http://i.ytimg.com/vi/SkQURW-E3yI/mqdefault.jpg
イギリスの航空機メーカーであるデ・ハビランド社が開発し、イギリス空軍で運用された爆撃機「デ・ハビランド モスキート」の動画です。

DH.98 モスキート(de Havilland DH.98 Mosquito )は第二次世界大戦中、主にイギリス空軍で運用された爆撃機。

戦闘機としても申し分ないほどの高性能を示し、機体が木製であったことから「The Wooden Wonder(木造機の奇跡)」と呼ばれた。爆撃機型・戦闘機型以外に、夜間戦闘機型や偵察機型なども作られた。

モスキートはマーリンエンジンを両翼に1基ずつ搭載した双発機であり、コクピットには操縦士と航法士が並んで座る並列複座機であった。エンジンやプロペラなどを除けば、燃料タンクを含めてほとんどの部位に木材を使うという変わった構造で、当時でさえ時代遅れだと考える向きもあったが、生産にあたって家具など木工分野の工場も動員できる上、表面を平滑にできるため空気抵抗では金属製よりも優れる、といった副次的なメリットもあった。木製ゆえレーダーに察知されにくいため、最初期のステルス機ともいえる存在である。

3つの異なる種類の試作機が製作され、爆撃機の試作であるW4050は1940年11月25日に初飛行を行い、それに続いて、1941年5月15日に夜間戦闘機型、同年6月10日に写真偵察機型が初飛行を行った。その他にも戦術爆撃機、先導機(パスファインダー)、昼間及び夜間戦闘機、攻撃機、写真偵察機など、幅広い任務に投入された。

戦闘爆撃機型のFB Mk VIはモスキートの派生型で最多の2,718機が量産された。Mk IIを基に戦闘爆撃機型として設計され、1943年2月に初飛行を行った。爆弾倉には250ポンド(110kg)爆弾、あるいは500ポンド(230kg)爆弾のいずれかを2発、主翼下には1発ずつ搭載できた。1944年の前期には、イギリス空軍の沿岸軍団向けで対艦攻撃用に3インチ60ポンド(27kg)ロケット弾を8発搭載できるようにもなった。