鎌倉アウトリガークラブ kamakura outrigger club

鎌倉を拠点に活動するアウトリガークラブです。  ツーリングしたりカヌーサーフィンしたり。時にはレースの挑戦したりとマイペースに楽しんでます。 地域に根ざしたクラブでビーチカルチャーを目いっぱい楽しんでいます。 随時、アウトリガーカヌーの体験も対応しています。子供たちと一緒に家族でどうぞ。ご希望の方はこちらまでお問い合わせください。 【e-mail】kamakuraoutriggerclub@gmail.com

DIY

DIY A bulletin borad made of surf board. 掲示板を作りました

5月3日(土) 晴れ 

もう使わなくなったサーフボードを利用して掲示板を作りました。

表面の樹脂をカッターで切り、剥がします。
フォームが出てきました。
サーフボードは発泡スチロールのもっと細かい
フォームというものにガラスクロスを樹脂で固めてできています。
P4290265P4290266






フォームは柔らかいのでナイフで中のフォームを削り取ります。
真中にあるストリンガー(ボードを強くするためのもの)にノコを入れ
て切りとり。
P4290267P4290268






コルクタイルのあまり(10年前の新築時のもの)を貼り、
マホガニー材で縁を作りました。 透明のプラ板で蓋を作りました。
P4290269P5020271






できあがりはこんな感じ。    入口におくといい感じです。
P5020273P5020277






素焼の植木鉢に慎重に穴をあけ、モルタルを詰め、柱を固定
P5020270P5030285






通りに面した丸見えのガスメーターが隠れるように設置。
P5030282P5030289






ボードは木製のフックを作って固定。 風で倒れないようにロープで補強。
P5030286P5030288







P5030290
何気なく由比ヶ浜のサーフショップ
RAVEのステッカー

このボードはオーストラリア人のジェフリー
が使っていたものを真波がもらいました。


P5030287

取っ手はワインのコルク 
スマイルマークがいい!




グロリア少年合唱団や、吹奏楽の演奏会、アウトリガーカヌーの案内等を掲示します。

家族がインフルエンザで寝込んでいるため、海には出られませんが、じっと家にこもることも
できません。  さて、次は何を作ろうかな。

じっくりと考える時間があってそれはそれでいい時間です。

taka

2012年 E-Oven de 足湯システム

11月に入り、寒くなってきました。 
暖房の無い我が家ではデッキで毎朝薪ストーブ(E-oven)に火をつけ、
パーコレーターでコーヒーを沸かしています。さすがにそれだけでは
寒さを感じるようになってきたので、今年も足元から暖まれるように
足湯システムを作りました。

基本的には一斗缶を薪ストーブの周りに置いてお湯を沸かし、塩ビ管を通して
テーブルの下の桶に入れる。さめたらバスポンプで循環させる構造です。
正面の両サイドに2つ       まっすぐ下にパイプを落とします。
PB125074PB125090







背面には2つ 合計4つの一斗缶を使用。
PB125075一斗缶は去年、近所のお店でもらい、
さびないように耐熱スプレーで塗装
しておいたので、去年のものがそのまま
使えました。
上部はふたを折り曲げて水の
様子を見られるようにしています。


毎年の楽しみはパイプの取り回しと循環について考えること。 水道管ゲームの
ようで結構頭を使います。昨年の反省を生かし、今年は水漏れを少なく、ビニー
ルホースよりも塩ビ管を多めにつかって製作。 
去年は4つの缶を直接1つにまとめていましたが、今年は2つで一組にし、バルブ
を使い、水の調節ができるように変更。 今年の大きな特徴です!
PB125076PB125078

 





外の水道から直接水が入れられるようにしてあります。
通行の邪魔にならないように壁に沿ってパイプをまわし、足湯の桶へ
PB125079PB125081







ろ過システムも変更。 ペットボトルに熱帯魚の水槽用のウールを詰めた
ものを足湯口と循環させて一斗缶へ戻るところへ設置。 ペットボトルが
透明なので、汚れ具合も良く見え、ウールの交換も簡単になりました。
足湯へ入るところ         一斗缶へ戻るところ
PB165102PB145093







家族4人や朝2人で使う時にはこの桶では大きすぎるので、
コンテナ、ペットボトルに水を入れたものを入れて水かさを増しています。
ついでに薪を置きも作りました。
PB125087PB125083







薪は車で20分ぐらいのところにある製材所で昼休みに行けばいくらでも
もらえます。 友人の軽バンを借りて取りに行きます。
PB165105PB165104







PB165106
工場の中には捨ててしまう端材がパレットに
山積。 半分ぐらい積み込みました。

これで2ヶ月ぐらいはもつかな?



