音合わせ、吹き方合わせ、曲間での打ち合わせ等々もパート&個人練習の時間を有意義に使いましょう。


20日はパート練習からスタート!
Perc.、Eu、Saxのパート練習。電気のつかない教室で練習する際には、目が悪くならないように気をつけましょうw
Saxは昨日やったことを他のSaxメンバーに伝える作業からスタート。
合わせる事を意識しすぎて、だんだん音が死んできました。
もっとちゃんと吹かなきゃ合うものも合わないしつまらなくなってしまうので、詰める所は詰める!でも、楽しむ心は忘れずに居たいなと思いました。 


基礎合奏。
B♭スケール。 音が変わるときに後押しをしないようにしましょう。
E♭ハーモニー(19番)、中音がモヤッと聴こえるので、クリアに。fで吹いたときもpで吹いたときも必ず縦を意識しましょう。
ぶつかる音はがっつりぶつけましょう。
フレーズ感はいつでも感じること!

課題曲。
常に緊張感を持って演奏に臨みましょう。今日はいつもより音が合ってなかったです。
冒頭のTp、常に安定して出せるように…って難しいですよねヽ(゚Д゚;)ノ!! 自由曲の出だしの音もかなり気をつかいますが、ここも相当だと思います。
4小節目の和音は、最近いつも言われているオクターブ。まずここが安定させなければ!
Aの2小節前のdim、毎回注意されてます。セクション練習で完璧にします("`д´)ゞ
32小節目の4拍目、Hr、Trb、Euはだいぶ聴こえるようになりました☆がしかし、33小節目の頭が聴こえなくなってしまったので、3連符を吹いた瞬間に安心しないようにしましょうねw
39のメロディ、アウフタクトがとても苦しそうなので、かっこよくて爽やかな理想を現実に。
全体的に言えることですが、フレーズがまとまりに聴こえるのはいいのですが、そのまとまりごとに息を殺さないようにしましょう。流れがほしいです。音が合ってきた今だからこそ表現も。
FからのPicc、Tp.1、Glockenは最初の音が長くならないようにしましょう。8分音符を甘く吹かないように。
Trioのタンバリンは、芯のある音でコシのある響きで…ってwM先生、悩んで禿げないで下さい!笑
かわいらしさを忘れず、テンポを定める。
Jの2分音符、音の最後が曲がって聴こえます。吹いてる途中で次の音の準備をしないようにしてください。今日だいぶ出来るようになったので、本番も必ず決めましょう!
最後まで気を抜かずにまっすぐまっすぐ。


自由曲。
まずは189で一旦落ち着くってことを忘れずに!
273の4分音符は絶対後押ししないこと。指揮者、一気に冷めます(((( ;゚д゚)))
281から入ってくる人たちは、汚くならないように。前から吹いてる人たちが居るのです、とってもきれいなメロディなんです。丁寧に。
283からの変則3連符(書き方わからないw)は、同じ音量で凸凹しないように要練習。伸ばしてる人たちがテンポ感を失わないように。
ここのCrn、とっても大変なんですよね( ゚Д゚)まずは揃える。出てくる音のつぶを揃えるようにしましょう。後から入ってくるFlは、アーティキュレーションが甘くならないようにしましょう。
Pの前の7連符、最初の音と最後の音をしっかり!中がどんなにズレても構わないです!←
Pの4拍目も同じ。1回目より2回目が大きいの法則ですよっ
最後のフェルマータは…本番どうなるんですかねw


10回やって9回しか出来なかったとして、本番にその9回が当たってしまったら…今までやってきたことの意味がなくなるんです。
そして、体調崩してしまっても自分が悔しくなってしまうのです!
来週はホール練習も控えています。
釜石は寒いけど、内陸は暑かったりと風邪を引きやすい環境となってます。
無理をし過ぎず。


21日(日)のこともちょっと。
お掃除当番のFl&Clがお掃除☆からのセクション練習♪
その頃図書館にこもって練習するHr.1とTp.1。。。他にも居ました?
来週は27日にCl&Saxのセクション、28日ホール練習前に低音セクション。
本番まであと2週間!一致団結☆★



と言うことで、次回合奏は24日(水)です。
校舎の裏側に駐車するスペースがあります。そこへの入口に駐車されてしまうと、せっかくの駐車スペースに行くことが出来ませんので、空けておくようにしてください。


以上…今年、初めて投票権を得た団員が何人か居て…歳をとったなぁと思った はるか@Saxでしたっ!笑
お知らせ
定演練習中♪
10月から練習場所が旧大松小学校から、釜石市民ホールTETTOに変更になりますので、見学の際はお気を付けください。


釜石市民吹奏楽団公式HP
公式HP日々更新中(。・ω・)ノ


釜石市民吹奏楽団では「全パート」の団員を募集しております。
特に「クラリネット」パートは大大大募集中です☆
年齢・性別は一切問いません!
貸出可能楽器もありますので、少しでも興味を持った方はご一報を♪
最新コメント
記事検索
プロフィール

kamaishi_citywind

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