2020-10-11 13.05.52-1
ブログ記事の写真に映っていたフロントフォークのオイル滲みが多いのでは?とコメントを以前頂きました。おいらも少し気にはなっていたがコレぐらいは初期にダストシールに付いているグリースが流れ出してきてるだけだと考えていたのですが、一応ショップでこの件を伝えると、やっぱりオイルの滲み量が少し多いかも?というコトで調査するコトになりました。


2020-10-11 13.05.35
もしダメな状態ならフロントフォークのオーバーフォールをする可能性もあるので部品が揃うのを待ち、やっとショップの方へ預けるコトになりました。

というワケでしばらくS1000XRは入院です。

聞くところによるとS1000XRはフロントフォークのオイル滲みが多発しているらしくメーカーも対応に慎重になっているらしい。

多くはおいらの予想通りダストシール部に付いているグリースが多くてそれが流れ出てるケースらしいのでそれが原因ならそのまま返ってくるけど、品質的に重大な部分&その他事情が色々あるので調査のため少し預からしてくださいとのコトでした。


2020-10-11 14.32.55
でね、その間の代車として貸してもらったのがこのSB400なのだ。

おいらも昔SB400には乗っていたので懐かしいのだが、跨った瞬間に
「こんなにハンドルが狭かったっけ?」
「ステップがものすごく上にあって脚が窮屈やんけ!」
と思った。

代車のショボショボの中古なので何も期待せずに走り出したのですが、軽くアクセルを回しただけで10,000回転までタコメーターが突き刺さるぐらい加速が凄いんだわ、もうビックリ!!!

S1000XRも良いエンジンなのでスゴイと思ってたけど、このCB400の方が回転の上がりが超絶スムーズで加速がスゴイ気がするのです。(実際にはS1000XRより遅いけど運転しててスゴイ速いマシンな感じがするのです)

その上すごいレーシーな排気音でヤル気満々になるんだわ、でもブレーキがショボいし、コーナーが怖いので直線番長なのだ。

自宅まで戻って改めて車体を観察すると、マフラーがアールズ・ギアのワイバンが装着されてたんだわ、おいらのCB400はノーマルマフラーのままだったけど、マフラー交換だけでこんなに感動的によく回るエンジンになるのかとビックリです。普通に走っていても9,000回転ぐらい突っ込んでいくぐらいエンジンエスポンスがスゴイんだわ。これマフラーだけなのかな?

とにかくCB400のエンジンのポテンシャルにビックリですわ。ホンダもSB400のエンジンを最新のアルミフレームに積んだマシンを出せばすごいヤツになりそうなんだけど・・・(高すぎて売れないか?)