http://i.ytimg.com/vi/vkzlbISHHI0/mqdefault.jpg
約1400台が立ち往生した国道8号。吹き付ける雪と氷点下の中、身動きがとれなくなったトラックの周りを、夜を徹して自衛隊員がスコップを手に力強く除雪していった。

6日、福井県知事から災害派遣の要請を受けた陸上自衛隊は、福井県あわら市に人命救助に係る災害派遣を行い、石川県金沢市の『第14普通科連隊』と福井県鯖江市の『第372施設中隊』を始めとした6部隊の、およそ1100名が現地で活動。

24時間体制で車両の救出や除雪作業を行い、1000食以上の食料等配布を行った。今後も引き続き、食料の配布や除雪の支援を実施していく予定とのこと。