09
車の上に積んでるルーフボックスにどれぐらい物が入るの?ってよく聞かれるので、先日スキーに行った時の積載状態を載せておきます。

おいらのルーフボックスは THULE の Atlantis900 というモデルですが、もう売ってないのであまり参考になりませんが、ルーフボックスとしては最大級の収納能力を誇るハコどす。

まあ、色々説明するより見る方が早いので、動画をアップしました。



めっちゃ適当な動画ですみません。

スキーはボックスの中に、滑り止めシートを敷いて並べています。
THULEのルーフボックスはキャリアへの固定がボックス内からダイヤルを手で回すだけの簡単な構造なんですが、このダイヤルがけっこう大きくて邪魔なんです。せっかく広い庫内なのにコレが邪魔でフラットに積めないのです。まあスキー4セットなら、ビンディングを交互にズラせば4セット綺麗に並べることが可能です。

ストックは両側のスペースに置いてます。

そして、スキーを並べた上にさらに滑り止めシートを敷いて、後方のスペースにスキーブーツを適当に放り込んでいます。ルーフボックスの厚みがかなりあるので、ブーツを縦置きにしても余裕です。

動画で空いているスキーの上に、ウェアやゴーグルなのどの衣類等を詰め込んでいます。実際に全装備を載せた写真をスキー場で撮影するつもりだったのですが、豪雪で撮影する余裕が無かったのでこんな中途半端なビデオになってますねん。

こんな感じで、スキー用品は全て屋根の上にあるので、車内には余計な物が無いので車中泊も余裕なんです。なによりも滑った後に濡れたままのモノをそのまま放り込んで帰れるので良いですよ。