33
じゃ〜ん、GoProをヘルメットに顎マウントしましたよ〜♪

最初は簡単にハンドル部にマウントしていましたが、やはりなんか平凡な映りにガマン出来なくて、臨場感を出すためにはやはり顎マウントしかないと決断したわけどす。

28
ヘルメットに取付ベースを両面テープで貼り付けましたが、おいらのヘルメットのデザイン的に丁度ブラックな部分に貼っているので、全く目立たず良い感じです。
GoPro非装着時でも風切音とか特に問題なしでした。

17
延長アームをこんな感じで付けてます。
全部Amazonさんで購入した安物どす。
延長アームに携帯ストラップを通して落下防止してます。ヘルメット装着時にこのストラップを、ヘルメットのあご紐に通しています。

40
装着するとこんな感じです。
ヘルメットにベースを貼り付ける時は、この状態にしてから位置を模索してこの状態のまま貼り付けました。貼った後にすぐにベースを残して取り外し一晩固着待ちしました。

59
横から見るとこんな角度で装着されています。
ココから見るとベース部がヘルメットのブラック部と一体化してあまり目立たないでしょ?

10
延長アームを固定しているネジは、出っ張らない様にTRUSCO 低頭六角穴付ボルト ステンレス M5X20 を使用しています。振動で緩まないように位置決めが確定してからガチ締めしています。

36
延長アームにGoProを取り付け接続部を持つとかなりの重量なので心配したのですが、実際にヘルメットに付けて被ってみるとGoPrおを顎マウントしてるコトなんか全然気になりません。

走行中の動作確認は最初は録画中かどうか赤LEDの点滅を見てたんですが走行中は見難くく、結局バックミラーにGoProの全面液晶の表示を写して確認しています。

こうやってヘルメットを装着した姿を見ると、そんなに大げさに付いてる感じが無いでしょ?


顎マウントで撮影したビデオを載せておきます。



やっぱり顎マウントでの撮影の方が後でビデオで見ると迫力もあるし、スピード感がありますね。それから音声はGoPro内蔵マイクですがもっと風切り音がすごいかと思ったんですが、おいらのマフラー Akrapovic レーシングライン カーボンのバッフル無しがうるさいので排気音をよく拾ってる感じです。



ビデオの方はむっちゃ適当な編集で垂れ流しですが、顎マウントのサンプル程度に見てください。国道480号の「はなさかドライブイン」と「高野山の大門」間の走行風景です。新品タイヤの皮むき走行なのでまったり走ってま〜す。


高野龍神スカイライン編もあるけど、編集が・・・