2020-03-01 11.42.37
オートシフターのEZ-SHiFTERはノーマル状態でセッティングして出荷されているので、マフラー交換していると多少影響があるのかもしれないと思っていたので、マフラーをノーマルに戻した状態でイージーシフターの作動状態を確認すべくテスト走行をしてきました。

まずこの製品はMT-09のAモードでセッティングされているので、Aモードでテストしました。
でもマフラーを純正に戻しましたが、REVシステムは装着されています。

で、乗った感じですが正直アクラポヴィッチマフラーの方がシフト時のショックや繋がりは良い様に感じました。特にシフトアップはノーマルマフラーの場合はちょっと引っ掛かる感じがしないでもない。アクラポヴィッチマフラーではシフトアップ時は超絶スムーズですから余計気になりました。

シフトダウンは同じ様な感じかな〜?
試しにSTDモードで走ってみたけど、そんなに印象は変わりませんでした。

マフラー交換している方が、シフトアップ時の点火カットで回転の落ちが速いのでギアの入りが良い様に思えます。 とは言うものの、同じマフラーでもバッフルの状態等で印象がかなり変わるので何が良いのかなかなか結論が出ない気もします。

とりあえず、おいらの場合はアクラポヴィッチマフラーのバッフル無しで、インナーバッフル付きがベストみたいです。