kamakura_photo_guideのblog

鎌倉 見ごろ・撮りごろ 最新情報

落ち葉舞う英勝寺さん

3020 落葉:英勝寺
 例年になく落ち葉のきれいな英勝寺さん。例年は殆どが黄色の落ち葉ですが、今年は寒さのせいか赤系の落ち葉が多く絶好の被写体です。構図はややもすると中央から放射状の日の丸系になります。少しオフセットをして回避したらベターかなと思います。また 撮影は日差しの差し込む午前より、全体が日陰になる午後の方をお勧めします。
<12/09 快晴 15:25 Nikon D810 17-35(24㎜) AE(1/25s f11.0) ISO:3200 WB:マニュアル(6000K) C-PL 三脚 フォトショップにて色味補正>

人気の明月院さん。

2948 紅葉:明月院
 アジサイでは大賑わいの明月院さんですが、紅葉でも丸窓をインスタにアップするために行列ができています。ウィークデイの午前中でも15~20名ほど並び20分位は待ちます。しかしピークは気持ち先かなと思います。
上の写真は、特別料金(500円)を払って拝観する裏庭の紅葉です。今週中はまだ開放するとのことです。
<12/4 晴れ 11:15 Nikon D810 24-120(35㎜) AE(1/125s f8.0) ISO:1600 WB:6000K C-PL 手持ちのみ>
2922-c
 定番の丸窓越しの紅葉です。撮影は逆光気味な薄日のある午前中、早めがベターです。今年は火鉢はありません。左の枝が入る位置まで、中心より右にオフセットして撮影。
*Webは以前に東京の事務所さんより許可を頂いております。
<12/4 晴れ 11:09 Nikon D810 24-120(92㎜・トリミング) AE(1/400s f8.0) ISO:800 WB:オート>

やっと見ごろ・撮りごろに、古都の晩秋

2880 紅葉:円覚寺・居士林
 観光の方も少なくなり、本来の静けさを取り戻した古都。紅葉の見ごろはこれからが本番です。台風の為、イチョウは痛みが激しかったですが、モミジはほんの少しで済み、いつもの色あいを見せつつあります。光の方向をよく見、雲と太陽の位置をよく読み、傑作を期待します。一発ではなく、和重く通い、ベストコンディションの時に渾身のシャッターを切ります。円覚寺さんもこれから撮りごろになります。夕方の方がベターです。
<12/01 快晴 15:59 Nikon D810 AE(1/40s f8.0) ISO:1600 WB:マニュアル・5500K 西日の柔らかい光線>

法華堂の晩秋

2749 法華堂の秋:長勝寺
 秋もすっかり深まり、古都にも紅葉のシーズンがやってきました。毎年訪れる格好の撮影ポイントに長勝寺さん境内の法華堂さんがあります。江戸時代の創建とのことであちこちに歴史の重みが感じられる古堂ですが、法事の時しか入口の扉は開かれず、普段はひっそりと静まりかえっています。近くにあるイチョウとのコンビもよく、絶好の被写体です。
<11/29(水) 晴れ 15:08 D810 カールツアイス・プラナーF1.4 AE(1/40s f8.0 -3.0EV) ISO:3200 WB:マニュアル・5400K C-PL 三脚> 

源氏山公園の紅葉、見ごろに

2553-250 紅葉:源氏山公園
 鎌倉の紅葉、見ごろのトップバッターは源氏山公園です。ハイキングや課外学習の定番コースの為、無人撮影には難儀しますが、3日間通ってやっと日差しの良好なシーンの撮影ができました。20日(月)は薄日でしたが子供たちが多く断念、21日(火)はピーカンで断念、22日(水)薄日。やっとご覧のシーンです。台風で少々傷んでいます。撮影は午前中早めに。(逆光になって葉の透ける裏紅葉の撮影が可能 無人化) ピーカンはコントラストがきつく無理があります。
<11/22(水) 薄日 10:12 Nikon D810 24-120(34㎜) AE(1/40s f11.0 ヒストグラム見ながら+1.3EV) ISO:400  C-PL 4尺脚立+延長脚(GLから2M位で撮影)>
ギャラリー
  • 落ち葉舞う英勝寺さん
  • 人気の明月院さん。
  • 人気の明月院さん。
  • やっと見ごろ・撮りごろに、古都の晩秋
  • 法華堂の晩秋
  • 源氏山公園の紅葉、見ごろに
  • 鎌倉の紅葉、ほんの少し
  • 枝もたわわに柿熟す:浄智寺さん
  • ツワブキ見ごろに