鎌倉パン教室 究極のパン作りを目指して365日奮闘中

神奈川県鎌倉市 鎌倉駅徒歩約15分 八幡宮の側で毎日パン教室を開催しています。

神奈川県鎌倉市でパン教室を開催しています。 初心者の方から、パン教室や将来お店を開きたい方まで、 どのような方のご要望にもお応えできるパン教室を目指しています

という方の為の天然酵母作り教室。

これはパン作りだけではなく、必ず酵母エキスをご自分で作って持って帰っていただき、

それでパンを焼くか、ご自分が飲むかしていただく。

こうすれば作り方も分かるし、ご自分でも手軽に復習していただける。


今日はその最初の日。

みなさんたちの目がキラキラ輝き、興味津々の様子がうかがえてうれしかった。

このコースは2ヶ月に1度で、奇数月に行う全6回コース。

1回ずつ完結なので、急に飛び入りで参加していただいても大丈夫なようにしている。

次は3月で酵母は酒粕。これがメチャおいしいので乞うご期待!

今日も感謝の一日だ。

IMG_7207

IMG_7211

IMG_7208

IMG_7203

IMG_7210


今までより、もっちりソフトな食感でおいしい。

新メニューのザ・ダイズも、アルファー生地でもっちり感が特徴だ。

私たち日本人には、このもっちり感はおいしいパンの要素として欠かせない。

午後からの幻の食パンも、北海道産で日本人的な魅力を十分に持っているからこそ、

こんなにおいしく感じるのだと思う。

また、雪の結晶はどれも素敵で心が満たされた。感謝である。

IMG_7196

IMG_7198

IMG_7201

IMG_7197

強い陽射しと皆さんたちの熱気で常夏のようだ。

メニューも自然酵母の竹炭のチーズトマトオリーブカンパーニュと、

竹炭とビーツのスパイラルブレッド、酒粕のプロテインブレッドと、

3メニューに整体・操体法。

達成感満載だ。

今日の大満足の一日を与えていただいたことに感謝である。

IMG_7194

IMG_7193

IMG_7187

IMG_7177

IMG_7181

IMG_7189

IMG_7176

と、はしゃぎながら作ってくださったのは、

午後からの「どこから切ってもパンダちゃん」と「グラタンピーラッカ」。

パンダちゃんは、それでなくても個性豊かになるのだが、

食パン型に入れたもの、メッシュ型に入れたもの、そのままのものとでは、

更に個性の違いがでて楽しい。

グラタンピーラッカも個性豊かに作っていただいた(笑)

今日も感謝である。

062

063

059

058

056

054

055


午前と午後に分けてさせていただいた。

大人のアップルシナモンは、パンというより発酵菓子に近い食感で、

隠し味のナッツが決め手だ。

幻の食パンのおいしさは口では伝えられない。

食べた人にしかわからないおいしさだ。

午後はこの2メニューに加えてびっくりパンとブルーベリーロールの、

講師研究科もさせていただいた。

感謝である。


IMG_7152

IMG_7158

IMG_7154

IMG_7155

IMG_7160

IMG_7156

朝から事故で電車が運休、遅延していたにも関わらず、

遅れることなく普通にレッスンがスタートできるのは、

皆さんたちの心掛け(?)かと感心しながらさせていただいた。


今日もビーツのパンを作ったが、昨日と配合・製法を変えさせていただいた。

参加メンバーの顔ぶれによって臨機応変にやる、というのが私のポリシーだ。

もう一つのブラックココアのキャラメルナッツブレッドも、

そういう感じでさせていただいた。

感謝である。

IMG_7141

IMG_7140

IMG_7145

IMG_7139

IMG_7147

IMG_7148




生徒さんの知り合いから購入させていただいた。

ビーツを30分程煮てからフードプロセッサーでペースト状にして生地に練り込んだ。

市販の缶詰の物とは違い、大地の味がした。感謝である。


午前の講師研は、さつまスイート、ロシニョール、宇治ぜんざい、プチラブと、

スイーツ系オンパレード。

でも女子は大好き!と喜んでいただけてうれしい!

IMG_7136

IMG_7130

IMG_7131

IMG_7133

IMG_7134

IMG_7138

ピタ、ババオラム、アニーズブレッド、ダッチタイガーブレッド、

ドーナツ、ピロシキをさせていただいたが、

もう何回もこの多量のパンをやることに慣れてきた方ばかりなので、

笑顔で楽しくこなすことができた。

人が経験を積むということは、ものすごい力が備わると実感している。


午後からは富山に越された方を迎えて、PAWとツイストかぼちゃをさせていただいた。

お仲間同士で和気あいあいと楽しんでくださってうれしい。

今日も感謝の一日だ。

IMG_7123

IMG_7124

IMG_7125

IMG_7127

IMG_7128


ただ、午前の講師研と午後の教師研の製法が違うので、

食感の違いがよくわかり、私自身はいい復習をさせていただいた。

一言でいえば練りパイ方式と折りパイ方式。

私は酢飯バージョンとおにぎりバージョンと説明をさせていただいている。

いずれにしても大切な事は生地作りの段階でグルテンを作らない、という

普通のパンと真逆をやることだ。

ではその為にはどういう風にしたら良いかを、今日もう一度学んでいただいた。


初級〜上級の時にはその意味がわからなかったが、今ならよくわかると、

午後の教師の先生たちが言ってらした。

技術的にもすばらしい伸ばしで、日々成長していることがわかる。

感動と感謝の一日だ。

IMG_7115

IMG_7114

IMG_7117

IMG_7118

IMG_7122



つくづく感じた今日のマリーナレッスン。

ヒョウ柄のパン、酒粕のイチジクとクルミのパン、黒小麦のプロテインブレッドは、

どれもひと工夫と手間が掛かるが、達成感と満足感充分で、

それだけで幸せな気分を満喫できた。

感謝である。

063

062

052

054

046

048

↑このページのトップヘ