4時半からのThe early bird English lesson.も足からも温まって快適になりました!
PB165099







11月17日(土)の朝、真波が起きてこないので、足湯につかりながらぬくぬくと
久しぶりにブログをアップできました。 起きてこないことに少しイラつきましたが、
ブログをアップする時間が取れたということでこの時間も有効でした。

6時半過ぎから今日の英語は始まりました。

taka

DIY 自作網戸 & ローソク作り

6月3日(日) 天気予報は雨・・・でしたがよい天気になりました。

う〜ん 天気が悪いという予報だったのでカヌーの予定を入れずにDIYをしました。
海にでられたな~と思いながらも夏に向けての家の準備もしなければならないので
割り切ってDIYの日となりました。

スェーデンハウスの窓は180度回転するので風がよく通ります。 窓が木枠なので網戸も自作可能。
うちの窓の網戸は全部自作しています。
今回はリビングの窓の網戸を作ります。 
今までのものは木枠に網を張ってはめ込むタイプでしたが、網戸の前にあるローソクなどをどかさないと
窓の開け閉めができないという問題点があったのでそのところを改良しました。
両サイドに木の枠をつけ、上下は網のままにします。
P6033411










網だけの部分はほつれないように木工ボンドを塗ります。
とってにはワインのコルクを付けました。 はだしの足の焼印がついたもの。
P6033415P6033421








両サイドの木枠を窓にはめ込むだけで出来上がり。 
P6033413

これで網戸の前のものを移動しなくても
窓の開け閉めができるようになりました。

上下に少したるみが出来ましたが、無いよりは
ましということで・・・・









次は我が家には欠かせないローソク作り。
我が家は毎晩ローソクで夕飯を食べています。 皆さんも去年の計画停電の時にはローソクを使ったかもしれませんね。 うちではずいぶん前からのことなので不安に思うこともなくごくごく普通にローソク生活をしていました。
ローソクはイケアで購入しています。 全部が燃え尽きるわけではないので、残ったローソクを集めておきまとめて新しく作り直しています。

使うのは塩ビ管直径65mmとエンドキャップ  コーナンで購入

鍋にロウを入れて火にかけて溶かします。
P6033428







ロウソクの芯は東急ハンズで購入。
P6033427







芯の端をテープで留め、上は割りばしに結んで中心に来るようにします。
その中に溶けロウを流し込みます。
ジョウゴを使うとうまく入りますが、鍋の端からもこぼれるので下には段ボールを敷いておきます。

P6123438P6123437









このまま冷ましておきます。 1日置くと固まりますが、冷めると真ん中がへこみ、空洞ができるので再度ロウを溶かして流しこんで完成。下につけてあるエンドキャップを外して

P6123439P6123440









P6123441


押し出します。 塩ビ管はするっと抜けるので

ペットボトルよりも使いやすいです。






赤いローソクと白を混ぜたのでいろいろできました。

P6123442P6123444








リビング用キャンドルの出来上がり!!

taka

パドルキャリアー を付けました。

平成19年 7月に上陸した過去最強の台風 Man-yi(マンニィ) が贈ってくれたBig Wave
に乗った記念で買ったビーチクルーザー その名もMan-yi・・・・・ 僕の愛車です。

