http://i.ytimg.com/vi/BEW1kegpA0c/mqdefault.jpg
2000年に退役した自衛隊の主力戦車「61式戦車」の動画です。

61式戦車は、日本の陸上自衛隊が運用していた戦後第1世代戦車に分類される戦後初の国産戦車である。

第二次世界大戦後、初めて開発された国産戦車であり、戦後第1世代主力戦車に分類される。開発・生産は三菱日本重工業(1964年から三菱重工業)が担当し、それまで供与されていたアメリカ製戦車との共用、もしくは置き換えにより全国の部隊に配備された。

1955年(昭和30年)に開発が開始され、1961年(昭和36年)4月に制式採用された。採用された西暦の下二桁の年をとり、61式戦車と命名された。主砲に「61式52口径90mmライフル砲」として制式化された52口径90mmライフル砲を装備し、鉄道輸送を考慮して当時の国鉄貨車に搭載できるよう車体が小型化されている。

1974年(昭和49年)に74式戦車が採用されるまで560輌が生産され、2000年(平成12年)に全車が退役した。


#1 貴重映像と思い出インタビュー



#2 説明



#3 最後の戦車射撃(北富士演習場)



#4 TOPGUNNERによる61式戦車と74式戦車の比較



#5 最後の勇姿を追う①



#6 最後の勇姿を追う② 2001年9月28日最後の1両95-4241送別会