http://i.ytimg.com/vi/MMbI22Uya8A/mqdefault.jpg
アメリカ軍が第二次世界大戦中に開発運用した駆逐戦車「M18 Hellcat」の動画です。

M18(76mm自走砲車 M18)は、第二次世界大戦中に生産・使用されたアメリカ合衆国の対戦車自走砲(戦車駆逐車)である。

非公式の愛称は"ヘルキャット"(HellCat:性悪女の意)。

アメリカ陸軍において対戦車戦闘を行う戦車駆逐大隊の装備として、M4中戦車のシャーシを流用し、3インチ(76.2mm)砲を搭載したM10とはまた別に、より軽装甲で高速なヒット・エンド・ラン戦法向きな車輌の開発が進められていた。

当初予定されていた37mm砲は、対戦車用途としてはもはや使い物にならないため、57mm砲を普通の戦車と同じ密閉型旋回砲塔に搭載し、クリスティー式サスペンションを持つ対戦車車両、T49 GMCが試作された。これは、算盤の玉型のオープントップ砲塔に3インチ砲を搭載するT67 GMCに発展。さらに大幅な改良が加えられ、砲塔形状が変更されサスペンションをトーションバー式に、起動輪を後部から前部に移動したT70 GMCとなり、これが76mm GMC M18として制式化され、1943年7月-翌年10月までに、合計2,507輌がビュイック社によって生産された。

M18は、開発時の要求スペックどおり、戦場に急行し待ち伏せを行うのに適した性能を発揮し、また、完成度が高く兵器として扱いやすかったが、その本領を発揮できる場面が少なく、出現時期と活躍すべき戦場を誤ってしまった車輌といえる。しかし、バストーニュの戦いにおいて第705戦車駆逐大隊の4輌が、その機動性を生かして活躍したことも記録されている。