http://i.ytimg.com/vi/r2c-Ib8pLZc/mqdefault.jpg
LA-16u/PEQ ハンドヘルド・レーザー・マーカー(Handheld Laser Marker)
拳銃サイズに小型化・軽量化されたレーザー目標指示装置
地上からターゲットにレーザー照射をし、レーザー誘導弾やミサイルなどの精密誘導兵器をピンポイントで着弾させる「世界で最も強力なピストル」

レーザー目標指示装置(Laser target designator)は、目標を指示するために使われるレーザーの光源である。レーザー目標指示装置は、レーザー誘導爆弾、ミサイル、あるいは精密誘導砲弾などに標的を指示する。それぞれの例として、ペイブウェイシリーズの爆弾、ロッキード・マーティンのヘルファイア・ミサイル、M712 カッパーヘッド弾がある。

目標が照射装置によってマークされても、ビームは見えず、また、連続的に照射されるのではない。代わりに、一連の符号化されたパルスとしてレーザーを照射する。この信号は目標で反射し、レーザー誘導弾のシーカーに方向を指示する。レーザー誘導弾は、反射した信号の中心に向かって進む。標的がレーザー検出装置を持っていたり、上空の航空機の音を聞いたりしても、標的にとってマークされているかどうか判断するのは非常に難しい。レーザー目標指示装置は、大気が澄んでいるときに最もよく働く。雲、雨、あるいは煙は、信頼できる目標指示を困難にし、場合によっては不可能にする。