http://i.ytimg.com/vi/bK7KvhjQx9k/mqdefault.jpg
アメリカの大型戦略爆撃機「B-36」の動画です。

B-36とはアメリカ合衆国のコンソリデーテッド・ヴァルティ(コンベア)社が開発した戦略爆撃機。冷戦の初期段階において、アメリカ空軍の戦略航空軍団における主力爆撃機となった。

正式な愛称は存在しないが、公式な場でもしばしば「ピースメーカー」との表現がなされ、これが半ば公式な呼称となっている。他には「コンカラー」、「ビッグスティック」などがある。

第二次世界大戦中に計画された爆撃機であるが、1945年8月に第二次世界大戦が終結したため開発が急がれず、初飛行は1946年8月8日であり、配備は1948年で最終的には1954年まで製造された。大型ジェット爆撃機のボーイングB-52が配備された後の1959年に退役したため、活動した期間が10年前後といった短い機体である。

B-36は一基あたり約3000〜4000馬力を発揮するエンジンを搭載した6発レシプロ機(プロペラは推進式に主翼の後ろに取り付けられている)であったが、それでも不足気味であった。対策として、当時は開発されたばかりのジェットエンジンを左右の主翼に2基ずつ計4基をパイロンで吊り下げて追加、空前の10発爆撃機となった。