2018-07-14 14.17.19
アクラポヴィッチにバッフルを装着して1週間おいてからツーリングに出掛けてみました。バッフルを交換してすぐだとあまりの違いに落胆するのがわかってたから、冷静になる様に自分自身の熱を冷ましていたのです。

200kmほど走ったのですが、走り出してすぐにアクセルに対するレスポンスが緩くなってるのが気になりました。でも何かとトコトコと乗り易いんだわ、

ガソリンを満タンにして、大きな道に出ると吹け上がりが鈍い感じでバッフル無しの時の様にあっという間に回転が上がる事はなく、なんか4000rpmまでが遠く感じる。というのもMT-09のクイックシフターは4000rpm以上で使う様指示されているので、なるべく4000以上回してからシフトアップをするんだけどバッフル付きだと意識して回さないとダメな感じがします。

バッフル無しだとスコーン!と5,6000rpmまで突っ込むのに、じわーとくるんですわ


2018-07-14 10.04.45
最初はこの感じになんか遅くなったな、と少しショボーンとしてたんですが、50kmぐらい走ってるうちに、なんかいつもより1速上で走ってる事に気が付きました。

吹け上がりは鈍いけど、なんとなく中低速のトルクがあるから、ポンポンとシフトアップしていってもなんとなく走るんですよ。これがバッフル無しだとあまり早くシフトアップすると詰まった様な感じになり加速が鈍くなるので、知らず知らずのうちに最低でも3000rpmは切らない様に回してるんですよ。

バッフル無しは吹け上がりが早いからその中低速トルクが細くなっているのが気が付かないんです。これはバッフルを付けて改めて気付きました。


2018-07-14 12.01.46
結論から言うとツーリングだとバッフル付きの方がぜんぜん楽です。でも思いっきり攻めたい時なんかはバッフル無しのスコーンと回るあの快感は何物にも代えがたいです。バッフル無しだと7000~10000rpm回して走るのが楽しいけど、バッフルを付けるとそんな高回転まで回すのが大変だよ、って感じですね。

このクソ暑い中、200kmを割と元気に走ってきたんだけど、燃費は23.3kmと割と良かったです。やっぱり中低速トルクが増してるおかげかな、

バッフルを留めているネジが下向きにあれば簡単に脱着できるのにな・・・
あのネジ無しでも簡単に抜けて飛んでいくコトは無さそうだけど、どうなんだろ???