このマンニィをパドルを取り付けられるようにアウトリガーカヌー使用にしました。
P5133123

すでに付いているサーフキャリアーの部品を一部利用しています。

折れてしまったパドルのグリップを差し込み、パドルが引っ掛かるようにしました。
P5133110P5133124








後ろは泥除けを付けていた穴を活用してフックを取り付けました。
P5133111P5133125








ゴムで縛れば落ちません。 これで海に行くときにちょっと楽になります。
簡単DIYでした。
taka

60年以上使っている机

4月21日(土) 
P4212957








今日は次男の机の修理。 この木製の机は妻の母の弟が使っていた机です。
使われずに外に置いておいた時期もあり、引き出しは抜け、足の一部は白アリに食われてもう使えないと思われていたもの。
次男が小学校に上がるときに引き出しを直し、白アリに食われている部分は切って継ぎ足し手使えるようにしました。

今回は椅子に対して机が低くなってしまい、ももが引き出しにあたるということなので
足に下駄をはかせて高くすることにしました。
P4212955P4212956








天板も隙間があいていますが、デスクマットを敷けば使えます。
長年経っても木はいい味を出しています。 ぬくもりを感じます。

彼も物を大切に使うことを体験を通して学んでいると思います。
この机、まだまだ現役です!!!

この机の最初の持ち主は東大を出てお医者さんになりました。
さて、次男はどうなる?
楽しみです!!
taka

ウリウリ 修理

これ、ウリウリです。 ウリウリって??? フラダンスで使うヒョウタンの中に種を入れて
じゃらじゃら音がする楽器です。
P2282076このように握って振りながら踊ります。

マラカスと同じようですが、玉が下になります。






使っているうちに玉と握りの部分がゆるくなったり、まいてある竹のグリップが
ゆるゆるになることがあります。 これは一度分解してしっかり固定すれば治ります。

分解していくと、作った工程もわかります。 グリップを上から巻きながら下の玉にしっかり
固定をしているようですね。 今回はその逆。 しっかりと固定してからグリップを巻いていきます。

P2282078







グリップの竹をはがすと・・・・・・・・このように固定されていることがわかります。
P2282079P2282080







芯棒と玉がしっかり固定するようにエポキシボンドをつまようじで塗り込みます。
P2282082P2282083







手拭いでほおっかむりのように固定。1日置きます。
P2282084P2282085







しっかり固定されたら竹のグリップの巻きなおし。 木工ボンドを塗りながらまいていきます。
P3032167P3032168







                      
P3032169







これで完成。
P3032182







簡単な修理でウリウリもよみがえります。 もしもこのような状態であったら声をかけてださい。
といってもウリウリを持っている人ってフラをやっている人に限定されますがね(^^)
知り合いでフラやっている人がいたらこんな修理ができるって教えてあげてください。
長く使えたほうがいいですからね!!
taka

パドルができるまで

P3102187P3132197







P2091908P2091910







P2091911P2091912







P3132198P3132199







P2111917P2282091







P2282090P2282105







P2111950P2121977







P3132202P2111952







P3132205P2111954







P2111953P2111960

イアコ リペアー エポキシ

1月15日(日)晴れ
イアコの修理
メンバー:イケさん、サヤパパ、taka
10時30分〜15時頃
いい天気が続きますね~! 作業をするには最適です。

教会に行った後、10時半から作業開始。
イアコ:アウトリガーカヌーのアマ(浮の部分)と船体をつなぐ腕木,の修理を行います。
これも1年使うと表面の樹脂がはげ、木の部分が出てきます。ここに海水がしみ込み、このままにしておくと
木が腐ってしまいます。 なので1年に1度のペースでエポキシ樹脂でコーティングを行います。

まずは古い樹脂はがし。 軽くと思いつつも作業を始めるとついつい気合が入ってきます。
P1151795
小町通りを歩く観光客のからの景色


「何やってるんだろう? ここは何屋さん?」
と言っているような…



お昼御飯はダッチオーブンを使い、E-Ovenで焼いたホッカホカの焼き芋とウィンナー。
P1151796P1151797








オーブンだけでも焼けますが、ダッチオーブンごと入れると焼けた後もE-Ovenの鉄板の上において保温できます。お芋もからからになりません。 
芋を食べ、一休みの後はエポキシを塗ります。
P1151799








気温が低いので乾くのに1日はかかります。 塗った後は触れないので、今週はしばらく庭に置きっぱなし。
ニュージー艇のイアコ            森泉艇のイアコ
P1151801P1151802


















