スクリーンショット 2024-05-07 19.42.03
土曜日のツーリング中に発生したマフラー脱落事件で、バイク屋さんで応急処置をしてもらったんだけど、手持ちのガスケットが純正品に比べて内径が少し小さいモノしか合う物が無かったので、乗ってみてエンジンの吹けが悪い場合は純正サイズのガスケットに交換してくださいと告げられていました。

で、やっぱり乗ってみると明らかにエンジンの吹けが悪いし、音もなんだか詰まり気味な感じなので、翌日早速ガスケットを交換する事にしました。

マフラーを外してガスケットを確認してみると、内径が −3.5mmも小さいのです。 面積比でみると、通常品の75%しか開口部が無いのです。

こりゃ流石にエンジンに影響出るわ、
というコトで、交換作業と交換を終えた結果どうなったかを映像にしましたのでご覧ください