img_main

荒々しくも優雅であれ!パンスト破りとはあなたと女の子で創るアートである。

二度と見れないその「破れ目」を目に焼き付けろ


大きなハケにたっぷりとペンキを含ませ、キャンバスへと荒々しく叩きつける。その時に描かれる模様というのは「偶然」を切り取ったアートとして世に残る。

パンスト破りというのはそういうアートな魅力も実はありまして、女の子をゴロンと寝かせ、力任せに引きちぎったパンストが描く「破れ目」は、そのときにあなたと女の子の2人きりで生み出した、興奮を可視化した作品なのだと僕は思っています。

出来上がった破れ目を更に引き裂き、新たなカタチを模索するのもよし。
パンストを破られ恥ずかしそうにしている女性と共に、俯瞰で楽しむのもよし。
破れ目まで視線を落とし、破れ目越しにパンティを堪能するのもよし。

破いてもいいTシャツを着用していって、まず女性のパンストをビリビリに破き、その後に女の子に自分のTシャツを破いてもらい、ボロボロになった2人で猛々しく愛しあったりするのも、なんだかワイルドでいいですよね。


なんだか「パンスト破りファン」から「なに寝ぼけたこと言ってんだ?」とツッコまれそうな内容ですが、こういう楽しみ方もあるんだー程度で軽くスルーしていただければとおもいます。


男性というのはやはり何かしらの征服欲的なものを持っておるわけで、パンスト破りというのはそれを分かりやすく体現した行為と言えると思います。

それって「男」の「根本」の部分、DNAに刷り込まれた「何か」に起因する行動だと思うので、そういうのと「性」はやはり直結して考えて良いと思います。
そして、それって分かりやすく「興奮」を伴うものだと思うんです。

「乱暴な感じで嫌い!」とか「見てて興奮しない!」とかで、パンスト破りを食わず嫌いしている人は、ぜひ一度試して欲しい。


では最後に一句。

パンストを
破いて見える
新世界

ありがとうございました。

当店のオプション『パンスト破り』は+1000円でOK♪受付時にお気軽にお申し付けください。
1月偶数日は半額の500円!

※お股の部分は生地が厚いので、破るならまずは太ももあたりから。