http://i.ytimg.com/vi/2uMhQ815POQ/mqdefault.jpg
フランスで開発され1951年から制式採用された13t級軽戦車「AMX-13」の動画です。

AMX-13とはフランスで開発された軽戦車で、フランスを中心に世界各国で採用され使用された。

AMX-13の開発は、第二次世界大戦終結直後の1946年から開始された。当時、フランスはインドシナやアルジェリアなど、世界各地に散らばる植民地の独立運動などの問題を抱えていたため、海外に速やかに展開出来るように輸送機で空輸可能な「空挺戦車」を求めていたので、車体は出来うる限り小型化する事が要求された。そのため、乗員席もギリギリまで切り詰められ、乗員の身長を172センチ以下に制限しているほどである。

AMX-13はこの要求を満たすために様々な新機軸を導入した。先ず、乗員数を減らして車内の容積を削減するために自動装填装置が採用された。これは6発が充填されたリボルバー式弾倉を砲塔内後部左右に設置したもので、計12発を自動装填し発射可能な物であるが、撃ち終えた後は車外から弾倉に再充填する必要があった。

また砲と共に俯仰角をとらせるために、砲塔は上下に分割された揺動式砲塔が採用された。これにナチス・ドイツのV号戦車パンターに搭載された7.5 cm KwK 42をベースに開発された、高性能・高初速の61口径CN-75-50 75mmライフル砲を搭載して車体後部に設置、エンジンは車体前部左側の操縦席横に位置している。