yuubin_takuhaiin_man2
ちょっと前のコトなんだけど、佐川急便さんが20時前にやってきた。

「山田 一郎」(仮名)さんですね、と言いながら送品票の住所も確認
真っ暗だったので確認も適当に受取印を押して荷物を受取りました。

我が家はおいらがAmazonプライムに入ってるので、家族にも発注を頼まれるコトが多く
宅配便も良く来るし、自分の欲しい物でも無いヤツがやってくるのでいつものようになんとなく受取り、玄関で箱をいきなり開けたら・・・

「えっ、ナニコレ?」
荷物の中身はガンプラだったのだ。

さすがにおいらも、家族もガンプラを注文なんかしてないので???
もう一度段ボール箱の伝票を確認すると、

住所
〒555-0055 大阪府●●市●●町2丁目6-9 山田 次郎様 って、あれ?
おいらは
〒555-0056 大阪府●●市●●町1丁目6-7 山田 一郎だ。

どちらも仮名にしてあるが、実際にはこんな感じで、住所も名前も一文字程度の違いだったのだ。

yuubin_takuhaiin_box
配達先を間違えてるやん!と思ったんだが、一旦受け取ってしまうと不在票みたいなドライバーへの直電も無いし、何処に電話してイイのかわからん、

とりあえず佐川に連絡しようと思い、サービスセンターに電話すると20時を過ぎているので「本日の営業は終了しました・・・」っていうだけ、

続いて、近所の配送センターに電話するも同様、オイオイ

仕方なく発送元の店舗へも電話したが、やはり営業時間外で連絡つかず途方に暮れたんだが、住所をよく見ると自宅からめっちゃ近いので、グーグルマップで詳細位置を確認してからおいらが持っていくことにした。

本来の送付先へ行き、ピンポ〜ン♪とインターフォンを鳴らして
「こんばんわ、佐川急便で〜す」となぜか佐川になりきってご挨拶。
(いきなり見ず知らずのヤツが夜にたずねて来たらおかしいからね)

扉が開くとおいらより歳のいったお父さんが出てきたので、事情を話荷物を受け取ってもらいました。
箱をうっかり開けたコトもしっかり謝ってきましたよ。

しかし、荷物を受け取った方も、おいらと名前が一文字違いでビックリしてましたわ、
住所もほぼ一緒で、めっちゃ近所でこんな名前の人が居るって偶然ってコワイですね、