5a7a49e8.jpgNinja 250Rってハンドルが高いとよく言われているが、教習所でCBにしか乗ったことが無いおいらには最初ハンドルが低く感じられた。
まあノーマルの高さってそれなりに走るのにはちょうど良い感じですが、長距離を走ったり車の後ろをトロトロついて走ったりしてる時など微妙にしんどい。

それに走った後、いつも手のひらが痛くなっていたので、この痛み解消とツーリング時の快適さ向上のためハンドルアップスペーサーを取り付ける事にしました。

ハリケーン ハンドルアップスペーサー現在Ninja 250R用に販売されているのは主に3メーカーあるのですが、どうせ付けるのなら効果がわかりやすい高いモノをというコトでハリケーン製を選択しました。
これで高さは、18mmアップです。

モノはハンドル側の穴にすっぽりはめ込めるように凸部分がありしっかりした造りです。
外周にも溝が2本切ってあり値段は少し高いけど、それ相応の質感です。
スペーサー同士を合わせてもピッタリ張り付く感じで工作精度も良さげです。

ハンドルアップスペーサー取り付け取り付けはハンドルを止めている2本のボルトを外して間にこのスペーサーを挟んでキット付属のボルトで取り付けるだけです。
このハンドルを取り付ける時、ハンドル側の凹とスペーサーの凸がすっぽり嵌るので作業がしやすいし、安定感があるかも?

高さ比較ハンドルの高さが実際どれぐらい変わるか?というと、
下側の写真は片方だけスペーサーを取り付けたところです。
左右で高さの差がこれぐらいあります。

スペーサー取り付けで心配になるケーブル類ですが、なんとかノーマルのままでOKかな?っていうレベルです。
右側にロックするまでハンドルを切ると、クラッチワイヤーがかなり苦しそうな感じになってますが、右ロックまでハンドルを切ることはあまりないのでこの際良しとします。
右ハンドル側は大丈夫ですが、ブレーキラインがギリギリかな?ってところです。


で、取り付けでどうなの?ってところですが、
取り回しでハンドルを持っただけでも、かなり違和感があるぐらいハンドルの位置が違うことがわかるぐらいになります。
走行してみると、まるで教習所で乗っていたCB400っぽくなった感じ。(あくまでそんな感じがするだけで、そこまでハンドルは高くなってません)
完全にツーリングマシンで、ネイキッドの様な雰囲気になり少し戸惑います。
ノーマルだと曲がるときに少し前よりに体重を入れる感じですが、これが完全に無くなり、少し落ち着いた走りになる感じがします。
コーナーなどでは、やはりノーマルの方が曲がり易い感じがしますが、これも慣れのレベルかもしれません。
簡単に取り付け、取り外しが出来るので、走りに行く場所によってハンドル高さを変えるのもありかもしれません。

とりあえず、当初の目的であった楽なポジションという意味ではかなり楽になりました。
でもノーマルでかなり体が慣れていたので、またベストポジションを見つけなきゃいけまへんわ。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村