IMG_7376
期待して取り付けたパフォーマンスダンパーが自分の思いとは少し違ったモノであったのは、取り付け時のレビュー2回目の再レビューで記載した通りだが、やはりそれなりの道を走って確かめたかったので、先週悪天候のために途中断念した高野龍神スカイラインへ走りに行ってきました。


IMG_7347
8時に自宅を出発して高野山へ、今日は観光客も比較的少なかった様な気がします。
とりあえずパフォーマンスダンパーを装着してから曲がり難さを感じていたので、新調に走ったんですがなんやかんやと既に200km以上走っていると、サスの特性に慣れたのかあまり気にせず走れた様な気がします。

IMG_7355
高野山ではあまりバイクを見かけなかったけど、ごまさんスカイタワーにはバイク野郎がいっぱい居ましたよ。みんな早起きオヤジですわ、

ココに来るまでに気付いたのだが、リアをオーリンズに交換してから高野龍神スカイラインを走るのは今日が初めてだったんです。なのでパフォーマンスダンパーがどうのこうのより、オーリンズに交換による効果の方が大きくて、すごく安定して走りやすくなってたんですよ〜、もう最高にイイ感じ。

ただやはりパフォーマンスダンパーのせいなのか、攻めているというよりもツーリング的な感じで安定指向の速さになってる気がしなくもない。それがわかるのが、普段ココを走るとタイヤの端っこまで使えるのだが、今日はアマリングがいっぱい残っていました。

今日は高野龍神スカラインを南へ抜けてから、ぐるっとR371〜R424で戻ってくるルートを走ったのですが、高野龍神スカラインの下りが終了してからR424へ出るまでの区間を走ってる時、とてもバイクがスムーズな感じがしました。微細な振動が抑えられている様で体への負担が少ないのかいつもよりとても楽に走るコトが出来た気がします。

また、7,000〜9,000回転ぐらいゾーンが雑味なくとてもスムーズにエンジンが回るようになった感じがして、今日はほとんど7,000回転以上キープして走っていました。めっちゃ気持ちイイ




パフォーマンスダンパーっていうぐらいだから、ダンパー部がどれぐらい動いてるのかな?と気になったので、GoProでダンパーのロッド部を撮影してみました。

結局は動画ではダンパー部が伸縮しているのかどうかわかりませんね、目視でわかるぐらいフレームがたわむワケないですからね、

この後、高速道路に乗ったんですが、まったり走って感じをレビューする予定だっったのに、めっちゃ速い集団さんが走っていたのでつい同じペースで付いて行ってしまったので普通の高速道路レビューはお預けです。高速道路ガチ走りではパフォーマンスダンパーの効果はよくわかりませんでした。単純な一本調子な加速時は安定感の向上はわかるけど、加減速を高速域で繰り返しながら走るとそんなもんはどうでもエエみたいなトコロでして、汗