2020-11-07 18.19.08
クラウドファンティングで安くなっていたので Selpic P1 というハンディプリンターを購入してみました。

コイツを購入した最大の理由は、Amazonの商品紹介によると、
【どんな素材にもプリント可能】:Selpicはどんな麺にもプリントする事が可能です。紙、木材、織物、金属、プラスチック、皮革などのあらゆる素材に簡単に印刷出来ます。キャップやマグカップなどの表面が平でない物にもきれいにプリントされます。

と、なっていたので、バイクの部品やカウル等にちょこっと印字するコトが出来たらイイなと思い注文したのです。

参考資料:
engadget 92gのモバイルプリンター「Selpic P1」を使ってみた



2020-11-07 18.20.35
でね、結論から言うとコイツ、ダメですわ、、、

ハンディプリンターの機能として紙に印刷するのは全く問題無いけど、おいらが購入した目的のプラスチックや金属に対しては使い物にならないのです。

印字設定でにそれぞれのマテリアルまで選択するモードもあり、モードをきっちり選択しても印刷はするけど肝心のインクが水性らしく、ツルツルの水が染み込まない様な表面にインクが留まるコトがないのです。一応試しに一晩放置してインクを乾燥させてみましたが、指で擦るとあっけなく取れました。

そう、確かに印刷はできる。でも消えないとは書かれていません。
まあ油性の様なインクだとインクノズルが詰まるわな、買ったおいらがアホなのかな・・・


そんなコトはさておき、普通に用紙に印刷する分にはけっこうまともに印字できます。適当に滑らせても綺麗に印字されるのにはちょっとびっくりするぐらいです。
一回の移動で印字する上下幅は12.5cmほどですが、数行に渡る文字を印刷するコトができるので、住所と名前の様に大きな文字を2行にわたって印刷する場合は、2回本体を走らせて印刷することが可能です。

ちょっとおしいのは、海外製品なので日本語フォントが入ってないので明朝体の様なヤツもあるけど選んでみて確認するしかないが、フォントを選択する画面では文字が非常に小さく表示されるのでフォントの変化がとてもわかり難いです。

それとちょっと致命的なのは、スマホアプリが必ずWi-Fi接続を要求するコトです。なぜかBluetoothで接続しているハズなのにWi-Fiでアプリが通信しないとプリンターに印刷データが転送できない仕様になってますねん。なんでこんな仕様なんだろ?

仕事等で封筒や書類に結構同じコトを毎回書いているけど、プリンターで印刷するほどでも無いとか、プリンターで印刷出来ない部分などはこのハンディプリターはかなり便利だと思います。
色んなフレーズはアプリの方に登録しておけるので、定形分を印字するにはもってこいです。

おいらも趣味で使えないから、仕事場に持っていて利用しようかなと・・・