スクリーンショット 2022-05-15 19.32.19
基本的においらは夜間バイクで走らない様にしているのですが、たまに通勤のためにモンキー125を使ったりすると車体が小さいし、遅いので幹線道路を走るのがコワイんですよ。(S1000XRならコワイもの無しですが)

でね、なんか無いかなぁ〜と探していてバックパップの背面がLEDで光るDivoomのPixoo M Backpackを見つけたんです。アプリを使うとものすごい数のアニメーションデザインが転がっています。好きなのを選ぶだけでも多すぎて大変です。こりゃエエわ、と思い実は年末には手に入れていましたがこの時期までブログでお伝えしなかったのは、下の様な夜間にバイクで走ってる姿を撮影したかったけど寒すぎてやる気だ出なかっただけなんです。

では、早速どんな感じか見てください。
  



どうです?めっちゃ目立つでしょ。

これでうっかり追突防止になるかと思いきや、目立つ上に珍しいのでやたらと車に追いかけられてガン見されます。コマッタ、


2022-05-15 19.37.10
電源はポタブルバッテリーです。(付属してません)そんなに電気は食わないので小さい容量の物でも大丈夫です。手前に電源用バッテリーだけ入れるポケットがあります。


2022-05-15 19.36.22
一つだけ不満が、LEDの表示をON・OFFするスイッチが無く、ON・OFFはバッテリーに繋いでいるコードを抜き差しするというカタチになっています。例えバッテリーにスイッチがあっても電源の操作にカバーを開けてバッテリーポケットの中の物をゴソゴソしないといけないので面倒です。ずっと点けっ放しなら問題ないけど目立ち過ぎるのでちょっと恥ずかしいのだ。

で、対策としてスイッチ付きのUSB延長ケーブルを購入して、スイッチ部をサイド部の手持ち用のベルト部に固定しました。

LEDが表示するドット絵が粗いというレビューも見るけど、逆にコレぐらいガクガクほ方が愛嬌があって可愛いです。ただスマホアプリで見るイメージと実際にバックパックで表示するのは、LEDの発色の違いと、LED間の隙間の差によってかなりイメージが違うので、実際にカバンに表示させて選ぶ必要があります。

そしてこのバックパックは、そのカバンとしての機能も優秀なので、例え光らせなくても普段使いにとても良い感じです。LED部もマットな感じで光らせていないと普通のバックです。(LEDがあるとは全くわかりません)

ちょっと高いけど、遊び心があるこんなカバン面白いよ〜