2018-11-16 17.43.39
会社からの帰り道、半分ほどの地点でピコン♪という音とともにメーター中央のパネルにタイヤ空気圧の警告表示が出ました。

VWの車はタイヤの回転差が大きいと空気圧に異常があると警告します。過去にもシャランに乗っていた頃にはキャンプ用品を満タン積むとタイヤが大きくたわむので、キャンプ場に行く道中で警告が良く出たので、なんかまたか?ってぐらいの気持ちでした。

ナビ画面を「CAR」スイッチを押すと、状態が確認できるのですが、ココも警告内容と同じで結局自分でタイヤを確認しなきゃならんみたいです。

とにかく、走っててハンドルを取られる様子も振動も無いので、寒くなって少し空気圧が低くかったタイヤがよりへたってるだけなんだろうと思いそのまま自宅まで帰ってきました。

2018-11-16 18.10.11
家に着いてから早速タイヤの空気圧確認をすることに、1本目OK、2本目OK、3本目OK、やっぱりセンサーの誤差じゃないの?と思い始めたて4本目(左フロントタイヤ)を確認したら、他の3本の半分以下しかありませんでした。

確かによく見るとペタッとなってるぽい。でもこの純正タイヤは空気がこれだ抜けていてもわかりにくいわ、

2018-11-16 18.12.10
こりゃパンクしてるのは間違い無さそうだなと思いふとタイヤの上部を見ると、写真のように見事なネジかクギの様なものが刺さってましたわ、完全にパンク確定ですわ。

一応パサートの純正タイヤってモビリティタイヤ(少しの穴なら自己修復)なんだが、自己修復なら刺さってる異物を抜けば穴が埋まるのかな?

車をカーポートにきっちり入れるために、エアーを適正値まで入れてみたんですが、シュ〜とすぐに抜ける様な気配は無いんだわ・・・

1本だけ外してパンク修理に持っていこうかな?と思ったけど、もうすぐスキーシーズンなので4本ともスタッドレスに履き替えるコトにします。明日は仕事なので日曜日にでも交換してから1本だけパンク修理に持っていきますわ、タイヤだけ持っていけば脱着工賃が無いので安く済むからね、

と言うワケで明日は S660で出勤だ!(バイクは寒すぎて)