ピッカピカになりました。  アマはエポキシがなくなってしまったので、別の日に作業をします。
1月中はカヌーが出せなさそうです。

解散し、片付けをしているところにTatsuyaがひょっこり顔を出しました。
P1151803
うちに遊びに来た時にサーフィンを覚え、大学卒業後はオーストラリアへ語学留学&サーフィン留学をし、サーフショップRaveで一緒だった英輔にお世話になりました。
去年帰国、韓国人の友人と一緒に鎌倉観光に来たそうです。

元気そうだし、仕事もきちんとしているという報告を聞いて安心しました。
今時珍しく律儀でいい青年です。

こうしてフラット遊びに来てくれるのはうれしいですね。 タイミングよく僕も家にいたし・・・
来週はアマの補修です。
エポキシがなくなったのでHiro Wooden Canoe Shopへ注文をします。
taka

カヌーメンテナンス 塗装&ポリエステル樹脂コーティング

1月14日(土) 曇り・・あられ・・晴れ   
9時~15時
メンバー:イケさん、和美さん、ムカさん、川旦那、サヤパパ、taka

1999年にニュージーランドから持ってきたカヌーのメンテナンスの日。
7時過ぎからあられが激しく降りびっくり!!!
寒い中での作業は避けようと思っていたのですが、だんだん陽も出て作業日和になりました。
よかった〜!!

去年は塗装をすべてはがし、傷んだ部分を大々的に補修。
今年は砂ではげてしまった底の部分の塗装と補修作業とイアコとアマの補修をします。
まずは船底を軽くサンディング。
P1141786P1141789








人手があるので、同時にアマとイアコもサンディング。
天気も良く、風も弱いので陽のあたる浜で行いました。
P1141787P1141788








段取り良く、てきぱきと作業があっという間に進みました。 去年やった部分は軽くでよいので、
スムーズな作業。  サンディング後は水色のペンキを塗り塗り・・・・やや薄目でしたね〜
P1141790P1141791








午前中にペンキを一度塗り、乾くのを待ちがてらバニ弁を食べて一休み。
午後は砂で刷れる部分にガラスクロスを貼り、ポリエステル樹脂で固めました。
ステアーパドルのあたる部分もコーティング。

砂浜だったのでポリエステル樹脂の臭いもそれほど気にならず、具合も悪くなりませんでした。
作業は15時ごろ終了。 お疲れ様でした。
P1141793
P1141792














イアコとアマはミニに載せ、観光客であふれる小町通りを掻き分けて自宅に運びました。
P1141794












みんな何を積んでいるの?????って不思議顔。 
ちょっと休んで、夜はフラダンスの練習へ行きました。

taka

週末はいそがしい!!

1月8日(日) 9日(月)成人の日
両日ともDIY
Kazuは土曜日にボンドで固めたジグソーパズルをコルクボードにはって壁に飾りました。
手を出したいところですが、軽くアドバイスをしながら自分でやりました。
P1081740P1091771








折れたパドルのシャフトとグリップは足湯システムのホースかけに再利用
P1081746P1081747








カナダで買ってきたガラス製のカエルサーファー・・・誤って落としてしまいました。
P1091753P1091781
かわいそうにバラバラ

破片を探し、少しずつ接着。

まだ未完成。

時間をかけて直します。

月曜日は車の混まないうちに浄明寺へ薪を取りに行きました。
庭に無造作に置いてある切り株。 ミニに積んで後で斧で割ります。
P1091755P1091762








浄明寺に今住んでいる賢次郎と4か月の悠太郎。 恐る恐るだっこしてきました。
浄明寺の家でクラスと寒さ暑さに強い子になります!!
P1091757P1091759








帰宅後はE-ovenの掃除。 今年はよく使っているので、すすがずいぶんたまっていました。
P1091772P1091779








この週末は海へは行かず、家の仕事で充実しました。
おまけ
P1091782












夕方の材木座 とてもきれいな夕焼けでした。 一番星と飛行機雲・・・静かな海

taka
訪問者数

    Tide Graph
    • ライブドアブログ