鎌倉パン教室 幸せなパン作りを目指して

神奈川県鎌倉市 鎌倉駅徒歩約15分 八幡宮の側で毎日パン教室を開催しています。

2014年05月

私たちは、いかに多くの自然界の菌たちに

守られているかを気付かされる。


整体・操体法をヤル度に、

私たちは、意識しなくても自律神経が

ちゃんと体を操作してくれていることに気付かされる。


天然酵母のレッスンをさせていただくと、

そういうものへの感謝の気持ちが溢れてくる。

ありがたいと心から思う。


004

006

008



























































一人の講師の先生が言った。

お顔を見たら顔色が悪い。


すぐに甘麹をコップ1杯飲んでもらって、

脳のインナーマッスルをしてもらったら、

2〜3分で顔色が元に戻り、ご本人も笑顔になりホッとした。


これからは熱中症、クーラー病、食中毒になりやすいので、

その対策法をお伝えしたい、と思いながらの

パン教室になった。

002

003

001
















































今日のパンたちはどれもおいしかった。

最後にこういうパンを作りたいということで、

水無しトマトの実習もさせていただいた。

自分で天然酵母が作れる喜びは、

この上なく幸せだ。


夜は逗子の花火大会があった。


  

003

004

006

010

008

015

001

032

011

013





































 

以前から感じていた。

その理由が今わかった。



マリーナは「仁」に片寄り、

鎌倉教室は「義」が強いと思う。

野生酵母、天然酵母という目に見えない、

自然界の物を使ってパンを作る自分と、

お店で売っているイースト菌という物質を使って、

パンを作るという自分の心が違うのだ。


今の状況を感じ取りながら、

それを活かせるパン作りをしていこう。

003

006

004














































キャロットブレッド、そして整体・操体法をさせていただいた。


ミートデニッシュは、ローストオニオンを敷き詰めて、

さっぱり味に作っていただいた。

キャロットブレッドは、マーブル状にして、

コントラストを楽しんでいただいた。


こだわりの差し入れをいただくと、恐縮してしまうが、

うれしくありがたく、この上なく幸せに思う。

この幸せを、みなさんたちと分かち合える事に感謝である。


003

008

012

014

001

016

20140527






























































































なんだかさみしい



001














































午前、午後と続けてさせていただいた。


一番人気は、野生酵母のワインナッツチーズブレッドだった。

でも上級のパンは、おいしいパンがたくさんあると、

改めて感じた。

ファミリーコースになって、無くなっていくのが残念なパンが

たくさんある。

004

005

006

007

008

001

002























































成型時にフィリングを入れるので、

生地の傷みがなくて本当においしい。


新商品のトレーパピエは、

ちょっとオシャレに作れるので、

プレゼントにはいいかもしれない。

001

002

003

004



















































空気中にも浮遊しているのか、

イーストのパンの味がいつもと違う気がする。


風味も発酵も、とてもいい。

これからが楽しみである。

001

005

004

003












































うれしくてうれしくて感動してしまった。

パンは作って幸せ、食べて幸せ、差し上げて幸せ、

そして何よりも、このようにパンを通じて出逢った生徒さんと、

一緒にいられる幸せを満喫している。

感謝である。

003

005

001

002

004

008

007

009

010











































↑このページのトップヘ