http://i.ytimg.com/vi/-TqyLe5U8ac/mqdefault.jpg
イギリス空軍で運用された超音速ジェット戦闘機「イングリッシュ・エレクトリック ライトニング」の動画です。

イングリッシュ・エレクトリック ライトニング(English Electric Lightning)は、イギリスのイングリッシュ・エレクトリック社が開発し、主にイギリス空軍で運用された超音速ジェット戦闘機。1960年に同社の航空機部門は国策企業のBACに統合されたため、BAC ライトニングとも呼ばれる。

Lightning とは「稲妻」の意。

2基のジェットエンジンを前後にずらした上で縦に並べて配置するという、量産された戦闘機では後にも先にも例がないエンジン配置を採用している。先端の空気取り入れ口はコックピット後ろで上下に分かれ、主翼下にあるエンジンと胴体後方上のエンジンに空気を送る構造になっている。これは通常の並列配置よりも胴体を細くでき空気抵抗を減らすことが目的で、片方のエンジンが停止してもトリムが変化しないというメリットもあった。しかし、エンジンの点検整備や交換作業が煩雑になり、胴体内に燃料タンクを設けるスペースがなくなるというデメリットがあった。また、高温になりやすく、オイル漏れが発生するとすぐ火災に直結するという問題点もあり、イギリス空軍が損失した80機の内、約22機が空中火災によるものだった。エンジンの取り出しは機体の上下から行い、燃料タンクは機体下部を膨らましたような形で設置されている。

主翼はデルタ翼の空力的に必要性が無いとされる内縁部をカットしたような形状で、構造上は通常の後退翼と同じであり、図らずも後の標準たるクリップトデルタ翼の始祖になったと評価されている。これは離着陸時にデルタ翼機のような大仰角を強いないものの、翼内燃料タンクスペースは減少する。また、主翼下面には主脚が格納されるため大型のハードポイントが設置できず、増槽のような大型の装備は搭載できなかった。前述したように胴体内に燃料タンクが設置できなかった点もあり、増槽を主翼上面に装備するという苦肉の策が取られるなど幾度かの改良を経ても航続力が短く、兵器搭載量にも乏しいという欠点が付きまとった。

しかし以上のデメリットを考慮しても余りある多くの利点もある。マッハ2.0の速度を持ち特に運動性が良好であったライトニングは、同世代のF-104 スターファイターやミラージュ III等にも引けを取らない優れた戦闘機であり、局地防衛を重視した強力なエンジン推力は、後に登場するF-15 イーグルやSu-27 フランカーに劣らない上昇力をもっていた。本機は後にトーネード ADVによって更新されるが、上昇力に関しては本機のほうが優れていたため、ある操縦者は不満を述べたともいう。また、それまでのイギリス製戦闘機にない次世代的な照準器を装備し、レーダー性能など大きく飛躍を遂げた戦闘機でもあった。