http://i.ytimg.com/vi/dNfRQ0dgB_E/mqdefault.jpg
FN社が開発したブルパップ方式のアサルトライフル「FN FS2000」の動画です。

FN FS2000は、FN社が2001年に開発したブルパップ方式のアサルトライフルである。5.56x45mm NATO弾(SS109)を使用する。

モジュール式を採用したブルパップ式アサルトライフルで、独自の前方排莢機構を持つ。アメリカのOICW(現時点では、XM29 OICWのみ)の対抗として開発された。将来的に火器統制装置(FCS)を装備する必要性が生じた場合に対応できるように部品(モジュール)を交換することができる。

民間用にセミオートのみで、バレルが少し延長されたFS2000がある。FS2000の他、F2000 スタンダード型に酷似したFS2000 スタンダードやF2000 タクティカルに酷似したFS2000 OD グリーン・タクティカル・セミオートカービンや光学サイトの代わりにピカティニー・レールが装備され、ハンドガードを取り外した代わりに3面ピカティニー・レールが装備されたFS2000 タクティカルブラックがある。

同社製のブルパップ式サブマシンガンP90同様、人間工学に基づいた設計がなされている。銃口付近から前方に排莢が行われるため、左利きでも取り回しが容易であるばかりか、状況に応じ左右どちらでも構えることができる。 また、ブルパップ式においてしばしば言及される、レシーバーと射手の顔が近くなる構造が健康を害するという欠点に対しても一定の配慮がなされており、密閉性を高めたレシーバーから発生した作動音と硝煙が前方へ逃げるように設計されている。

また、この方式では、空薬莢がレシーバーから排莢口までの長い通路を通過する過程で、撃発直後の熱がある程度まで冷却された状態で銃の外へ排出されることになり、結果として自動小銃を用いた集団戦闘などにおいて懸念される「排莢された熱い空薬莢」が同僚に火傷を負わせたり集中力を削いだりする事態を未然に防ぐことが期待できる。