kamakura_photo_guideのblog

鎌倉 見ごろ・撮りごろ 最新情報

水仙香る城ヶ島公園

9954+55+56-B-250T 水仙咲く城ヶ島公園
 春まだ浅き城ヶ島、たっぷりの日差しを浴びて、島の公園には手入れの行き届いた水仙が咲き揃っています。ゆったり、のんびりするには絶好のロケーションです。写真の現場のほかにも、斜面びっしりに咲いている個所もあり、松の木と絡めてフォトコン用のアングルも楽しめます。
<1/16(水) 快晴 11:46 Nikon D810 17-35(25㎜)AE(1/30s f13.0) ISO:800 WB:オート 縦構図3枚をレイヤー合成・トリミング>

ほのかな香りを残して、ロウ梅咲く

9824 ロウ梅:浄智寺
 早春、梅に魁て咲くロウ梅。かなり数を減らしましたが、甘い香りを古寺境内に残し、咲き始めました。東慶寺さん参道や光則寺さん境内(参道のは訳あってわざと小さくなりました)、長谷寺さん、名所・浄智寺さん境内などです。浄智寺さん・曇華殿前の木も虫食いの為か小さくなり少々残念です。
<1/15(火)浄智寺さん境内 11:18 Nikon D810 キヨハラソフト70㎜・F5.0 露出:マニュアル(1/80s f5.0) ISO:200 WB:オート>

淡い香りの旧跡

9705-250T 水仙咲く古跡:旧巨福呂坂
 淡い水仙の香り漂う遺跡、旧巨福呂坂。鎌倉時代には七切通しの一つに数えられ、難所の一つでしたが、今は青梅聖天社を残すのみで住宅地になっています。坂には早春に水仙が、少しすると白梅が、そして新緑が写欲を誘い、また秋には彼岸花に覆われます。鎌倉らしいロケーションの一つで、時折訪ねます。
<1/12(土) 曇り 14:28 Nikon D810 PC-85㎜(チルト・シフトレンズ) AE(1/15s f13.0) ISO:800 WB:マニュアル(5000K) C-PL

「星降る湘南・江の島」

9391-250T 星降る湘南・江ノ島
 江の島がライトアップされている時を狙って、腰越海岸から星空を眺めてみました。最近は雲が多く、この日もトワイライトの6時30分ごろに雲が湧き7時過ぎからの撮影でした。気温2~3度の海岸には誰もいません。ただ一人黙々と2台のカメラを据え、じっと我慢の1時間でした。
撮影は中級以上についている「インターバルタイマー」を使います。取り扱い説明書をご覧ください。
① インターバルの設定
  撮影回数(星空は40~60分位 約300カット)、撮影間隔(5秒~15秒位)
② 露出の設定
  撮影間隔の秒数以内で最大値(間隔が10秒でしたら8~9秒 f6.3~11)になるよう絞り、ISO、を設定
  WBはオートよりも4000K位がベター
③ 試し撮り
  露出の設定をチェック。
④ インターバル撮影の開始
  カメラが自動的に作動しますので、何もしません。タッチは厳禁。
⑤ 後日、自宅パソコンにて「比較明(画像の明るいところのみ重ね合成)」します。
  (ウィンドーズ・10用に対応のソフトははありません。マニュアル合成・約一日かかります)
⑥ 結構ヘリや飛行機が画像に筋になって入りますので削除します。
⑦ 色相チェックして仕上がりです。
<1/6(日) 19:15~20:00位 快晴 腰越海岸 Nikon D810 カールツアイス・デスタゴン25㎜F2.8 インターバル・タイマー撮影(撮影間隔10秒 45分 270カット) 露出:マニュアル(f10 8s) WB:マニュアル(4100K)>
 

漁師さんの仕事始め

9346-250T 船祝い:腰越漁港
 快晴に恵まれ、お富士山もくっきりの1月4日、江の島に近い腰越漁港では、漁師さんの仕事始めの儀式「船祝い」が行われました。今年の安全と豊漁を祈願して、9時過ぎ神事の後大太鼓の演奏に続き、船の上からミカンやお菓子などが撒かれ、小・中学生を中心に大勢の地元の方が袋いっぱいにして帰ってゆきました。この後、漁師さんは身内やお客さんを乗せ、漁場の相模湾に出て安全を祈願、帰港いたします。富士山をバックに真っ白い船もお正月らしく、画になります。
9290-250T 船祝い:腰越漁港

ギャラリー
  • 水仙香る城ヶ島公園
  • ほのかな香りを残して、ロウ梅咲く
  • 淡い香りの旧跡
  • 「星降る湘南・江の島」
  • 漁師さんの仕事始め
  • 漁師さんの仕事始め
  • 謹賀新年
  • 「残照の古寺」:妙本寺・祖師堂
  • 一段と華麗な瑞泉寺さん紅葉