http://i.ytimg.com/vi/99QoL_iMdrg/mqdefault.jpg
ソビエト連邦が開発した短距離防空ミサイル・システム9K330の進化版「9K330 トールM2」の動画です。

9K330 トール(ロシア語: 9К330 «Тор» ヂェーヴャチ・カー・トリースタ・トリーッツァチ・トール)は、ソビエト連邦が開発した短距離防空ミサイル・システム。派生型には、9К331、9К332などがある。愛称はロシア語で「トーラス」のこと。NATOコードネームでは、派生型によりSA-15またはSA-N-9 ゴーントレト/ガントレット(Gauntlet:籠手)と呼ばれる。

車体のベースになっているのは、2K22と同じGM-569A装軌車両である。車両中央のターレット上に全てのシステムが集約されて搭載されているため、1台のみでの運用も可能である。

車両には2種類のレーダーが取り付けられている。システム後方のマストに立っているのが「ドッグイア」E/F-band パルス/ドップラーフェーズドアレイ探索レーダーで、最大探知距離は25km。

最大で48個の目標を探知し、10個の目標を追尾することができる。「ドッグイア」レーダーはレーダーのみ回転させることができ、探知しない場合はマストを折り畳むことができる。初期の捜索レーダーは機械操作式であったが、9K331M トールM1以降は電子操作式になっており、探知距離や目標数が増加している。

システムの前面に取り付けられたのが「スクラムハーフ」G/H and later K-band フェーズドアレイ迎撃レーダーで、最大追跡距離は20km。最大で2発のミサイルを誘導可能である。「スクラムハーフ」は仰角をかけることは可能だが回転させることはできないので、ミサイル誘導時にはシステム全体が旋回する。

搭載するミサイルは9M330および9M331である。ミサイル先端とノズル部に各4枚のフィンがあり、前部のフィンが可動する。

ミサイルは、ソ連の艦対空ミサイルと同じコールド・ローンチ方式で、発射機から20m上空に射出された後にロケットモーターに点火する。飛行機やヘリコプターといった一般的な航空機だけでなく、無人機・巡航ミサイルや誘導爆弾も破壊できるという。

9M331は、4発が1列に並んだコンテナに格納されており、2個のコンテナがシステムの前後に搭載される。再装填はクレーンを用いてシステム上方から行われる。