http://i.ytimg.com/vi/ZjDeQok0SY0/mqdefault.jpg
半自動装填装置を装備した「カエサル 155mm自走榴弾砲」の砲撃動画です。

カエサル 155mm自走榴弾砲(カエサル155ミリじそうりゅうだんほう)は、フランスの155mm自走榴弾砲である。CAESARとは、フランス語のCAmion Equipé d'un Système d'ARtillerie(砲兵システム搭載トラック)のアクロニムであり、読みは共和政ローマのガイウス・ユリウス・カエサル(Gaius Julius Caesar)と同じ綴りであることに由来する。

従来の自走榴弾砲は全周式の密閉砲塔を有すが、カエサルは砲をトラックの荷台に“車外に露出させる形で”搭載していることが最大の特徴で、砲の操作は全て車外から行う。この設計により、全周密閉砲塔を装備する従来型の155ミリメートル/152ミリメートル自走榴弾砲に比して利点がある。

従来型の自走榴弾砲は重量が25トン - 45トン前後だがカエサルは17.7トンと2/3 - 1/2以下に大幅な軽量化を実現し、C-130 ハーキュリーズやエアバス A400Mなどの中型輸送機による空輸が可能で緊急展開部隊へ配備が容易であり、布陣や撤収に要する時間も1分と短い。一般に装輪式車両は装軌式と比較して安価であるが、カエサルは車体に既存のトラックを利用して調達費や整備維持費の低廉化を実現した。