http://i.ytimg.com/vi/7LRHEO3d6d8/mqdefault.jpg
ロシア空軍などが運用中の輸送ヘリコプター「Mi-26」の動画です。

Mi-26(NATOコードネーム:Halo"ヘイロー")は、ソビエト連邦/ロシアの軍、民間用大型輸送ヘリコプターである。現在生産されているヘリコプターにおいて世界最重を誇る。Mi-26は世界初の8枚翼を持つヘリコプターである。

Mi-26は、史上最大の貨物容積を持つ、軍用及び民間用の輸送ヘリコプターとして、1970年代に開発された。初号機は1977年12月14日に初飛行し、1983年からソビエト連邦軍にて就役が始まった。

大型ヘリコプターのMi-6と比べて重量がわずかに重い程度のMi-26であるが、ペイロードはMi-6の12トンと比して20トン以上ある。また、1発のエンジンが停止した場合でも、エンジンロード・シェアシステムにより飛行が可能である。 機体は、シングルローター式であり、胴体上部にターボシャフトエンジンを2基搭載する。テール・ローターは胴体後部より伸びたテール・ブームの先に設置されている。

1980年代より就役が開始されている。

1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原発事故では、Mi-8などと共に上空から砂・鉛・ホウ素などを散布しての消火活動を行った。これらの機体は全てが高レベルの放射性物質で汚染されているため、放射性廃棄物として発電所周辺に遺棄されている。