IMG_7653
オイル交換の作業を楽にするためにモンキー125にエコオイルチェンジャーを取付けたけど、作業の中でオイル交換をした際に少し気になるコトがあったので報告しておきます。


IMG_7656
前回のオイル交換時にドレンボルトを武川のマグネット付きに交換していたんですが、ドレンボルトを外すとこの通りびっしりとゴミだか鉄粉なのかいっぱい引っ付いていました。


IMG_7660
かなりけっこうな量なんだわ、

GSX-R1000は純正でマグネット付きだったけど、マグネットが無駄に思えるぐらい鉄粉が付かなかった思い出があるのでちょっとびっくりです。

IMG_7662
なんかわからんけどビニールのような小さな切れ端もいっぱい混ざっています。


IMG_7663
細かな鉄粉はかなりの量です。まあ刺さるような鋭利な切粉な様なモノはないので大丈夫とは思うけどね、

モンキー125はオイルフィルターが無いから、この様な細かいゴミがオイルの中を漂ってるのかな?オイルフィルターが付いているエンジンはこんなのはフィルターで除去されているんでしょうね?


Paper.スケッチ.12
そこでエコオイルチェンジャーの話に戻るが、構造上ドレンネジの先端がオイルパンの底面よりも少し飛び出しているハズである。なのでオイルを抜いても細かいゴミがココに溜まりそうな気がしてならんのだ。

勢いよくエンジンを回して止めて即オイルを抜けば細かいゴミもオイルと一緒になって抜けると思うけど、やらたと神経質にオイル交換するタイプだけにコレだけが気がかりなんですわ。