スクリーンショット 2018-11-07 21.15.57
バイクをドローンで自撮り撮影する時って、最初に撮影ポジションを決めて自動追尾をONにしてからコントローラーをバッグ等へ収納して走り始めるのですが、書くとなんだそれだけのコトか、って感じですが実際に操作をするとこれがけっこうメンドイ作業なのだ。

走行して撮影している時間よりも、この無駄にホバリングして必死に用意してる姿を録画してる時間の方が長いのだ。

おまけに、バッグへ収納する際にうっかり違うボタンを押したり、レバーを倒したりしてドローンが意図しない方向へ動いたりとリスクも多いのです。

コントローラーがスタンドで固定されていれば、そのままの状態で初期セッティングしてそのまま走り出せるので、こんなFenteer バイクマウント ホルダーサポートが欲しいのだ。でもコレってなんか怪しそうなブツだよね、1,000円程度なので一か八か人柱にしてみようかな・・・

もし割れたり折れたりした時に、コントローラーの落下よりもコントローラーに付けているスマホが落下するのがコワイのだ。コントローラーに付ける時はカバーを脱がさないと取り付けることが出来ないだけに、裸で落下は致命的ですからね。

試すにはリスクが高すぎるよな、