http://i.ytimg.com/vi/KtfyI8yEyWk/mqdefault.jpg
アメリカ陸軍の斥候(偵察)兵「キャバリースカウト(Cavalry Scout)」によるバレットM82(M107)対物ライフルの射撃訓練。

バレット M82 (Barrett M82) は、アメリカ合衆国で開発された大口径のセミオート式狙撃銃である。ブローニングM2重機関銃などと同様の12.7x99mm NATO弾(.50 BMG弾)を使用し、代表的な対物ライフルの1つと見なされている。設計者はロニー・バレットで、彼はこの銃の開発および販売のためにバレット・ファイアーアームズ社を設立した。

M107(バレットM82A3)はアメリカ海兵隊がM82A1を独自に改良したモデル。アメリカ陸軍でも採用され、陸軍での制式採用名称がM107である。