こんにちは

『かつお』

です。

たまに、どうしようもなくどら焼きを食べたくなることがあります。

でも、どら焼きも知れば知る程奥が深いんです。

★どら焼きとは?★

『どら焼き(銅鑼焼き、ドラ焼き、どらやき)は、通常、やや膨らんだ円盤状の

カステラ風生地2枚に、小豆餡を挟み込んだ和菓子のことを指す。

蜂蜜を入れて焼き上げることでしっとりとしたカステラ生地にすることができる。』

※ウイキペディア参照

名前の由来で最も有力なのは打楽器のどら(銅鑼)に似てるという説。

ビジュアル面では、江戸時代のどら焼きは皮が1枚であんこがむき出しだったようです。

★東京三大どら焼き★

数あるどら焼きの中でも御三家的な立ち位置にある店があります。

どの店が入るかは諸説ありますが、ここではよく見かける3つの店を紹介します。

●うさぎや(上野)

●亀十(浅草)

●草月(東十条)

この3店舗が御三家的によく言われています。

僕も亀十は大好きで、浅草に行ったときは必ず買って帰ります。

東京には色んな和菓子店があり、生地に特徴があったり、あんこにもいろんな特徴があったりで

自分好みのお店を探すのもいいものですよ。


かつお

1