2022-04-20 19.35.21
最近こんなオヤジにも孫が出来てね、今まで以上にビデオ撮りする事が多くなったんですが、まだ赤ん坊なので室内撮りする事が多く、そんな場面ではGoProでは光量が足らなくてイマイチな感じになるんですよ。

それ以外にも、先日LEGOでS1000RRの制作過程でGoProで撮影していたのですが、どうしてもテーブルの上で至近距離で撮影したため、ピンぼけが多くて使い物にならないNGビデオを大量生産してしました。

でね、暗めに室内撮りや、至近距離のモノ撮りの際は iPhone で撮影した方が綺麗に撮れるんですよ。おいらのは iPhone 13 mini なのでシネマモードとかで取ると最強ですねん。

IMG_0066
GoProで撮影している理由の一つに、水平維持があるのですが、やはり動画の場合作品的に水平がしっかり出ている方が良いのでスマホを手持ち撮影すると、その辺が難しいのでジンバルを買うことに決めたのです。

ジンバルと言えば、GoPro用のKaruma Gripや、INKEE FALCONも持っているんですけど、Karuma GripはGoPro 7までの物については効果が絶大ですが、GoPro 9では使えないし、INKEE FALCONはGoPro 9や10で夜間に手ブレ補正をOFFで撮影するために購入したけど、実際そんな場面で使う場面も少ないし、また昼間だと本来持ってる手ブレ補正とジンバルの差がわからないので全然使ってないんです。

それ以上に使用頻度を下げている原因が、取付作業が面倒なんだわ、Karuma GripはGoProのサイドカバーを外さないといけないし、INKEE FALCONは普通のGoProのマウントと同じですがネジを回さないといけないのがね、

そして共通しているのが、未使用時のアーム類がグラグラ動くのでラフな扱いすると壊れそうな感じがあるので、取り扱いに注意が必要なことなんです。

IMG_0076
まあ、そんな経験もあってスマホ用として選んだのがこの MOZA Mini MX2 です。

選んだポイント
収納時にアームが固定される。
スマホを固定するクランプが電動式
安い

IMG_0075
アーム類が収納時に固定されるのですが、グリップ部は2段階にクリック感があって、写真下の部分に軽く当たって固定されます。

IMG_0074
そして、この部分も固定されます。きっちりどちらに回せばロックされるのか表示されているので安心です。


IMG_0069
スマホのクランプ部も固定される位置まで回してロックします。
各固定はきっちりしてるので安心感があります。しっかり固定されているので付属のソフトな袋に入れておくだけでも安心して持ち運べます。この安心感はなかなかですよ。




スマホのクランプは電動式で、電源を入れると自動的にクランプが開きます。スマホを乗せるとセンサーが感知してクランプが閉まりスマホを固定します。(上の動画をご覧ください)

クランプ部はスマホを裸で挟み込む事を想定した感じで、カバーを付けた状態でも固定は出来ますがギリギリの所をクランプしてる感じになります。スイッチ類があってクランプが斜めになっていてもスマホ自体の水平は出ます。

また、スマホを挟む位置がかなり左右どちらかに偏っていても問題無く水平が保たれます。なのでスマホを取り付けるのが非常に容易です。電動でぐい〜んと開閉する時間はあるけど、手で硬いクランプを開いてスマホを挟み込むよりも断然気軽に脱着可能です。

ワンタッチで装着できるジンバルとしては、DJIのOM4や5があるけどあっちはマグネットのアダプタをスマホに付ける必要があるが、MOZA Mini MX2はそのまま装着出来るのが選んだ大きな理由です。

色々使ってみたけど必要十分だし、なりより脱着しやすいので使う頻度が多くなりそうです。