IMG_7603
Kindle Oasis (第10世代) 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 32GBを購入しました。

2017年6月に Kindle Paperwhite (第7世代)を購入して今まで使っていました。
読書の方はそんな熱心に読む方では無いのですが、なんか気になった事や書籍を見つけると、関係する物を次々と読みたくなるタイプで、全然読まない時もあるけど、えらい集中して読書をするので、より読みやすいマシンが欲しくなったんです。

IMG_7600
カラーページが多い雑誌類はパソコンや iPad pro12インチで読むので、電子ペーパーではマンガは読まないので、小さな画面&白黒でも全く問題にならず Kindle Paperwhite は重宝していました。
 
ちょっと出掛け先で読みたい場合は スマホで読んで、Kindle を使うのはもっぱら長時間読書する場合のみ用いています。そうして長時間読書をする際に Kindle Paperwhite にカバーを付けると本体だけなら軽いのにカバーも本体とほぼ同じ重さぐらいあって気になるんだわ、カバーがある方が持ちやすいんですけどね、

IMG_7613
それでカバーを外して裸にすると表面がつるつるで滑るんですよ。ベゼルが微妙に狭いので指でつまんでいるのも疲れるのだ。

IMG_7614
サイドベゼルを持つと狭いので、結局こんなふうに下の部分をつまむのですが、バランス的に悪くて力が要るんですよ。

膝やテーブルの上に置いて読めば問題ないけど、ソファーで堕落した姿勢で読んだりする場合に保持し難いので、上位モデルの Kindle Oasis なら片方を手で持てるデザインなので保持しやすいのかな?っと思いそれだけで Kindle Oasis を買う決心をしました。
 
まあ画面も7インチと少しだけ大きいので老眼ぽい目に優しいからね、

IMG_7604
箱から出してみるとさすがに高いだけあって質感はとても良いですただアルミという金属の質感からなのかカタログ重量はそんなに差が無いのに、なんか重たいな、とい感じがしました。まあ実際に使い始めるとそんなに気にならなくなるけど
 
手で片方を持つデザインですが、画面が自動的に回転するので左右どちらの手でも使えます。ページ送りボタンも付いているのでページをめくるのが簡単で良いのですが、タッチ画面が割と敏感なのでうっかり触ると簡単にページ送りされたりする事があります。物理的ボタンがあるのなら、画面タッチをキャンセルするスイッチを付けてくれたらより便利になるのに・・・

IMG_7608
第10世代となる今回のモデルでは、色調調整ライトが付いているので画面を暖かみのあるアンバーにする事が出来ます。実際使ってみると真っ白よりも目に優しい感じがしてイイです。明るさも自動調整なので読む場所を移動したりしてもその都度ライトの照度を調整する頻度がかなり減りました。
 
まあ読書する自体は文字表示さえされればOKなのですが、やはり色調調節ライトや明るさ自動調整、画面の大きさ、反応速度の良さなど細かい所が良く出来ているので、使えば使うほど満足感は高い代物です。

IMG_7610
肝心の持ちやすさは、グリップする方の裏側の段差に指が引っ掛かるため保持しやすく、親指を置く場所も広くて安定した持ち心地です。普通の Kindle はぼてっとしたボディですが、Kindle Oasis は薄くて持ち易いマシンです。

IMG_7607
このe-inkなくっきりすっきりした表示が長時間小説とか読む場合に目が疲れなくて良いのだ。

IMG_7606
ちなみに今読んでいるのは、戦後史の正体 (「戦後再発見」双書1)という本なのだ。
コレ、ここ最近の怪しい世界情勢の正体がよくわかりますよ〜

IMG_7612
こうやって同じ本を表示すると Kindle Paperwhite が小さい感じがするでしょ?

このお古の Kindle Paperwhite は長官さまへ差し上げました。
なんか使って見たかったので喜んでますわ。


IMG_7615
大きさを比べるとこんな感じ、重量はほぼ同じなのでじっくり持っていると少し大きな分だけ Kindle Oasisの方が軽く感じます。

夏は暑いので、エアコンの効いた涼しい部屋でまったり読書して過ごします。