鎌倉パン教室 幸せなパン作りを目指して

神奈川県鎌倉市 鎌倉駅徒歩約15分 八幡宮の側で毎日パン教室を開催しています。

2013年03月

アンパンとロールケーキの2種。

アンパンはJHBSオリジナルのアンパンから、

市販されているお店のアンパンになったような感じだ。

並べてみると今までと違い、よそよそしい。

塩が1%になり、小ぶりになって、

おへそを作らなくなったということ以外は同じであるのに、

こんなにも食感が違うものかと不思議な気がする。


でも今日の師範の先生たちは、

おそらく今までの慣れ親しんだアンパンを

作り続けていくだろう。

037























039























040























041























043























044























045










































「みんなが喜ぶ話し方講座」からスタートした。(☆゚∀゚)


私たちは同じ内容であっても、

言い方一つでうれしく思ったり、悲しく思ったりする。


今日の師範研の方は、

お店をオープンした方とか、

地域の公民館で大勢の人を対象に、

教えている方とかがいらしたので、

なるべく分かりやすく、

しかも喜んでいただけるような話し方について、

みんなで語り合いながらパンを作った。

20130330-6














20130330-5














20130330-1














20130330-3




















































かなりレベルが高い



20130329-1

























20130329-3
























20130329-5


























































































ローズマリーフーガス、パンカマド、

プレイリブレッド、ハニーライという、

ポーリッシュとスポンジ製法のオンパレードであった。


この手のパンが、今一つ理解しづらいと

言ってらした先生たちも、今回の講習で頭の中が

スッキリしてくれたようだ。

作ってきてくださったお惣菜が、

今日のライ麦系のパンにとてもマッチして、

幸せなひと時をいただけたことに感謝した。

20130328-2










20130328-4


















20130328-6


















20130328-5








































和気あいあいとさせていただいた。

メニューは人気のカントリーブレッドと、

チーズバー、そしてチェリータルト


午後もクレーム・アンジュと

アーモンドバーデニッシュなので、

比較的早めに終えられるメニューだったので、

埼玉教室へと向かった。


朝比奈インターから高速に乗ったら、

何か不思議な感じがした。

その感じはベイブリッジに差し掛かった時、

もやであることがはっきりわかった。

そしてその中に浮かんで見える、みなとみらいの明かりや

観覧車、そしてナイトクルージング船の光が、

とても美しくて感動してしまった。


途中の羽田空港の暖色の光も、更にその先の

お台場の銀白色の街の明かりも、

全てもやの中に浮かんでいると、今までとは全く違う

世界を通っている感じがした。


そしてスカイツリーに差し掛かった時、

反対側の隅田川に浮かぶ屋形船の多数の明かりを

見た時、

あっ、これは子供の時によく夢に出てきた光景だと

思い、本当にびっくりしてしまった。


もしかしたら、昼間の教師の先生が、

花粉症の薬を飲んで体調が悪くなり、

幻覚症状が出てしまった。という話を気にしていた

からかもしれない。

しばし夢の世界に漂っていた。

20130327-4写真










20130327-6写真










20130327-5写真










20130327-3写真


















20130327-1写真









































パン作りというより、生地作りの勉強会であった。

ある一定のレベルに到達すると、パンをおいしく作るコツは、

いい生地を作ることだということに気づいてくる。

もちろんその中には、

いい素材を選ぶということも含まれている。


今日は生徒さんたちの方から、生地作りのご要望があった。

レベルの高い生徒さんたちと向き合っていく為には、

自分自身のスキルアップが必須であると、

自分に言い聞かせた。

004























002























005























006























008













010























011














































































と生徒さんたちから喜びの声をたくさんいただき、

おちおちパンも作っていられない(^∀^)


先日お世話になっている麹屋さんの五味さんから、

同じように感謝の電話をいただいた。


その時、ふとJHBSの創立者の会長さんの言葉を思いだした。

「わしは機械屋だから機械のことは詳しいが、

パンに関しては全くの素人だ。それがよかったんだと思う。

素人だから成功できたんだと思う」

という話だ。


私も麹に関しては素人なので、逆に固定観念を持たない分、

いろいろな事への気づきに繋がったのだと思う。


辛い花粉症が少しでも改善できたのなら、

こんなにうれしいことはない。

いつも無理を聞いて麹を送ってくださる、

五味さんに感謝である。


003























002































































何でも最初というのは緊張するので、

楽しんでいただけたかどうか不安だ。

でもご試食の時には、みなさんから「おいしい〜!」

と喜んでいただき、

「また来ます」と笑顔で言っていただけて、

うれしく思った。

001























002























004























005























008
























一応夜桜です
011




































































三段跳びでレベルアップ

プルマンは二段跳びぐらいかと思うが、

今までよりふかふかで、

ガクブチが少なくなった分、格段においしくなった。

006
























007













003























005
































































https://www.facebook.com/shusyokukatsudo


心に刺さったらシェア!
001











































https://www.facebook.com/shusyokukatsudo

↑このページのトップヘ