こんにちは

『かつお』

です。

ラグビーワールドカップも終わりましたね・・

南アフリカの優勝で幕を閉じたんですが、

やはりグッとくるものがありました。

代表初の黒人キャプテンだったのもありますが、

南アフリカ代表の今までの歴史を

『インビクタス  負けざる者たち』

という映画で知っていたからです。

完全に、にわかなんですが

あらすじは、南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と

同国代表ラグビーチームの白人キャプテンが

ワールドカップ制覇へ向け奮闘する姿を、クリント・イーストウッド監督が描いた人間ドラマ。

1994年、南アフリカ初の黒人大統領となったマンデラは、アパルトヘイトによる人種差別や経済格差をなくし、

国をまとめるためには、95年に自国で開催されるラグビーワールドカップでの優勝が必要と感じ、

代表チームのキャプテン、ピナールとの接触を図る……

という映画です。

勿論、日本に勝ったからというのもありますが

そういう非常に悲しい過去を、乗り越えてきて

現在の代表や国がある・・・。

そういうのを思いながら

あのキャプテンたちの喜ぶ姿や、サポーターたちの姿・・

スポーツには、皆を一つにする力があると

改めて思い知りました。

 

 

かつお


1