初めての360°カメラなのでどんな風に撮れるのか、MT-09に取り付けているマウントに付けて試し撮りしてみました。撮影した時、どんより曇っていたので映像がイマイチですがとりあえず各マウントでどんな感じに写るのか参考程度にしてください。

2019-11-24 11.48.10
マウントは3箇所で、まず最初はラジエターのサイドパネルの横に張り出す様に取り付けた映像です。バイクを横から写した様な感じを出したかったけど、これぐらいの距離では魚眼感が払えませんでした。


2019-11-24 11.46.16
2番目は右側のシート下からこれぐらい横に出した位置です。上の位置よりこっちの方がなんか良い画が撮れる感じです。


2019-11-24 11.54.55
3番目は普通にハンドルの所です。ここはライダー自身が運転している姿が撮れるのでイイ感じです。
もっと離れた位置から撮るとバイクがきちんと写るんだけど、あまり長い棒を横に出すのも危ないよな〜、フルカウルなバイクだと色々と貼り付けられるんだけど、MT-09の様なむき出しバイクの場合はマウント類の付ける場所が限られるのでまだまだ検討が必要そうです。


GoPro MAXの映像は晴天時や明るいところではすごく綺麗ですが、少しでも光量が少ないとザラついた感じが顕著になりますね(まあGoPro全体的に言えるコトだけど)

それより今回の映像で風切り音がほとんどカットされてるんです。コレかなりスゴイですよ。通常こんなスピードで走ったら風切り音でむちゃくちゃになりけど、すごく良く排気音が録れています。

HEROモードで水平維持ONでも撮影したのですが、バイクがバンクしてもまったく映像が傾かないので全く臨場感が無いのでバイクの映像としてはダメでした。水平維持は手に持って歩きながら撮影するのには最強ですけどね、(ものすごいよ)

この試し撮りでクセがわかったので、もう少しマウント類を工夫してイイ映像撮れるようにがんばります♪