鎌倉アウトリガークラブ kamakura outrigger club

鎌倉を拠点に活動するアウトリガークラブです。  ツーリングしたりカヌーサーフィンしたり。時にはレースの挑戦したりとマイペースに楽しんでます。 地域に根ざしたクラブでビーチカルチャーを目いっぱい楽しんでいます。 随時、アウトリガーカヌーの体験も対応しています。子供たちと一緒に家族でどうぞ。ご希望の方はこちらまでお問い合わせください。 【e-mail】kamakuraoutriggerclub@gmail.com

活動報告(タカ先生)

padoring

padoring3

2時ごろからカヌーを出しました。 参加者は川田、三堀夫婦、タカ、タカの友人と
その友人の3人、三堀ママの犬の散歩友達のご婦人 合計8人でした。
天候は晴れのち曇り風は南東の風 弱かったのが一時やみ、その後強くなりました。

簡単にパドルの方法の説明をし、材木座の沖100mぐらいまでの往復を数回繰り返
しました。
padoring2


風がだんだん強まり、うねりも大きくなってきたところでおしまい。 

あまりいいカヌーサーフィンにはなりませんでしたがカヌーを今週も出せたのが良かったね。 

これからも毎週出して少しづつスキルアップができるといいと思います。 

今日も初心者向けの体験プログラムでした。

おーいニッポン!

香坂かおり

おーいニッポン

というNHK BS−2の生中継番組に出演しました。(ホントは放送前に告知すればよかった)
湘南エリアのスローライフがテーマだそうで、趣味でアウトリガーカヌーを漕いでいる人達に注目してくれたのです。

昨日のリハーサルは天気が悪く、風が吹くと身体が冷えて寒かったですが、今日は昨日の天気が嘘のように晴れ渡り、水もきれいで最高のコンディションでした。

実は撮影中にインタビューを受けてコメントもしました。見た人の話だと僕は小刻みに体が動き怪しかったそうです。本人は緊張していたせいか、まったく覚えていないのですが。

今回は湘南アウトリガーカヌークラブも一緒に参加していてかなりの人数でした。
鎌倉の湾内を4隻のアウトリガーカヌーが揃って、海面の上を進む様子はかなり迫力がありました。

他のクラブとパドリングするのも楽しいですし、それぞれのクラブメンバーを入れ替えるのも、コミュニケーションがとれておもしろです。

これからもいろいろなゲレンデで、他のクラブと楽しく盛り上げていきたいと思いました。

Let‘s海nication!

d02dfaf9.jpg5月6日にホームビーチの鎌倉・材木座海岸にて、イベントを開催しました。
どんなイベントかというと、海をきれいにして、安全に楽しもうというテーマのプログラム。

主催は鎌倉ライフガードと鎌倉アウトリガークラブにGreenBird鎌倉支部。
当日は風が強かったのですが、多くの人が集まってくれました。

まずは遊ぶ前に海岸のゴミを拾いました。もちろん浜をきれいにするためもありますが、踏んで怪我をしないためにも缶やプラスチックなどを拾います。
夏前ですが、海から流れ着いたりするのでしょう。結構な量になっていました。

そしていよいよお楽しみの海へ。
風があり波もそこそこで、アウトリガーカヌーは体に波をかぶりながらのパドリングになりました。たまには緊張感のあるアウトリガーカヌーもいいものです。しかし、初めての方がほとんどなので無理は禁物。ライフガードのサポートを受けながら沖へ漕ぎ出し、帰りは波にタイミングを合わせ、サーフィンしながら浜を目指しました。
やはり波の力で推し進められる時のスピード感と爽快感はたまりません。

波に乗るにはタイミングがとても重要で、経験と技術が必要です。そのためにもいろいろな海のコンディションを経験し、自分の実力を知ることが不可欠です。

今回参加してくださった方々には、ぜひ穏やかな海も体験してほしいです。

初めまして!

41b5c7c7.jpg鎌倉アウトリガークラブです。

このクラブは「きれい・安全・楽しい」海をテーマに活動しているクラブです。
多くの人に海への関心を持ってもらい、好きになって、たくさん遊びにきてもらうことで、海を大切にしようという気持ちが生まれてくれればいいなと考えます。

そのために、海で遊ぶ道具としてアウトリガーカヌーを活用しています。
アウトリガーカヌーとは船体の左側に支えるための浮きが付いたカヌーのことで、とっても安定感のあるバランスのいいカヌーです。
いろいろなタイプがあるのですが、鎌倉アウトリガークラブはOC−4と呼ばれる4人乗りのタイプを主に使っています。

老若男女、だれでも楽しめるこのカヌーをスムーズに走らせるには、4人のコミュニケーションがとれていて、息を合わせることがとても重要です。

最近なかなか家族でコミュニケーションを図る機会の減っている方は、ぜひみんなで参加してみることをオススメします。
訪問者数

    Tide Graph
    • ライブドアブログ