http://i.ytimg.com/vi/m-rQFwo3UM0/mqdefault.jpg
ダイムラー社が開発した装輪装甲車「フェレット装甲車」の動画です。

フェレット装甲車(Ferret armoured car )は、イギリス軍が偵察用に設計した装輪装甲車(偵察戦闘車)であり、一般にはフェレット偵察車(Ferret Scout car )と呼ばれる。“フェレット”とは家畜化されたケナガイタチの種名である。

イギリス以外にもフランスやイギリス連邦加盟国で広く使用された。

フェレット装甲車は、イギリス陸軍が第二次世界大戦中に広く使用していたダイムラー偵察車(ダイムラー・ディンゴ)の後継車両として、同じくダイムラー社により1949年に設計された。

この車両は高速かつ小型であるうえに、頑丈な車体構造と不整地走破能力の高さ故に偵察任務にうってつけの車両である。

1952年から1971年にかけて4,409両が製造され、イギリス陸軍での運用期間は短かったが、その他のイギリス連邦加盟国で広く使用され、現在でもセントクリストファー・ネビスなどで多数が現役である。小型軽量であることと安価(10,000 USドルから)で入手できるため、軍用以外でも、個人コレクターが所有していることも多く、それらの車両は戦争映画によく登場している。なお、日本国内にも、公道走行可能な車両(Mk 1/2)が1両のみ現存する。